人気ブログランキング |

葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2018全日本選手権 男子ショート(最終グループ)

ここから無良提督登場か〜。
2017年の全日本では泣かされたなあ。
優しさを捨てて行け!!
絶対五輪に出て!!絶対ワールド行って!!表彰台に乗って!!
五輪に出たか、ワールドのメダルがあるかどうかで
プロとしての活動が変わるんだから…と思ってたけど。
ワールドメダルもオリンピックメダルもない無良くん。
オリンピックなんて出場すらしてないけど。
でも…むらくんの人間力とスケーターとしての実力は、
そんなこと跳ね飛ばした!すごい!!
しかもスケオタではない人たちに、支持されて、
かつスケートの魅力を広めて。
引退してもスポンサーが離れなかったけど、
スポンサーの皆さんは、わかってたんだなあ。それもすごいな。

現地では無良くんの声はもちろん聞こえなかったので、
これは放送ならではの楽しみですな。

さて、最終グループ。

友野一希 選手
痛そうな転倒。もう祈る気持ち。
でもそこからの気迫は、客席にも痛いほど伝わってきた。
これぞ全日本!
迎えるミーシャ先生の優しさもしっかり客席に届いてた。
そもそも振付師として試合に来てくれるところがいいよねえ。
友野くんもしっかり応えて、ミーシャのムーブメントを体現してた。
コピーできる能力って、何においても大切よね。
色んな人の表現を自分の体に入れてほしいな。

山隈太一朗 選手
これはもう現地で見て驚愕した!大好きになった!
えらい難しい曲にしたなーと最初は思っていたけれど…
いや素晴らしい!!
これ来季持ち越しで磨いていってほしいなあ。
まだ動きも衣装も洗練されきってないと感じるけど、
とりあえず衣装は大ちゃんのお下がりとかいいんじゃないかなっ109.png
この作品に合うのたくさん持ってそうよ〜。
大ちゃんの繊細さと無良くんのダイナミックさを
ミックスしたような選手になってくれそう!


山本草太 選手
まだもしかしたら「怖いな」って思うときもあるのかな。
でもそれを「表現」と感じさせる振付と選曲にしてあるのかも。
それにしてもエッジさばきが気持ちいい。

鈴木潤 選手
最初はやっぱりこの曲が流れると真央ちゃんが踊り出してしまったけど、
鈴木選手ならではの世界観をしっかり見せてもらいました。
もうちょっと点数出てもいいんじゃないのおおお?
で、ですね。また怒りが再燃しちゃいますが。
後ろのずっと喋ってる人、北大のアナウンスを聞いてか、
「文武両道?偏差値が〜」とかずっと言っててもううるさいっ!!
文武両道素晴らしいことですよ?でもね、黙ってスケート見ようよ。
ずっと話しかけられてたお隣の人も集中して見たかったと思うよ。

小林建斗 選手
ちょっとレトロ感ある音楽に、シャツにベスト。
こういうファッションをヨーロッパの男性がするとそれだけでカッコいい。
その人たちが作ったファッションだものね、と思う。
だけど、小林選手も素敵。なんだけど、
腕まくりしてボタンを外してタイをゆるめてるのだから、
もう少し崩した感じも欲しかったなあと思ってたけど、
そうか。放送で見たら、「フリーに進みたい」って目標があったんだね。
それはこの表情になるよね。しかもこの滑走順だもの。
それにしても操先生大人気だな。

唐川常人 選手
びっくりするコケ方したんだよねえ。
あれは心身ともにダメージ大きかったんじゃなかろうか。
でも落ち着いてきっちりこなしたよねえ。すごいわ。
だけど、あそこからヤケクソファルーカになるのをちょっと見たかったかも。
この曲この振り付けならそれも映えたんじゃない?とか思ってしまう、
超外野的無責任発言だけれども。
あ、大ちゃんに憧れてるなら、グローブはショートにしてもいいんじゃないのー111.png

で、大ちゃんインタビュー。
あ、おつかれさまでーす。疲れました、緊張しました〜。お久しぶりです!
そうよねえ、TVクルーのみなさんお知り合いだよね。
形式でなくこういう挨拶がお互いできるのって、いい関係を作れてるからよね。
ヤな奴には、挨拶はしても顔や声が微妙に強張るもの。

おお!!無良くん解説でしょーまの振り返り!?
こういう振り返りなら見たいわ〜。(ただのリピートは要らないな)
大ちゃんの振り返りもか。
ああ、無良くん初々しいといいますかなんといいますか。
それとも見入ってるのかな?
西岡さん解説になってしまってるという105.png
でも西岡さん、なんとか無良くんの言葉を引き出そうと語尾を工夫してて、
その辺りを聞くのがむしろ面白かった〜106.png

現地では、ともかく後ろがうるさくてうるさくてうるさくて仕方なかった。
話しかけられてる隣の人が気の毒で仕方なかった。
あんなに嫌な気分になった現地観戦はなかった。
こんな貴重なシーンの数々だったというのに。
はあ…119.png



by atomsalada | 2019-01-09 09:05 | フィギュアスケート | Trackback

2018全日本選手権 男子ショート(第4グループ)

現地で見たんですけどね、
前に書いたように、後ろに座ってた人がそれはもう
最低最悪132.png酷かった133.png
ので、改めて録画を見ております。
思い出しても腹が立つ!!

さておき。地上波は第4グループ6分間からだったんですね。

宇野昌磨 選手
足のこともわかったうえで、笑顔で送り出してくれるコーチと、
念力で守ってくれそうな109.pngコーチがいてくれるのは幸せだね。
欠場しても良かったんだと思う。
ファンのこと、観客のことを思えば、
そしてその先のワールド、その先の枠のことを思えば、
欠場という選択肢を持てなかったのかな。
あと、自分自身のために。
このガッツポーズは、現地で見てても涙が出た。
足の情報は全くなかったけど、それでも心に刺さるガッツポーズだった。
昌磨は正真正銘のエース。気持ちも技術も、エースです。
キスクラへ向かう前の満知子先生に涙が出たよ…


佐藤洸彬 選手
どうしても「南部美人」が耳に残ってですね。
なんか色気色気って言ってるけど、それは作れるものなのか?
でも色気を醸成して、それが自信になって、
本番でスケートの力を発揮する後押しになるならいいことよね。

田中刑事 選手
がんばれ!!もうとにかくがんばってくれ!!
優しい良い人はもうわかった。知ってる。
でも試合の瞬間にはそれは捨ててくれ!!
と祈りながら念じながら見てたのですが。
映像で見たら不安そうな表情が一層はっきりわかって辛い。
イケメン度も一つ一つのポーズのかっこよさもアップしてきたんだから、
あとは度胸だ!
優しすぎのガラスのハート岡山男子の伝統は受け継がなくていいから!

中村優 選手
なんかちょっと星くんっぽい。
(関係ないけどサンクス当たりますように!)
うーん。ちょっと雑というか疲れてる?って感じがしちゃう。
この試合の後の食事の場で、
大ちゃんに憧れて長光コーチについて、でも今は濱田コーチのもと。
で、その大ちゃんと長光コーチが後ろに控えてる。
その状況で滑るって微妙な感じかなあ、なんてことを言ったら、
そんなこと気にしてるようでは選手やってられない、
という結論に達しました。そりゃそうよね。

高橋大輔 選手
いやもうほんとに「選手」ってまた言えるなんてね。
当たり前といえば当たり前なんだけど、
中村選手と入れ違いに大ちゃんがリンクインした時、
歓声が上がったりしないかとヒヤヒヤしてたんですよ。
でもね、やっぱりね、そんなことは起きませんでした。
今は中村選手の時間、ってわきまえて。
そしてコールされてからの大歓声。
現地で見ても、映像で見ても、やっぱり美しいな。
決して手足が長いわけではないけれど、
高橋大輔自身が作り上げた身体の美しさがある。
その美しさを腰のフレアが一層強調する。
フィギュアスケートで定められたステップなのか音楽表現なのか
わからなくなってしまうステップシークエンス。
もちろん、引退前、若いとき、怪我のないとき、
そういうときと比べて納得のいかない部分もあるのだと思うけど、
今の美しさを堪能させてもらいました。

あ。あとね。
大ちゃん終わった後席を立つ人続出ってSNSに書いてる人いるみたいだけど。
いーまーせーん!!
そりゃ投げ込みのために立つ人は山盛りいましたよ?
けど帰る人なんていませんでしたから!!
最終滑走者の点数発表を待たずにっていうのはありました。
でないと電車乗れない〜結果新幹線乗れない、とかもあるしね。
嘘流すのやめてほしい。この地上波放送見てもわかるじゃないの。
それよりさ。私の後ろの人のマナーの方が酷かったから!
確かに最後まで見てたよ?だけど喋りっぱなしよ?
うっかり巻き込まれた隣の人が大ちゃんのファンらしく、
6分間練習の頃から「もうかまってられないので」って(かなり本音よね)
はっきり仰ってたのに、ずーっと話しかけてて。
「高橋さん、怪我してショーもキャンセルしてその後出てないんでしょ」と言い、
それにお隣の方が「その後レジェンド出てました」と訂正すれば、
「なにそれ?知らない。知らないわあ。」連呼。
そうよね、スケートが好きなのではないのよね。
高橋さんだけでなく、レジェンドが集合してましたけど、
そもそもNHK杯にあなたの好きな選手も出てなかったし、ご興味なかったのよね。
ほんと、失礼にもほどがある。
知らないのはいい。けど、何でもかんでも口にだせばいいってもんじゃない。
前にも書いたけど、頭に浮かんだこと全部言いたいなら、
現地でなく家でやってくれ!!うるさすぎる!!

さて、怒りを一回しまって。

本田太一 選手
あああああああああああああ。
現地でも途中から見てて辛くなったのよね。
でもここまで低い?
ラファがついてる!真凛ちゃんと頑張れ!!

とりあえずここまで。



by atomsalada | 2019-01-05 14:04 | フィギュアスケート | Trackback

改めて大ちゃんコメント

高橋選手って呼べることが、どれだけ嬉しいか。

大好きなシルヴィ・ギエムがダンサーであることをやめ、
大好きな真央ちゃんが選手でなくなり、
そんな中で大ちゃんの「現役復帰」。
「現役」を応援できることの幸福を実感してる。

ワールドはきっと出ないんだろうなとは思ってたけど、
ちょっとだけ期待はしてた。
でもやっぱり出ないんだよね。

2018全日本を見てて、特に現地で見た金曜〜土曜にすごく感じたこと。
試合、しかも大きな舞台につながる試合の緊張感、
その中で、本番の中で、ぐぐっと成長する選手がいること。
その瞬間を見られるのは、本当にラッキーとしかいいようがない。
そして、本番のその時に成長する姿を見せてくれた選手からは
もう目が離せない。きっとこれからずっと。

そういう瞬間を、自分自身が経験してきて、
キャスターとしても目の当たりにしてきたからこその、
大ちゃんの言葉だと思う。
これ読んでも、叩く人はいるのよね。
まあ、世の中100%ってないけど。
(でもさ、同じ全日本に出た選手たちが、2shotを続々SNSにあげて、
 なんならアイコンにしてたりするのって、つまり嬉しいからでしょ?
 なのに、後輩に迷惑とかさぁ…)

そもそも、復帰に関しても、正直なところ、私は
記者会見などせずに文書だけでスルッと復帰した方がアンチが騒がなくて良かったんじゃないの?
とも思ってました。
アンチの反応・世界を目指さないなら無責任という記事等々を見るにつけ、
もしかして連盟に打診した段階で渋られたか、それが予見できたのかな?
だからあえて会見開いて有無を言わせずという状況を作ったのかな?
と思ったりして…まあ、考え過ぎよねと自分でも思いますが。
でも
https://www.nhk.or.jp/sports-story/detail/20181227_3446.html
これ見るだけでも、裏には何かあるんだろうな、って思っちゃうんですよね。
ザギちゃんのマサルはあっても、デニスの死はないんですよ?
全日本、男子はあっても、かおちゃん初優勝はないんですよ?
局にとって美味しいところは扱っておくけど、まずいところはぼかしてる感じ。

大ちゃん、スケート世直しのために復帰したとしか思えないんだけどな。


自分のためって言ってるけどね。
それだけなら、スケートファンとしてすっごく嬉しい。

それから、個人的にこの記事を読んで思ったのは!!
その貴重なクワドのうちの1本を目の前で見られたのって、本当にラッキーだった!!
早くから行った価値があった!!
ふんわり楽々飛んでて、一瞬トリプルかと思うくらいだったんですよね。
フリー見られなかったけど、貴重な2018年クワド見られたから良しとしなくては。


by atomsalada | 2019-01-04 23:26 | フィギュアスケート | Trackback