葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

プル様

わーお!プルシェンコ様のプログラム、『カルミナ・ブラーナ』ですかー!

もともと踊りを伴う音楽として作られているはずだから、
さぞかしプル様もノリまくってらっしゃるのでは037.gif

ただねえ…
カルミナ、例のあの部分があれこれと使われているせいか、
場合によってはギャグみたいになっちゃう傾向が…。

あと、酷い振付のコンテンポラリーバレエ作品を見てしまって、
それ以来この曲聞くとそれを思い出してムカムカするので、
ちょっと封印してたのもあるんですよね021.gif

そんな印象をプル様に払拭していただきたい!

ただプル様なだけに…
妙にハマって、笑ってしま…ったりしませんよ!絶対!

プル様、あんなに素敵なのに、
どうもおもしろネタが多いものだから、つい038.gif

カルミナ、YouTubeで探してたらこんなのが!
(お借りしますね)


あら素敵!

こういう場所でこういう演出で、
ドラマティックなカルミナ・ブラーナ!


関連動画で出てきたこちらも面白いなぁ。



だんだん音が重なっていくボレロを、
こういう形で見るの、楽しい!

ボレロは、今やベジャールの振付作品がベーシックになってるけど、
もともと踊るための曲で、たくさんの人たちが振付けています。

フィギュアスケートにおいても。

同じ曲が、振付によっても、踊る人によっても、
違って聞こえ、違って見えてくるのがとても楽しい。

さて、プル様のカルミナ・ブラーナは!?

[PR]
by atomsalada | 2015-05-29 21:57 | フィギュアスケート | Trackback

パパダキス&シゼロン組

フィギュアスケート14~15シーズンは、
試合を現地観戦しませんでした。
理由の一つは、大好きな真央さんが休養していること。
もう一つは、私にとって世界一のダンサーである
シルヴィ・ギエムが引退を発表したため、
最後の日本公演は全部観る!なんならフランスだって行く!
そのためにお金を貯めなければ…という切羽詰まった事情042.gif

そんなシーズンを過ごして、気づいたこと。

「あれ?今季、アイスダンスとペアってどうだっけ?」

…テレビ放送がほとんどないからですよね。

誰でも見られる地上波でロクに放送しないで、
カップル競技が育たない…とか言ってんじゃないわよ!
って気分です。

そんな中でも印象に残ったのが、パパシゼ組!

まず、モーツァルトをこんな風に踊れることに驚き!

正直、スケートにしてもバレエにしても、
モーツァルトを使った作品って、
大概「練習?」に見えてしまって。

きっと、あの時代、
あの動きにくいドレスを着たレディ達が踊るには
ちょうど良いリズムなのだと思うのですが…
どうも単調に見えてしまうというか何というか007.gif

という話を、仲の良いバレエの先生にしたところ、
「シンフォニックバレエばかり作ってた頃があるけど、
モーツァルトだけはどうしようもなかった。」
と言っていた。
ただ、あるコンテンポラリー作品を見て、
「ああ、モーツァルトはこう使うんだ!」と思ったとか。

それが、私にとってはコチラ(お借りします)。



ああ、ルグリやっぱり素敵!
パリオペラ座のために振り付けられた『Le Parc』。

そして、この感動を思い出させてくれた、
『フランス』の、パパシゼのフリー。



スタート前から美しい。

パパダキスのドラマティックさも素敵だけれど、
目を奪われたのはシゼロン!

ルグリにレッスン受けたのか?と言いたくなるような、
美しくスマートなサポート。
サポートしてるのかどうかわからないほど自然。
軽やかではあるけれど、重みもある。
押す強さと、一転、力を抜くタイミングの絶妙さ。
足元は、氷と靴に磁石が仕込んであるかのような安定感と滑らかさ。
上半身は、ダイナミックかつ洗練されていて。
何より、背中が美しい。
柔らかなのに固定されていて、上下のブレもないので、
見ていて安心感がある。

男性への褒め言葉で「頼り甲斐がある」というのがあるけれど、
シゼロンは、それをこうした動きで表現していると思う。

まだジュニアから上がったばかりの二人…とは思えない!
来季が本当に楽しみ!

…放送、してくださいよー!

[PR]
by atomsalada | 2015-05-27 15:42 | フィギュアスケート | Trackback

疲れ果てて

ここのところ、
心身ともに疲れてどうしようもなくて。

理不尽なことに巻き込まれて、
もう何もかも投げ出したくなったり。

そんな時、
このくらいでこんなんじゃダメだ、
と思わせてくれるのは、
浅田真央さん。

理不尽なことだらけだったと思う。

それなのに、選手として復帰だなんて!

もっと強くならないと、と、
本当に自分が恥ずかしくなる…。

そんな強い気持ちを与えてくれる真央さんだけれど、
同時に、その演技には、癒しの力があるとも思うのです。


(お借りします)

そして、動物にも癒されています。

c0324353_21421722.jpg

































お預かりにゃんこ。
トイレの上で何思う?


テーブル下で平均台?
ぶるんぶるんもかわいいね。

c0324353_21440098.jpg

[PR]
by atomsalada | 2015-05-24 21:47 | どうぶつ | Trackback

わんこー!

今更だけど…
かわいいわー。



でもわんこ大変そう…
特に高いところ…008.gif

人も大変そうだけどね037.gif


わんこたち、
ごほうびいっぱいもらった?



[PR]
by atomsalada | 2015-05-11 21:50 | どうぶつ | Trackback

庭をなんとか


雑草という名の植物はない、と言われる通り、
どの植物にもそれぞれの味わいがあって、
それぞれの使命があるのだと思う。

…思う。思うけども。

その季節を彩ってくれた花たちからこぼれた種。
そうして命を繋いでいく。
美しいと思う。

…思う。思うけども。

植えた覚えのない植物の芽、
こぼれ種から育った芽、
どうもかわいそうで抜けない…

とかなんとかやってたら、
庭がジャングルになってしまっていたここ数年。

わんこがいた頃は
c0324353_00225551.jpg















頑張って草取りもしてたけど…
でないと、このもしゃもしゃ(かわいい016.gif)に
草だけならまだしも、虫が…008.gif

愛犬さらだが虹の橋を渡ってからは、
どうもやる気が起きず。

お友達わんこが遊びに来る時は頑張るものの、
春〜秋にかけては、
ちょっと頑張ったところで、
すぐにジャングルになるんだよなー002.gif

ま、
c0324353_00325323.jpg



































この子の場合は、
むしろ耕してくれて助かりましたけどね023.gif
ついでに肥料鋤きこんだりして。

で、ここ数年取り組んでいるのが、
できる限り、鉢で育てること!
そして、地面に生えたものは、
ごめん!と謝りつつ、引っこ抜くこと!

ま、「ここ数年」って言ってることからして
進んでないわけですけどね…。
特に、こぼれ種問題が…056.gif

でも、鉢植え化も進んでるのだ!
c0324353_00434361.jpg

[PR]
by atomsalada | 2015-05-09 00:45 | 日常 | Trackback

フェルメール

『フェルメール 光の王国展』に行きました。

リ・クリエイト作品ってことなんだけど…
フレームまで、きっちり複製してあるんですって。

本物じゃない。
けど、その代わり、
生涯で描いた作品をずらりと順番に並べてあるのです。

そんな中、ある方が
『油絵』で模写してある作品を持ってこられてました030.gif

c0324353_22201805.jpg

どっちがどっちかわかる?
…って、手が写ってるからわかりますよね037.gif
(あ、リ・クリエイト作品ってことで、
 フラッシュ使わなければ撮影OKだったのです029.gif

これを見た時は、
やっぱり、立体感が違うけど、
それでも、リ・クリエイト作品の質感再現力すごいな!
っていうのが感想でした。

で、その後、美術学生さんたちが会場内で模写したという作品が
展示されているのを見たのですが…びっくり。
同じ作品を模写していても、
例えば描かれている人物の年齢が、
一方は10代に見えるけど、もう一方は30代くらいに見えたり。
あるいは、全く自分の世界にアレンジしてたり!!
模写って一言ではくくれないのね〜。

このコーナー見てから、
リ・クリエイトvs油絵の模写による『真珠の耳飾りの少女』
を見たら…また印象が違ったかも!?

それにしても、一般から寄せられた、
作品中の衣装を着せたリカちゃんやキューピー人形がいたりとか、
かなり自由な展覧会だったなー041.gif

そして、今回は、音声ガイドを借りずに、
しかも事前知識なしに見たため、
作品から勝手に色々想像(妄想?)できて、
かなり楽しめました。

出口で、
「音声ガイド借りた人は長いけど、
借りなかった人は15分くらいで出てくるのに、
長かったね〜」と言われてしまいました。

だっておもしろかったし018.gif

有料音声ガイドがあるためか、
作品に解説は添えられてなくて、
最初は「不親切だなー」とか思ってたのですが、
だんだん勝手に想像を膨らませる楽しみを覚えてしまって。

しかし、足が疲れました…

[PR]
by atomsalada | 2015-05-07 22:47 | 日常 | Trackback(1)