葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

NHK杯 浅田真央選手 SP

うわっ085.gif
と、一人声を上げてしまった、自宅観戦。

アクセルはねえ…残念。
で、それはそれとして。
もう私何かの病気なのか、
ジャッジさんさぁ、もしアクセル成功してたら、
代わりにループ回転不足取ったんじゃないのぉ?
とか思ってしまう。
でもって、
ルッツだってさぁ、
こういうミスを誘うために、
今まで、きれいなルッツにもエラー取ってきたんじゃないのぉ?
とか思ってしまうわけですよ。

はぁ…バンクーバー前からの積み重ねで、
もうすっかり疑い深くなっちゃって。

それでも戻った浅田真央選手には、感服としか言いようがありません。

さて、今日の真央選手。

フィギュアのジャッジ方法はさておき、
どうしても私は『作品』として見てしまう癖があって。
きっと、バレエの影響だと思うのですが。

ジャッジの採点方式とは別のところで…、私の感覚でいうと、
ちょっと点甘い、と思ってしまいました。
細かい高難度高技術の積み重ねがあるからの高得点だとわかってはいるけど、
真央選手自身も「全体を見て」と言っていたので、今回はあえて。

やはりジャンプが2回も崩れると、
作品世界も途切れ途切れになってしまう。
見ている者の動揺を、
強引にその世界に引き戻すほどの圧倒的なパワーもなかった。
例えば、あのイエーテボリ・ワールドのフリーのような。

もしかしたら、私自身が、
「真央ちゃんが戻ってくれただけで嬉しい。
もう真央ちゃんが好きなように滑ってくれたらいい。」
と、どこかで思っているのもあるかもしれないけれど。

それに、やはり彼女は美しい。
だからこそ、求めてしまう。

あ、今回はポニーテールだけど、カールさせてましたね。
前回の束ねましたポニテよりずっと良いけど、
このプログラムなら、夜会巻きはどうかなーって思うんですよねえ。
きっと、真央選手にも衣装にも似合うと思う。

あと、前回気になってた、背中のガバガバ。
うすくゴムを敷いたらどうかなと思ってたのですが、
今回解消されてましたね。
どんな処理をしたのかな?


お借りします


なんだかんだ言っても、
要するに、
浅田真央選手が好きすぎて仕方ないのでした!



[PR]
by atomsalada | 2015-11-28 01:40 | フィギュアスケート | Trackback

エリック・ボンパール杯

NHK杯を前に、HDDがいっぱい…
仕事で見られなくて録画しておいたのだけれど、
あんな悲しいことが起きて、なかなか見る気になれなかった
エリックを見ています。

織田信成さん…殿の解説はいいですねえ。
殿自身が現役の時に、「こんな解説をしてほしい!」
と思ってた解説をしてるのかなあ。
いろんな面から、親切で、何よりあたたかい解説。

さて、演技。

今井遥選手。
う〜ん…なんだかバタバタギシギシ感が。
以前、普段は自主練習、定期的にコーチに見てもらう方式だと聞いたけれど、
今もそうなのかな。
ちゃんと毎日見てもらえる環境を…と心から思います。
以前から気になっていた、ずっと前傾姿勢であること。
それから、手のバタバタ感…。
あの手を『バレエのような優雅さ』と言う人もいますが…
ごめんなさい。
バレエをやってきた身としては…バレエではあのような使い方はしません。
バレエ…私は、バレエが全てだと思いません。
様々なダンス、様々なスタイルがあって良いと思っています。
(もちろん、こんなに長い期間愛され磨かれてきたdance of classic…バレエには、
すばらしい魅力と、洗練され、確たる理論と技術があると思います。)
その上で、彼女の腕の使い方は、バレエではない、
そして、バレエ的に見ると、どうなのか…と、ずっと考えてきました。
肘が落ち、手首がクネクネしてしまうのは…
大人になってからバレエを始めた人がそうなりがちなんですよね。
つまり、バレエのイメージが頭にあるのだけれど、
筋力が伴っていないがために起きる現象なのだと思います。
筋力…脇と、背中がしっかりしていないから。
今井選手、もし、このバレエ的予測が当たっているなら、
スケートのコーチに毎日見てもらえないとしても、
その分、クラシックバレエのレッスンを増やせば、
かなり色々な面で改善されるのではないかと思うのですが…。
手のバタバタ感がなくなれば、表現の面が多彩になるでしょうし、
筋力が増せば、例えばジャンプの助けにもなるのではないかと思うのです。
ずっと前傾なことにも…。
今井選手、運動能力の高い人だと思うので、また
グランプリシリーズの表彰台に立ってほしいです。




村上佳菜子選手。
やっぱり彼女の『音』を感じて表現する能力はすごい!!
動きも大きくて素敵。
オフバランスの使い方は目がハートになります016.gif
テクニカルな問題…
浅田真央選手のように、一から構築し直すのは大変なんだろうけれど。
それを間近で見て感じているから、トライするのは怖いかもしれないけど。
でも…トライして矯正して、そこで引っかからなければ、
村上選手の卓越した『踊り心』が一層映えると思うんだけどなあ。
あと…個人的に、パンツの裾がちょっと…好みじゃないのでした。
あの、シューズに引っかけるのがね、どうも。
ショートヘアはとっても似合ってていいわー。




グレイシー・ゴールド選手。
美人加点、私は付けるぞ!ステキ衣装加点も!
それだけではなく。
正直、ソチシーズンは、
お顔だけでなく、動きも華やかで目を奪われるけれど、
プログラムそのものは実はスカスカ気味…と思ってました。
が、今季、怪我もあったのに、本当に努力したんだな、
ってことがすごく感じられて、心から応援したくなりました。
ダイスと一緒に表彰台へ!!
あ、えーと。ちょっと残念に思ってることがあって。
キャロルコーチに移ってから、ヘアスタイルが…。
前は、すっごく凝ったヘアアレンジをしてて、
それ見るのも楽しみだったんですよ…また見せて〜!
(タンゴはこれがいいけど!)
いや、もちろん、どんなヘアスタイルでも美しいんですけどね。



動画はすべてお借りしました。ありがとうございます。




[PR]
by atomsalada | 2015-11-26 03:08 | フィギュアスケート | Trackback

始まる!

すでに、
浅田真央選手のSP練習動画が出てますねー!

なんですか、あのジャンプ構成は!

公式練習で跳んでるってことは、
信夫先生のOKが出てるってことでしょ?
(まあ、以前の真央選手なら勝手に跳んでたかもだけど019.gif
で、信夫先生がOK出したってことは、
普段の練習で不安なくできてるってことでしょ?

ひ〜!
真央ちゃんどこまで行くの!?

それから、スピンの位置が…まあ076.gif動かない!!
アリッサ・シズニー選手のスピンを思い出しましたよ。
シズニー選手のスピン、
スピンになったら、靴から針がびゅーんと出てきて氷に刺さってるに違いない!
と思ってましたが…そんな感じ!
見てて気持ちいいです。

で、ローリー・ニコルさーん!
今季のローリーズブームは、
バレエでいうところの、2番ポジションのプリエ、ですかね?

c0324353_00284602.jpg
なんだかローリ振付プログラムでやたら見るような?

愛の夢シーズンは、
アチチュード・プリエがブームだったような?
真央選手にもコストナー選手にも入ってましたよね。

個人的にツボなのは、始まってわりとすぐに見られる
ブリゼ(って、フィギュアスケートでは何て言うのかな?)。
かわいいわ〜016.gif

まあ、そんなこと言ってる間に、
さっさとHDD整理しないとマズいんだった008.gif

[PR]
by atomsalada | 2015-11-06 00:14 | フィギュアスケート | Trackback