葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

出るの?

羽生結弦選手、
NHK杯出るとか出ないとか…。

出ちゃだめでしょ?
頼むから安静にしていて!

高橋大輔先輩の言葉は届かなかったの…?

怪我って、ちゃんとケアしたつもりでも、
ずっと影響が残ったりするんだよ?

怪我だけじゃない。
大切な頭も打ったんでしょ?

オリンピック金メダリストとして、
出ないで欲しい。
身体が一番大切ってことを、
後輩に、世界に、伝えて欲しい。

羽生選手、
志半ばで命を絶たれて、
したいことをできなかった人たちのことを考えてるの?
もしそうだとしても、
だからこそ、身体をまずは守って欲しい。

そして、日本スケート連盟。

羽生のNHK杯出場は26日練習で判断 日本スケート連盟が発表

何を仰ってますか?

そういえば、浅田真央選手が、
怪我を口にせず試合に出場した際、
連盟は何も聞いてない、そういうのは困る、
みたいな批判してませんでしたっけ?

羽生選手、世界中の人が怪我をする瞬間を見てましたよ。
しかも、命に関わったかもしれない事故でしたよ。

もちろんご存知ですよね。
それなのに、止めないんですね。

ハンヤン選手についても、私は同じ考えです。

何もなかったから良かったようなものの…
なんて言ってる場合じゃない!

ISUは何のための組織なの?

フィギュアスケート界だけでなく、
他のスポーツや医療界も巻き込んでの
論争になってるっていうのに、
まあ、本人が大丈夫って言ってるし…な姿勢ですか?

若者が、『今』に必死になってる。
命すら賭けていい、そんな心情になってる。
中国杯のあの時、
リアルロミオになってどうすんのよ!!
命が一番大切なんだから!
と、一人キーキー言ってた。

今も同じ気持ち。

まずはパーフェクトに治そうよ。

羽生選手とハンヤン選手の素晴らしさ、個性は、
1シーズン休んだからって、
何一つ色あせたりしないよ…。






[PR]
by atomsalada | 2014-11-25 19:32 | フィギュアスケート | Trackback

なぜ

グランプリシリーズ中国杯男子シングルフリー。

見終わってから、
ニュースも見てない。
ネットニュースも、Twitterなども見てない。

まずは自分の中で考えようと思ってるから。

前提。
羽生選手もハンヤン選手も悪くない。

問題は、大人たちだ。
ISU、各国連盟、コーチ、トレーナー(?)、
大会のメディカルチーム、テレビクルーなどなど。

あの事故は、どちらがどうということじゃないと思う。
ただ、何度も発生していることなのだから、
(しかも、それを故意だと言って騒ぎをおこされたことさえある)
いい加減ISUも対処すべきではないのか?
コールからスタートまでの時間を短縮したりしてるけど、
その時間は何のために使われてるのだろう?
例えば、この問題を解決するために使われてもいいのでは?

選手の安全が確保されてはじめて試合ができるはずだ。

そして、二人を試合に出してしまったこと。
そこにいた大人たち、全員、もう一度考えてほしい。

アスリートとして、やめてほしいと言った修造さん。
そう!そうだよ!と、拍手したい気持ちだった。
それなのに最後は…どうして?
まあ、修造さんのキャラクターからして、
感情に流されてしまったのか…と
無理矢理思おうとしたけど、やっぱり違うよ!!

止めなきゃ。

ハンヤン選手、回転するたびふらついてた。
あの後吐いてるんじゃないかな。

事故や怪我したりした自分の経験からでしかないけど、
大きな衝撃を受けた後は、
特に気を失うほどの衝撃の後は、私の場合だけれど、
肉体的にたいしたことないな、と思っても、
いざ動いてみると(頷く程度でも)、
身体の表面と中身が繋がっていないような感覚だった。
動くと、内蔵とか脳みそが後からついてくる感じ。
目も後から。で、結果、吐いちゃう。
これ、結構何日も続きました。

今からでもちゃんと検査して、ケアしておいて欲しい。

地元の大会で、自分が出ないと!!
って責任感があったのかもしれないけれど、
止めて欲しかった。

羽生選手。
倒れてすぐに見えた赤いもの。
首から上は大げさに血がでるから…と、
何の言い訳かわからないけど、自分に言い聞かせながら
画面を見てました。
(そもそもなんで担架が来ないんだ!?)

で、止血したから良いってものじゃない!
ふらふらしてるじゃない!

しかも腰を痛めてたわけだから、
当然、弱ってるところにダメージは一番にくるはず。

腰痛って、本当に危なくて、
原因がわからない場合、救急隊員ですら触ってくれない。
経験談です。叫びながら自力で担架に乗りました。
病院では、夜間で専門医が居なくて、夜勤の医者が、
指一本触れただけで痛がる私を見て、
「そんなわけない」と無理矢理動かした。
激痛で気を失って、その痛みが長く消えなかった。

もともと良くなかったという腰なのに、
あの衝突の後、そのままリンクに上げさせるなんて。
レントゲンとかCTとか、撮ったの?

ハンヤン選手にしてもそうだけど、
即時メディカルチェックして、
完全にOKでなければ、出してはいけなかったと思う。
メディカルチーム居るんですよね?

日本のテレビだからだろうけど、
羽生選手の様子は随時伝えられていた。

(カメラが追い出されてたけど、あったりまえだ!
 もっと早く追い出してほしかったくらいだ。)

そして、羽生選手は6分間練習も、演技も行った。

だけど。個人的な意見ですが、
不幸で不運なアクシデントだったけれど、
その影響が表に出るのなら、氷に乗るべきでなかった。
ジャンプに失敗するとか、そういう意味でなくて。
痛いけど、辛いけど、がんばってやってる、って様子。

バレエの舞台とかではなくて、
スポーツの試合なのだから、
そこまで求めてはいけないと、普段は思う。

けど、あれだけの衝突の後だ。みんな見てた。
首から上は派手に血が出る…ってことは、
貧血気味になってないの?とも思った。

オリンピックチャンピオンとして…
出てはいけなかったと思う。

「オトコだ」とかいうコメントには心底呆れた。

あれをベーシックにしてしまったら、
うさぎ跳びやら水補給禁止やら言ってた時代に
逆戻りじゃないの。

スポーツも科学的に分析される時代になった。
オリンピックにも反映されてるんじゃなかったの?
だから、年齢制限だってあるんでしょ?

精神論じゃない。

身体を壊しても、ヘタしたら命を失ってもやる!
ってのが理想になっていいの?

トレーナーは科学的な見地をもってなかったの?

オーサーコーチも、
「ちょっとでも影響を見せたら、途中でも止める。」
いやむしろ、
「この状態で出るのなら、破門にする」
くらい言っても良かったのではないかと思う。

あんなアクシデントの後で、
羽生選手にもハンヤン選手にも、
冷静な判断を求めること自体、酷だとは思う。

羽生選手なんて、完全にロミオ状態だと思った。

だからこそ、大人たちがきちんと対処すべきだった。

二人とも、きちんと説明すればわかったはずだ。

ハンヤン選手については、私は言葉がわからないし、
情報にもあまり触れる機会がないけど、
羽生選手に関しては、インタビューなどの受け答えから、
相当賢い選手だと感じている。
だから、きちんと話せば、
あの状態で試合に出ることの様々な危険、影響を
理解できたはずだ。

オリンピックチャンピオンだからこそ出てほしくなかった、
大人たちは何やってたんだ、と、私は思ってます。

昭和の漫画のヒーローにしちゃダメだ。

衝突してからの一連を見ながら思い出したのは、
例えば、車やバイクのレース。
仕事でコントロールタワーに入ることもありましたが、
まずは安全確保です。
レースを止める。二次被害が出ないよう対処しつつ、
レスキュー、メディカルが入る。
それらをコントロールルーム内で即座に判断し連絡します。

フィギュアスケートの場合、コントロールルームは
どこに当たるんだろう?
今回、機能してたとは思えません。
そもそもその担当部署がない…わけないですよね?
武器にもなろうかという刃を使った、
かなりの危険を伴うスポーツなのですから。

それから、鈴木明子選手の新聞連載の記事。
ソチ、団体戦後、アルメニアで、
あまりの足の痛みに叫びながら練習してたけど、
これでは一緒に練習している真央選手に
悪影響を与えると思った…というもの。
あのグループの他の選手に適切な説明は行われてたのでしょうか。

あれこれ考えて、眠れません。

これからニュース記事や、
Twitterやブログなどで色んな方の考えを読んだりするつもり。
現時点では私は知らない事実も色々あるでしょう。

それらを読んでから、私の気持ちは変わるのかな…。
その前に、現時点での自分の考えを書きなぐりました。
まさに書きなぐり。

でも、色々読んでも、
大人はなにやってるんだ!
これ、美談じゃないから!
っていう気持ちは変わらない気がしてます…。

二人の身体にも、精神にも、影響が残りませんように。
心から祈ります。

[PR]
by atomsalada | 2014-11-09 03:53 | フィギュアスケート | Trackback

グランプリシリーズ 中国杯 女子シングルショート

ストリーミングで全部見るつもりが…
テレビ放送しか見られませんでした。あーあ。

072.gif女子シングル

李子君選手
 6分間練習のふわふわジャンプで期待が高まりましたよー。
 ジジュンちゃんは、毎年バレエ曲を使ってくれるのが嬉しい!
 振付けも素敵だったし、動きも一層キレイになったなー。
 衣装の色には毎年驚かされるけれど…。
 
クリスティーナ・ガオ選手
 ちょっとふっくらした?
 やっぱり荒川さんに見えちゃうのでした…。
 そういえば、実際観戦した時、
 シューズの靴紐の上に同色のガムテープを貼ってるのを見て、
 これはいいなーと思いました。
 解けることもないし、エッジにひっかけちゃうこともないし。

ビクトリア・ヘルゲソン選手
 悪くはないけど…不完全燃焼だろうなあ。
 衣装がすてき!スカートのラインがかわいいっ!
 6分間練習で実況アナさんが「最年長」って言ってたけど、
 タクタミちゃんが最年長に見える不思議。

村上佳菜子選手
 好きな曲で演技できるって幸せだろうなー。
 衣装も素敵!
 なんだけど、色は染め直したらどうだろうか…
 と、個人的には思いました。

エリザベータ・タクタミシェワ選手
 いいボレロだなー。
 タクタミちゃん、首が長くはないし、オトナ女性体型だから、
 どうも貫禄たっぷりマダムに見えるんだけど…
 その個性が魅力になる、タクタミちゃんのボレロだと思います。
 衣装も素敵!でも、空気を含んで
 跳びにくかったり回りにくかったりしないのかな?
 ポニーテールじゃない方がいいと思うんだけど…どうでしょう。
 最初のコンビネーションジャンプは繰返し見たくなる美しさ!
 …タクタミちゃんって、タラママ振付け似合いそうな気がする!

ユリア・リプニツカヤ選手
 まさかの衣装!
 これは…日本人の持つ赤ボーダーTのイメージを
 覆してくれる記念碑的作品になるに違いない011.gif
 いやあ、かわいい!
 でも、プログラムは、可愛らしさだけではない、
 思春期の女の子の複雑さを内包したような…。
 風船が見えるようでした。
 (この風船が塩まみれになりませんようにっ!!)

 演技前、ロシアでのトレーニングの様子が流れてました。
 バーレッスンでグランバットマンしてますが、 
 腰は傾かないし、爪先は伸びてる。
 (伸びるタイミングは遅いけど、バレリーナじゃないし)
 アンレールでもぐらつかない。
 前後の人がみんなそうってわけではないから、
 ユリアのお母さん、ホントに小さい頃から
 今の姿をイメージして基礎をつけさせてたんだろうなあ。
 もちろん、本人の才能と努力もあるでしょう。


 さて、フリー。
 頼むから一人でも多く放送してねっ!!
 
 

[PR]
by atomsalada | 2014-11-08 15:16 | フィギュアスケート | Trackback