人気ブログランキング |

葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

全仏テニスと世界卓球!…と、フィギュアスケートの実況・解説

衛星放送に加入していないので、ほとんどテニスを見ることはないけれど。
(本当は、鍋島さんの実況を聞きたい!心の優しさが伝わる実況!)

今回はテレ東で生放送があると教えていただいたので、
鍋島さんすみません、と思いながら観戦スタート!

んんんんんん?
急成長で良い勢いの選手とはいえ…錦織くんどうしたの?
ラケット変えて、キャップを変えて…
真央ちゃんが、
うまくいかなかった試合の次に衣装チェンジしてたようなもの?
それとも、あのかわいくてでっかいひよこちゃんがいないからか!

とか、ゆるーく観てたのですが。
ゆるーく、になっちゃう試合なんだもの。
でも、それが相手の戦術だったのかなあ。

錦織くん、ラケット投げた!
こっれはいかんわ!絶対いかんわ!
そもそもそんな暴力的行為を見たくないというのはあるけど。
冷静に言っても、そのラケットは、スポンサーからの提供品じゃないの?
そして、調整してくれた人がいるんじゃないの?
そのことだけ考えてもやってはいけないことだと思う。
どのジャンルでも、自らの仕事に関する道具を大切にしないのはダメだと思う。

それに、こういうことやっちゃったら、
相手に隙というか、余裕を与えちゃう結果にならない?
格上として、嘘でもいいから、
「どうってことないよ。今はわざととらせてやってるんだ。」
くらいの態度をとってた方がいいんじゃないの?

WOWOWでは、鍋島さんが愛あるたしなめコメントをしたとか…鍋島さん…!
どんなコメントだったんだろう?

そこから雨で中断となったので、冷静さを取り戻してくれるといいなあ…。
なんならひよこちゃん連れてきて和んだらいいよ!

で。
テレ東では、世界卓球に切り替わったのですが。

これがもう!
録画ハイライトだったから何が何だかわからなかったけど、
もう解説聞いてるだけで泣けてきた!

そういえば、カーリングだったかな?
あれも、バンクーバーオリンピックの解説の面白さが
人気の広がりに一役買ったのではなかったっけ。

やはり、経験者である解説者を前面に出して欲しい。
ルールを知らないスポーツでも、
解説者の心からの応援を聞くと心が揺さぶられるし、
また、ルールをきちんと教えてくれると楽しみ方がわかる。
もちろん、経験者なだけに、
ルールはみんな知ってるでしょが前提になっちゃうケースもあるけど、
それをうまく引き出すのが、アナウンサーたる実況者の仕事だと思う。

世界卓球ミックスダブルス、ハイライトで聞いた解説はまさに前者で、
何が何だかわからなくても、
もうとにかく「がんばれ!」と手に汗握って泣いた。
そして、インタビューで、
インタビュアーも泣いちゃったみたいで、
石川選手がインタビュアーぽんぽんしてるのがまた良かった。

本当におめでとうございます!
解説、実況の皆様、素敵な時間をありがとうございました!

その後の男子ダブルスも良かったなあ。
解説がまた良かった。
(実況は正直ミックスダブルスの方が良かったな)

そして、頭によぎるのは、フィギュアスケートの実況&解説。
経験者たる解説者に、技の名前しか言わせない実況者。
解説者の仕事である「解説」を遮って叫ぶ実況者。
解説者に、わかりにくいルールを「解説」してくれるよう促さない実況者。
「実況」でなく「ポエム」を語ったり、選挙カーのように選手名を連呼する実況者。

そりゃ、タイムとかで勝負がはっきりわかるわけでなく、
ジャッジのさじ加減でなんとでもなる競技ですから、
解説者が主観で断定したら後で困ることもあるのもわかります。
だけど、そこも含めて実況者が視聴者にアナウンスすればいいわけでしょ。
そういうスポーツなんだもの。
解説者の解説が、ジャッジと異なったからって、
「おわび」にする必要なんてない。アナウンスでいい。
そういうスポーツなんだ、って知らしめればいい。それだけ。

それを、タブーのように、遮ったり、なんなら後で解説カットして放送したり。

今回の、世界卓球ミックスダブルス決勝のような、
解説を生かす実況、フィギュアスケートでも!

織田くんの解説、きっと、
殿自身が現役時代にこういう解説して欲しいと思ってたことを実践してるんだろうな、
と、勝手に想像しています。

そんな解説を、他の解説者にもさせてあげてください!
実況者は、プロのアナウンサーなんだし、引き出してあげて!

でも本当は…フィギュアは芸術性も大きいスポーツだから、
ローザンヌ国際バレエコンクールに近い放送が理想ですけどね。
演技中はノーコメント…は、さすがに無理がありますが、
最低限の「解説」にして、叫びや煽りは無し。
演技後、どちらにしてもキスクラで得点が出るまで時間があるんだから、
(この時間が生放送を阻んでるんだろうかと想像してます)
そこでしっかり一つ一つの解説をしていけばいいと思うんですよ。
振り返りVTR出せるんだから、比較的ジャッジに近い解説できるだろうし。
まあ、それでも不可解なジャッジはあるけどさ!

本当に、フィギュアスケートの実況・解説は考えてほしい。

ところで、今回は全仏テニスを見てたら中断になって、
たまたま世界卓球を見るという幸運に恵まれたわけですが。
っていうことは、卓球ファンの人は、なんだ中継ないのかよ!
って寝てしまってたのではないかと心配しています。
まさかこんな形で男子ダブルスが生放送されるなんて思わず寝てたのでは…。

いやー。
放送権持ってる局の方、
やっぱりその権利、きちんと使い「きって」欲しいわあ。

フィギュアでもよく実況が「やりきりました!」とか叫んでるけどさ。
(それはテレ東ではないけども)
放送権も使いきって!
どの競技も、放送権をとったなら、できる限り生放送して!
今回みたいに試合が被ることもあるだろうけどさ…

でも、今回はこんな偶然で、
世界卓球を見ることができて、卓球の面白さを知ることができて、幸せです。
ありがとうテレ東!



by atomsalada | 2017-06-04 12:11 | フィギュアスケート | Trackback