人気ブログランキング |

葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

さらだの日

今日で、愛犬さらだが虹の橋にお引っ越しして5年。
もうそんなになるんだな…。

忘れた日なんてない。
名前を呼ばない日なんてない。

いつになったら近くに行けるのだろう、
いつになったらあのふかふかを撫でながら
一緒に眠れるのだろうと思う。

身体はなくても、
そばにいてくれるとは思っているけど、
そばにいてくれると感じるけど、
でも、やっぱり、撫でて、抱っこしたい。

5年前の今日、
最後にしっぽをふってくれた、さらだ。

言葉でおはなしできなくても、
いつもそうやっておはなししてたよね。
また、おはなししたいんだよ。

もっともっと、おはなしする時間を作ればよかった。
お散歩した道を歩けば、
ああ、もっと、いっぱいお散歩すればよかったと思う。
一緒にいろんなところに行けばよかった。

そんな後悔がたくさん浮かぶけれど、
こんな気持ちにさせてくれる、さらだに会えてよかった。
本当にありがとう、さらだ。

さらだがいなくなって、4ヶ月後、
「まだ悲しいの?」と言われた。

後悔も、悲しみも、いとおしさもなくならない。

さらだは、私の一部といっていいくらいの宝物。

例えば、私の靭帯は、怪我で一部無い。
治療して、動けるようになったけど、
無いってことには変わりない。

それと同じ。

毎日を普通に生きているけれど、
さらだの部分は埋めようがない。

その部分を、大切にしたいとも思ってる。
その部分を、さらだが喜ぶ形で使いたいと思ってる。

さらだ、今日は良いお天気だよ。

いつもの場所で、ひなたぼっこしてるよね?
大好きよ、さらだ。


c0324353_16431475.jpg



by atomsalada | 2014-04-27 16:44 | 愛犬

高橋大輔選手にまつわる私の夢②

高橋大輔選手の今季休養が発表されました。

大学での行事の際に発表したのが、
大ちゃんらしいなと思いました。

チャリティー演技会では、
やはりチャリティーそのものに注目して欲しいだろうし。
お世話になっている大学でなら、
大学の名前も併せて報道されるだろうし、
大ちゃんなりの恩返し(真央ちゃん風)なのかなと。

さて、休養となると、
一体どれだけの人が『大輔不足』に悩むのか!ですよ。

そこで、浅田真央展@高島屋、大盛況ですよね。
(どうして岡山店は開催してくれないのか!)
高橋大輔展@天満屋を開催すればいいじゃないですか!

なぜ天満屋か?

岡山高島屋は、
岡山のスケート界、そして高橋選手に
大きな関わりを持ってらっしゃる両備さんと
提携してるので、
岡山高島屋でというのが本来だとは思います。

が、ここはひとつ、天満屋で。
(高島屋さんは、真央展の絡みもあるかと思いますし…)
しかも、天満屋倉敷店で。
そう、やっぱり、『倉敷』が大切だと思うんです。
岡山県で生まれた百貨店の、
大輔さんが生まれた倉敷店でして欲しいんです。
それから、県内の天満屋を巡回ですよー。

そして!
刀剣の里、岡山は備前長船からスタートして、
日本中、さらには海外でも巡回展が開かれている
『エヴァンゲリオンと日本刀展』のように、
http://www.city.setouchi.lg.jp/~osa-token/
岡山発信で全国&世界巡回するといいと思うんですよ!

天満屋さん、いかがですかー?

テープカットは大ちゃんママに…とか企画、
じゃなかった妄想してたら、
大ちゃんファンの大先輩に、
だったら、歌子先生、佐々木先生の3ママで!
と提案されちゃいました。なるほど!

さらに、大ちゃんママとマリアンベス店長さんの
カット対決のご提案も。
では、カットモデルは、歌子先生とよーじくんを推薦。

てなことを言ってると、どんどん夢(妄想)は膨らみ…

*テープカットのかけ声は織田信成さんにお願いしたい。

*栄養士・石川三知さんの1dayお料理教室

*理容田村のみなさんによるトークショー/司会・織田信成さん

*オシャレ大輔さんによる、天満屋商品コーディネイト展

*会場にはお菓子のモロゾフ特別出店

*両備バスによる『高橋大輔ゆかりの地ツアー』
(佐々木先生のスケートレッスン付き。オプションで理容田村でヘアセット)
*同じく、全国からの『高橋大輔展鑑賞ツアー』

*会場設営by木下工務店

ああ止まらない。

どうですかねー。
全国からすごい人が岡山にお越し下さると思うんですけど。
もう、県をあげてのプロジェクトで!!


…で、いつかは
『私の夢』①
http://atomsalada.exblog.jp/21430190/
も叶わないかなー。







by atomsalada | 2014-04-22 21:16 | フィギュアスケート

浅田真央選手、大好きBEST3

ちょっと前に、
高橋選手のベストプログラム、
ショート・フリー各3つあげるとしたら…
という話になり、
アランフェス〜037.gifとか言ってたのですが…
いやいやそんな。
ま、でも、あれあってこその今ですよね。

で、真央ちゃんなら?と考えまして。

ショート・フリー合わせても、
一番好きなのは、コレなんです!!

ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア!

初めて見た時は、震えました。

初期衣装も、真央選手には珍しい感じで驚いたなあ。
でも、すてきだった。
『強い鳥』のイメージ、そのものだった。

全日本の、舞ちゃんのを奪い取って来た!
っていう衣装も良かったです。
「真央の方が似合うもーん」とか言ったんじゃなかったっけ?
仲良し姉妹の日常が想像できて、思わず笑ってしまう016.gif

で、このプログラム。
何と言ってもステップが最高!!

波間を漂うような、風に身を任せるような、
小さな鳥に見えたかと思ったら、
大きく力強くそして優雅に羽ばたく…
真央ちゃんそのものに見えました。

ソチオリンピック後のTHE ICEではリクエストに応えたい
という記事が出たとき、
そりゃもう一番にこのプログラムをリクエストしたい!
何なら100通くらい出す!!
と思ったものです。

ああ、もう一回見たいなあ。
今の彼女なら、どんな風に滑るのだろう…?

そして、上の動画は、世界選手権のときのものですが、
このときは特に『強い鳥』に見えました。
でも、まさか、この後にあんなことが起きるとは…




ああ、今見ても泣けてくる…
なんて強い、なんてドラマな人なんだろう…。

これもすてきなプログラムでした。
衣装は初期衣装が好き053.gif


で、Best3…
やっぱり決められないなあ…。
どれも好きだから!

今の『浅田真央』が滑ったら???
だったら…?

やっぱり『ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア』。
あと、当時の真央選手はしっくりこなかったらしい
『チャルダッシュ』も見てみたいな。

ああ、止まらなくなってきた…
仕事しよっと。


by atomsalada | 2014-04-18 22:01 | フィギュアスケート

今さら世界選手権/ジェレミー・アボット選手

いやもうホントに今さらなんですけどね。

当日は仕事もあって、オンタイムでは
ゆっくり見られなかったんですよねえ。
せっかくの生放送だったにも関わらず…。

で、その後もなんやかんやでなかなか録画を見られず。

HDDの容量ピンチでもあるし、
今、今さらながらですけど、じっくり見てるわけです。

すばらしい!
と聞いていた、ジェレミー・アボット選手のフリー。

ホントにすばらしい!!!!!!!

いきなり、
パパの「ゴー!アレキサンダー!」で涙。
で、その後沸き起こる拍手でさらに涙ですよ。

そして始まるエクソジェネシス。

音をひとつも漏らさず使った、細かな振付け。
曲が進むごとに、感情が溢れてくるかのような演技。
全体に上品なのだけれど、それだけではなくて。
誰かの力で空中に投げ出されているかのような
ジャンプがアクセントになっている…けど、
そこだけが浮き立っているわけでもない。

なんて美しい作品、なんて美しいパフォーマンス!



この世界選手権が最後と言っていたアボットですが、
現役続行も考え始めているとか!
しかも、この日本開催の世界選手権をきっかけに!!

現地に行ってらした方と、
アボット選手のすばらしいコンビネーションの証ですよね。

すばらしいといえば、実況の西岡アナ!
フィギュアスケートとフィギュアスケーターへの
愛が感じられる実況で、グッときました。

さあ、続き見ようっと!




by atomsalada | 2014-04-14 22:20 | フィギュアスケート

お気の毒大賞

先日、
バレエ『白鳥の湖』の黒鳥・オディールについて書きました。

ガラやコンクールなどであんなに踊られる、
つまり魅力的な踊り、つまり興味深いキャラクター、
のはずなのに!!
ラストシーンでは登場すらしないオディール。

オディールとオデットは一人二役なんだから、
白鳥・オデットと王子のクライマックスシーンに
登場できるわけないじゃーん!!
とも言えるんですが、でも、
オディールの見せ場、3幕のお城のシーンでは、
まさにオディールが踊ってる最中に
窓の外で悲しげに羽ばたくオデットが登場するんですよねえ。
ま、これはシルエットだから、別人が演じてるわけですが。

だったら、ラストシーンに、何らかの形で
オディールが登場したっていいんじゃ?と思うんですけど。
すっかり忘れられた存在…

というわけで、私の中では、
オディールは『白鳥の湖』の中の『お気の毒大賞』なんです。

ちなみに、私が好きなオディールは、
何と言ってもマリアネラ・ヌニェス!!
ありがちな、キッ!としたオディールじゃないのがいい!

王子の前ではレディで、父の前では違う顔で。
この幕だけで、2つの顔を見せてくれるのがまたすてき。




オディールに限らず、バレエって、冷静に考えたら、
あんまりだよなあって思うモノが結構あるんですよねえ。

ドン・キホーテの、
ドン・キホーテとサンチョ・パンサがからかわれるシーンとか、
コッペリアの、
コッペリウスがバカにされるシーンとか、
かわいそうすぎて時に涙が出るくらいですよ…。
心から「お気の毒様です…」と肩をぽんぽんしたくなります。

そんな数あるお気の毒様の中でも、
最もお気の毒、お気の毒大賞中のお気の毒大賞だと思うのが、
『ジゼル』のヒラリオンなんですよね…。

婚約者がいるってのに、身分まで偽って
村娘ジゼルちゃんをだまくらかしてるアルブレヒト。
騙されてるよ!ジゼル!目を覚ませ!僕は君が大好きなんだ!!
と、ひたすらあの手この手で訴えるヒラリオン。
アルブレヒトの嘘を暴いて、自らの真実の愛を…のはずが、
あまりのショックに命を落とすジゼル。
そして、自責の念にかられるヒラリオン。
恋しさと申し訳なさから、一人、ジゼルのお墓参りへ。
そこへヴィリ(精霊)たちが現れて、殺されてしまう…。
一方、同じくジゼルの墓を訪れたアルブレヒトは、
ジゼルの愛に守られて、命拾いする…ってー!!!

ちょっとー!どういうことー!?

子どもの頃から、この理不尽さに納得いかないんですよ!
ヴィリを踊った時も、ヒラリオンを殺すシーンは申し訳なくて…
だって、ミルタ(ヴィリの女王)様が殺せっていうんだもん!
逆らえないもん!と思いながらやってました…。

ヒラリオン殿、お気の毒大賞を謹呈致します。



マリアネラのミルタがこれまたコワイ。


ところで、こうしたバレエ作品、
フィギュアスケートでもよく曲が使われるだけに、
このバレエのこの役、フィギュアスケーターなら
誰が似合うかなー、とか想像するのがこれまた楽しくて。

ミルタ、鈴木明子さんが演じたらカッコいいだろうなー。
ホントはヴィリだって、
その下には大きな哀しみがあるんだし。
あっこちゃんなら、そこまで演じてくれそう。

ヒラリオンは…織田信成さん?
泣いていいよ!

そして、高橋大輔選手に演じてほしいとずっと思ってる役が…
ロットバルトとか、カラボスとか、悪役を、ぜひ!
むっちゃカッコいいと思うんですよねえ。
どんな解釈を見せてくれるのか、
というのが、何よりの興味ポイント!

そういえば、高橋選手、もう氷に乗って、
ショー用のプログラム作ってるとか!

楽しみだけど、無理はしないで欲しいです。
そして、長く滑り続けて欲しいです。
そしてそして、いつか、カラボスを!!

by atomsalada | 2014-04-12 21:27 | バレエ

大阪エキシ

行ってきました、大阪!

1週間のうちに神戸と大阪だなんて、
ホント、私は大丈夫なのか!?

色々ありましたが、私にとって
今季のフィナーレです。

そして、この大阪エキシでも
いろんな感情がわきおこりましたが、
今回心に残ったのは…
カロリーナ・コストナー選手と
アデリナ・ソトニコワ選手かな?
いや、みんな良かったのですが。特に、ね。

これから仕事だっていうのに、
ソトニコワ選手の『白鳥の湖』が気になって気になって。

事前に、ロシア?かどこかでのショーでの動画を見て、
なんだろう?と考えていたのです。
コレ!



チャイコフスキーの『白鳥の湖』、
アレンジ曲とはいえ、
もとの音が強いアレンジ。
しかも、一番良く知られているパートを使ってる。

なのに、この衣装、この振付け?

バレエをやっていた身としては、どうしても、
チャイコフスキー&プティパの『白鳥の湖』と
関連づけたくなるわけです。

この時点では、
初演時点でバレエ『白鳥の湖』が認められず、
失意のままに亡くなったチャイコフスキー?
と想像したりしていました。

そして、実際に見てみて、
解釈は置いておいて…

アデリナ!すばらしい!!

で、落ちついたところで、
また、解釈を考える…。

彼女は、以前、エキシビションで、
すばらしいクラシックチュチュを着て、
『白鳥の湖』を舞っていた。
黒鳥・オディールのチュチュ。



そして、今回の衣装も黒。

もしかして、

父親・ロットバルトの言うがままに、
白鳥・オデットに似せた姿になり、
ジークフリート王子を誘惑したものの、
だまされたと気づいた王子は、
オデットのもとへ向かい、
永遠の愛を誓う…
(その後ハッピーエンドになるか悲劇に終わるかは版によるけど)

の後の、オディールなのかな…?

現在演じられている『白鳥の湖』のベースとなっている
プティパ版の中に、
その後のオディールは登場しないけれど、
個人的に、オディールのその後は気になっていたから
そう感じるだけかもしれないけれど…。

父親の言うなりに行動したのに、
愛する父親は、オデットに夢中。
しかも、王子の永遠の愛の前に打ち破れる。
王子へのアプローチは、父親のためであり、
王子からの求婚も、騙した結果であったけれど、
それでも、人から愛していると言われるのは、
オディールにとっては心に響く出来事だったかもしれないのに、
やはり、嘘に対する嘘は、嘘に終わり、
結局王子はオデットのもとへ。
そして、オデットへの永遠の愛を誓い、
(生きてか死んでかは別として)二人は結ばれる。

残されたオディールは、どんな気持ちだろう…、
と、白鳥の湖を見るたびに思っていたのです。

そのオディールの姿なのかな…と、
勝手に想像しています。
だったら嬉しいな。

違ったとしても、
アデリナ版『白鳥の湖』素敵でした!!

振付け誰だろう…?

by atomsalada | 2014-04-07 11:27 | フィギュアスケート

チャリティー演技会と浅田真央選手

4月2日、行ってきました神戸。

久々に生で観るフィギュアスケート。
良い時間でした!

今回驚かされたのは、
浅田真央選手の出演。

2011年には、地元でもチャリティーを開催していたので、
いつも意識はあるのだと思います。
エキシビションでも、震災に心を寄せる
『ジュピター』を作っていたし、
THE ICEも、チャリティーの側面を持たせているし、
チャリティ本の出版もありましたね。
海外の記事だったけれど、
震災に関するインタビューでは、
本当に心を寄せていて、何をしたらいいのかと
考えている姿がくっきりと読み取れました。

今季の試合が終わったとはいえ、
身体のケアも必要だろうし、
いろいろとスケジュールも大変だと思うのです。

大阪エキシの出演者に名前がないのは、
チケットを取った身としては残念だけれど…。

でも、そのことも、カッコいい!と思ってしまってます。

さりげない意思表示?
真央選手が何を大切に思っているのか、見えてくるような…。


そして迎えた当日。

何を滑ってくれるのかな?
やっぱり趣旨から言って『ジュピター』かな?
と思いつつ、
織田信成さんが、今季のショートとフリー両方を
本気で(クワド込みで!!)滑ったので、
「じゃあ真央も」とか、負けん気出してたりして、
なーんて想像したり。

でも、やっぱり『ジュピター』でした。
それはそれは美しい『ジュビター』。

ゆったりと進みながら、
ポジションを変えていくスパイラル。
もうそこから涙が…。

美しいだけでも、技術が高いだけでもない。
彼女の心の中に、実際に『チャリティー』の心があるから、
被災された方々、亡くなられた方々への思いがあるから、
こうも心を揺さぶられるのだと思います。

c0324353_01155523.jpg

演技会終了後の募金の列は3時間ほども続いたそうですが、
真央選手ももちろんその場に立ち続けたというのは、
報道にもありました。

都合で、私は列に並ぶことはできなくて、
会場前に設置してあった募金箱へ募金をして会場を後にしたのですが、
並んだ知人によると、
真央ちゃんオトコマエで、選手準備運動のように身体を動かしてた!
とのこと。
そう、真央選手は、オトコマエ。
だけど、身体を動かしてたのは、やっぱり腰にきてたからじゃないかと
勝手に想像してます。
ずっと立ち続けてたんだもの…。

高橋選手も大丈夫だったかな。

二人だけでなく、どの出演者も、座っててもいいのに…
とは、毎回思うこと。
座ってたって、誰も文句は言わないと思うんですけど、
でも、きっとみんなそうはしないんだろうな。

本当に頭が下がります。

皆さんの気持ち、私も見習って、
これからもできることを続けていこうと改めて思いました。


またゆっくり、
みなさんの演技についても書きたいな。

まずは、
出演者、企画者、スタッフ、会場など、関係者のみなさん、
すばらしい会をありがとうございました!

by atomsalada | 2014-04-04 01:31 | フィギュアスケート