人気ブログランキング |

葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2014世界選手権男女フリー

ああ〜
もう女子始まってる〜!!

全員が、悔いのない演技をして、
その演技通りの評価をもらえますように!

特に気になってるのは、女子では村上佳菜子選手。

シーズン当初
「引っ張っていきたい」と言っていた
村上選手が、ワールド前には
「足を引っ張らないようにしたい」と
コメントしたと読んで、
胸が締め付けられました。

ショートは、
モーションの一つ一つに心が宿っているようでした。
ジャンプも修正する、
だからといって表現を捨てはしない、
という強い心に、揺さぶられました。

そして、男子で気になってるのは、小塚崇彦選手。

昨日の男子の結果を見て、
いつかのように、また、小塚選手は
「3枠、3枠…」と考えているのではないかと…。

そりゃ、3枠保持してほしい気持ちがないわけじゃないけれど、
だけど、そんなこと気にせず、
小塚選手の思うがままに演技してほしい!
きっと、みんなそう思ってる。
それで3枠保持できたら、最高!

今の順位からだって、ぐぐっと上がれるのは、
ソチオリンピックの浅田真央選手が証明済み072.gif
小塚選手と無良選手には、それだけの実力もあるんだし!

出かけなくてはいけないけど、
とにかく、心の中ではずっと、
「全員がんばれ〜!」と叫び続けてます。


by atomsalada | 2015-03-28 13:01 | フィギュアスケート | Trackback

2014世界選手権男子ショート

昨日の女子ショートの放送で、
ちょっと心がダメになっていて、
男子ショートを見る気が少し薄れていたのだけれど…
チラチラ放送を見ました。

各選手の演技はもちろん見たいし応援したいけど、
どちらにしろ(スポーツだっていうのに)生放送じゃないし、
後で、どなたかがアップしてくださってるだろう動画を
見たらいいか…と思ってたんですよね。

でも、やっぱり我慢できず途中からガン見037.gif

フィギュア大好き西岡さんなので、その点安心ですしね。
フィギュアだからというわけではなく、
西岡アナは、きっと人に対して敬意をお持ちなのだと思う。

がー!!
昨日からイライラしてたのは、レポーター&インタビュアーさんです。

以前から、控えスペースからのコソコソレポートは好きじゃなかった。
今回もやってて、またか…とうんざりしてましたが。
選手の大切な時間を邪魔してるっていうことに加えて、
レポート内容のどうでもよさ!!
一人の選手に対してもリラックスしてると集中してるとが混在して、
どっちよ!と言いたくなるし、そういう内容の繰り返しだし。
リラックスしたり集中したりする大切な時間ってわかってるなら、
邪魔するのやめてあげてほしい…。
(これは彼女のせいでなく、番組制作方針の問題ですが。)

で、競技後のインタビュー。
なんなんだこの内容のなさ。
質問じゃなくて感想だし。
まあ、感想が言えるのは、
演技見てたってことなのかもしれないけど…でもなあ。
きっと、答えにくいよ。
肝心の相手の言葉聞いてないんじゃないのかな?
実は興味がそもそもないのか、
レポートをするという事実だけでいっぱいいっぱいなのか。
新人さんなのかな?
誰にでもどんなことにも「初めて」があって、
そこには当然不安も失敗もあって、
それをどうこうとは思いません。
だけど、
「自分が失敗したくない。自分がよく思われたい。」
という気持ちが真ん中にあるのか、
「関わる人に迷惑をかけたくない。自分がダメでも、
関わる人には気持ち良くいてほしい。」
という気持ちが真ん中にあるのかというのは、
どうしたって見えてくるし、
ここが重要なのだと思っています。
どんな仕事においても。

後者でありたいと思ってもなかなか難しいのは、
自分自身も日々の生活や仕事の中で痛感してます。
だからこそ、今回のインタビュアーさんに、自分のダメなところを
見てしまって、拒否反応が出るのかもしれません。

競技後インタビューは、放送的な持ち時間も決まってて、
大変なんだと思います。
例えば、持ち時間を超えてしまってブチっと切られたって、
選手優先のインタビューをしてくれていたなら、
きっと視聴者は拍手をおくると思うんです。少なくとも私は。

3日目となる今日は、
そろそろ慣れて、
昨日までと違うインタビューが聞けるといいなと願っています。

…正直な気持ちをいえば、
インタビュアー、あっこちゃんにしてよ〜!!

by atomsalada | 2015-03-28 08:11 | フィギュアスケート | Trackback

愚痴吐きです。

久々に書くのに、
愚痴のようなことでごめんなさいなんだけど…
怒りに任せて書いてしまいます。

今、フィギュアスケート世界選手権女子ショートを
テレビ観戦してます。

タクタミちゃんが3A決めたことは
ストリーミング観戦してた方から聞いていました。

うわあ!すごい!!
タクタミちゃん、苦労したもんね。
おめでとう053.gif053.gif053.gif

まずはそう思ったのですが…

認定されて、加点もあったと聞いて、
ちょっと複雑な気持ちも正直浮かんでしまいました。
すごいヤなヤツです。私。

真央ちゃんのアクセルとそんなに違いましたか?

と、その方にメールしてしまいました。

そして、そういえば、あのAさんが、確か今日も
判定する立場にいたことを思い出すと、
我慢できずさらに、

厳しくとるあのAさんなのに加点がつくくらいのすごいジャンプだったのか、
日和見Aさんによる真央落としが証明されたのか…

とまで書いてしまいました。

こういうこと考えてしまうなんて、
相当歪んでるって、自分でも思います。
真央ちゃん本人があんなに真摯だったのに。
関係ない私がこんなこと…。
そして、タクタミちゃんにはなんにも関係ない。
本当にすごいし、おめでとうって思う。

けど、けど…どうしてももやもやしてしまって。

そして、今、放送を見てて…

トリプルアクセルといえば『浅田真央』。
日本の誇りとも言っていい存在です。
選手としても、人としても、たくさんの人がそう思ってると、
彼女の出演しているメディアの視聴率などをみればわかること。

それなのに…例えば
「試合で決めたのは、浅田真央以来となるトリプルアクセル!」
とか、言わないの?

真央ちゃんが今、試合に出てないから?
だったら、
真央選手がトリプルアクセルを跳べば、
伊藤みどりさんの名前が出たりしてましたよね?
中野友加里さんの名前も。
そういう『道』が続いているの、
ファンにとってはむしろ嬉しいことじゃないの?

タクタミちゃんが日本人じゃないから?
だったら、どうして真央ちゃんが出るたびに
キム・ヨナ選手の名前を出していたの?

キム・ヨナ選手については、試合に出ていない休養中でも、
「キム・ヨナ以来の…」とか「ヨナが得意とする3-3」とか、
名前出してましたよね?

トリプルアクセルは、難しいジャンプ。
そのジャンプを、ひたすら跳び続け、
ギネスにも認定され、
ソチではそのトリプルアクセルに加え、
さらにすべての種類のトリプルジャンプを揃えた
浅田真央という偉大な選手。

偉大なるトリプルアクセラー、世界のMAO ASADAなんて
居なかったかのような放送に、
悔し涙が出てきます。

もちろん、
タクタミちゃんが、女子選手として試合で跳ぶという『道』を
真央ちゃんから繋げてくれたことは、
本当に嬉しいし、尊敬するし、
会場にいたら、感激してスタンディングオベーションしてると思います。

でも…でも…やっぱり
当時の真央選手の扱い、得点についても、
今更ながら納得いかない思いが再燃したし、
また、今日の
『浅田真央』に触れない放送は、おかしいと私は思います!

「これが新世紀の世界のレベル」
「女子フィギュアの新たなレベル」
そのコメント、
どうして真央ちゃんにも与えられなかったの?

by atomsalada | 2015-03-26 21:31 | フィギュアスケート | Trackback