葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

真央ちゃんおめでとう!

フリーの昨日、
一日仕事で現場に入りっぱなし。
とても好きな現場で、楽しいし、集中してたけど、
それでもやっぱり真央選手のことが気になって…。

休憩の度に、メールチェック。

どうしてみなさん
「真央ちゃんすごい!」
「帰ったら泣いてね」
「トリプルアクセルは完璧!」
「真央ちゃん悔しそう」
とか、ビミョーなメールなのっ!!

余計気になるじゃない〜っ!!

帰りの車で、ようやく
真央選手の優勝を知りました。

おめでとう!

そうか。
悔しかったのは、7トリプルか…。

でも、それ以上のものをきっと見せてくれたのでしょうね。

録画を見かけたのだけれど、
号泣してしまいそうで、
今日のお仕事に影響しそうだから止めました。

今日のお仕事を、パーフェクトにやりとげてから、
気持ちよく、落ち着いて見ようと思ってます。

だって、写真だけで泣けるんだもん。

c0324353_10223797.jpg

おめでとう真央ちゃん。

次のステップは、真央ちゃんの思うように。
真央ちゃんの進む道が間違ってたことなんてない。
だから、思うように進んでください。

その道を、後輩たちがまた目指すでしょう。
そして、私は、その道に、感謝の花を植えたい。

本当にありがとう、真央ちゃん。
おめでとう!真央ちゃん!



[PR]
by atomsalada | 2014-03-30 10:26 | 浅田真央さん | Trackback

真央ちゃ〜ん!!

もう、最初のトリプルアクセルから
泣きっぱなしでした!

まるで練習かのように、
するするとプログラムを進めていく
真央選手に、
TVの前で「すごい!真央ちゃん!行け!」と
叫びつつ、泣きつつ…。

ああ、どうして私は現地にいないの???

今季はスケアメから欠かさず現地観戦だったのに、
肝心のソチとワールドに行けないとか、
もう、自分が信じられない…。

ああああああ〜もう〜!!

はあ。
それにしても、
浅田真央は、すごい!!

[PR]
by atomsalada | 2014-03-27 23:25 | フィギュアスケート | Trackback

まっちー!!

すばらしい!!
本当にすばらしかった!!

仕事しながらTV観戦ですが、
ブログ書いてる場合じゃないですが、
でも、今、感動を書いておきたい!!

まっちー、すばらしい!!

6分間練習をリンクサイドで待つ姿を見て、
すばらしくきれいな身体になっていることに
驚いたのですが…
最高のアスリート、
最高のダンサー、
最高のアーティストになろうと
磨いてきた結果の身体だったのですね。

本当にすばらしい!

町田樹選手、ありがとう!最高!

100点出せーっ!!

スピンで拍手が出たのも嬉しかったー!

[PR]
by atomsalada | 2014-03-26 20:00 | フィギュアスケート | Trackback

さあ、世界選手権!!

ああ…始まる!

行きたかったけど、
年度末に動けるわけがない。

さて、なにやら公式練習が大変なことになってるようですね。

本戦のチケットは、とっくにSOLD OUTだから、
ソチを観て興味を持った人が、
せめてと公式練習のチケットを買ったのかな?

ここから、フィギュアスケートファンになってくれたら…
と思っているのだけれど、
アイドルのコンサート会場みたいになっているとか?

観戦のマナーなんて、誰だって最初は知らないと思うんですよ。
スケートだけでなくゴルフだって、
スポーツだけでなく、バレエだって、オーケストラのコンサートだって、
どこで拍手をすればいいのか、
どう「がんばって!」「すてき!」の気持ちを伝えたらいいのか、
最初はわからなくて、ドキドキするものだと思うんです。
周りを観察しながら、回を重ねながら、
だんだんわかっていくものだとは思うんです。
そこまでは、空気を読んで、周りに合わせて、学んでいくものですよね。

それが…オリンピックみたいな大きなイベントで
一気に「初めてです!」って人が増えたものだから、
そっちの勢力が大きくなっちゃってるのでしょうか。

誰だって「初めてです!」の時があるわけだから、
お互い様なんですけどね。
だけど、慣れた人たちのなかに、
初めてなんですけどぉ…と紛れ込むのと、
今回の状況は違うのかもしれませんね。

「初めて」の人たちが『お約束』を作ることができるくらい、
大人数なのかもしれません。

ファンが増えるのは嬉しいこと!!
選手だって嬉しいはず!!

だけど、長い時間をかけて、
「日本の観客はすばらしい」「日本は演技しやすい」
と海外選手に言ってもらえるようになったのに、
それが崩れやしないかと、
正直ちょっとハラハラしています。

ほんのわずかの集中力の途切れが、
大きな怪我につながりかねない、繊細なスポーツです。
しかも、固い氷の上で、
武器にさえなりかねないブレードを振り回しながらの競技です。

クラシックバレエの舞台リハーサルで、
ほんの一瞬のオーケストラのずれから、
ダンサーが怪我をした瞬間を見たことがあります。

それがフィギュアスケートだったら…
あの怪我では済まなかったと思います。

絶対にそんなことがあってはいけません。

選手がベストを尽くせるようにという思いから、
長い時間をかけて出来上がった、観戦マナー。
その中で応援するのも、また、醍醐味。
大好きな選手が望む方法で応援した方がいいでしょ?

一緒に、力一杯、応援しましょ。




[PR]
by atomsalada | 2014-03-24 21:22 | フィギュアスケート | Trackback

愛犬が虹の橋に旅立ってからというもの、
わんこのお預かりを頼まれるようになりました。

大切なあの子は、きっとそばにいてくれると
信じてはいるけれど、
もうあのふかふかぽかぽかをだっこできない、
その悲しみをもう味わいたくなくて、
自分では飼うことができないけれど…
こうして色んな子が遊びに来てくれて嬉しい!

そんな中、去年は、初の猫お預かりを…。

c0324353_04005243.jpg
























ふふ。
箱になってる。
かわいい。

わんこは平面移動だけど、
猫は3D!

ということで、
お風呂に入ってる間とか、目を離す時用に、
サークルを借りていました。
使ってないから持ってて、と言ってくださるのに甘えて、
猫ちゃんは帰宅したというのに、
ずっとお借りしたままだったのを
ようやく返却してきました。スミマセン!

貸してくださったお宅には、
猫ちゃんが数匹。

やってきた野良ちゃんを見過ごせない方なんですね。

だからって、
親子、しかもまだお腹に赤ちゃんがいる母猫を
おうちの前に連れて来て置いて行くって、
どんな人なんだろう…。
その子たちも、
ママさんに大切にされて、
数匹は新たな優しいおうちを探してもらって、
今を過ごしています。

まだまだ里親募集中。

あ、そうか。
こうして私もブログを始めたわけだし、
今度詳細掲載していいか聞いてみよう。

とにかく、言いたいことは、
中途半端な考えで生き物を飼うことは止めてください!
飼わない決断をすることも、
生き物の愛し方の一つだと思います。

c0324353_04153208.jpg
























お預かりした、この子も、
ひどい状態で保護されたという子です。
今はとっても愛されて、
そして、人に愛と、
愛する喜びを与えてくれています。


[PR]
by atomsalada | 2014-03-19 04:17 | どうぶつ | Trackback

理解できない

3歳からクラシックバレエを習った。
同じようで違う、フィギュアスケートもよく観た。

18歳でバレエをやめてからも、
どちらも見続けてきた。

やはり、美しいものを観るのはいい。

でも、美しさの裏にあるものも、
それなりに自分もやってきたのだから、少しはわかる。

少しではあるけどわかるからこそ、余計に
美しいと思うし、いとおしく思う。

この人は、自分では似た体験はないのだろう。
でも、これだけそばで取材を続けているのだから、
もう少しなんとかならないのだろうか。

http://webronza.asahi.com/national/2014022500004.html

青嶋ひろの氏。

途中までしか読めなくて、余計イラッとする。
最後まで読んでから、自分の中の結論を出したい。
最後まで読まずにああだこうだ言う資格はないだろうとも思う。
でも、この人の記事を読むためにお金を払う、
この記事にお金を払うのはとてもイヤなのだ。

なんなんだ、このイヤミな書き方は。
なんなんだ、この自分は何でも知ってるという書き方は。
なんなんだ、誰の言葉かわからない、すっと理解できない書き方は。

例えば、「仲が良すぎた三人」
とか、タイトルだけでイラッとする。

全文読んでないから、結論はわからないが…。
良い意味ではとれないタイトル。

そして、途中まで読んでも、
やっぱりイラッとする記事ばかりだ。


ところで、この記事からちょっと話を発展させて、
『仲良し』について。

アスリートなんだから、仲良しである必要なんてない、
という意見も、世の中にはある。

そうでしょう。

でも、仲良しであってもいいのでは?

お互いを認め合う、讃え合う、
それがスポーツであったり、芸術であったりするのでは。
スポーツの醍醐味は、そうして
人として成長することにもあると私は思っている。

採点競技である、フィギュアスケート。
バレエもそうだが、
いくら努力したって、どうしようもないところもある。
例えば手は長くならないし、頭は小さくならないのだ。
それを持っている人をうらやんだって仕方ない。
キッと睨んだり、無視したり、衣装を隠したって仕方ないのだ。

ただ、自分が努力するしかない。
欠点を隠し、それ以上にどう美しく見せるか。

試合に、舞台に臨む時には、自分に集中するだけ。
そして、他者の素晴らしい演技を素直に受け入れ、
自分の中にも取り入れようとすればいいだけだ。

孤独でいる方が合ってる人もいるだろうけれど、
だからって、
お互いを讃え合いながら仲良くしていることが
どうしていけないのだろう。

日本のフィギュアスケート選手は仲が良すぎると言われる。


…いけませんか?

お互いを認め合ってるからこそだと思います。
認めて、かつ、ただ「すごいなー」だけで終わらせず、
その他者の良さを自分も取り込もうと努力もするから、
日本のフィギュアスケートのレベルが上がったのだと思います。

3BKと言われてる、
高橋大輔選手、織田信成選手、小塚崇彦選手。
「この3人でソチへ行きたかった」と言った鈴木明子選手、
そして、浅田真央選手、村上佳菜子選手。
彼らが、
認め合い、讃え合い、高め合うスタイルを
確立してくれたのだと思います。

他者を気にしてピリピリするより、
自分に集中できてずっと良いと思うんですけどね。


c0324353_02181232.jpg

いい感じ!

[PR]
by atomsalada | 2014-03-15 01:32 | フィギュアスケート | Trackback

東日本大震災

発生から3年となる昨日は、
お仕事で東京へ行っていた。

発生のその時刻は、まさにお仕事真っ最中。

仕事を終えて出た街は、
え?と思うほど普通に賑わっていた。

でも、その時間には、
あちこちで黙祷がアナウンスされたと聞いた。

東京駅地下で、東北三県の物産を大学生が販売していて、
各県ひと品ずつ買った。

そして、あの日と、
それから約1年半後に訪ねた宮城を思い返した。

c0324353_22333981.jpg

あのときの衝撃は今も鮮明、
というか、より深く重くなっている。

またゆっくり書こう…。


ただ、昨日東京で思ったこと。

3・11直後の東京周辺を見て、
いつも通りに動いている人たちに違和感を持ち、
映画を撮ったという、映画監督の言葉を思い出した。

海外在住の日本人監督。

その言葉に、私は違和感を持ったし、今もそのままだ。

じゃあ、どうしたらよかったの?
どうしてたら、あなたは納得したの?

震災発生からしばらくは、私も
遠く離れた岡山だからって、
ぬくぬくと暖房の効いた部屋で過ごし、お風呂に入り、
食事をすることだって、
被災地の方に申し訳ないような気持ちだった。
外食なんてもってのほか、という気持ちだった。

でも、しばらく経って、思い直した。

それが、果たしていいことなのか?
心苦しさを紛らわそうとしているだけの
自己満足じゃないのか?

しっかりいつも通りに生活して、
ほんのわずかであっても経済を回すことが、
復興の一端となるのではないか?
それでも心が痛む分は、
例えば外食など、自分の楽しみに使ったお金の何割かでも、
その都度募金するとかすればいいじゃないか。

それを自分の生活の中に加えつつ、
いつも通り、いや、それ以上に日常を頑張ろう。
被災地の方の分も日常を頑張れば、
被災地に何かできるはず。

そう思い直した。

ましてや、日本の経済の中枢である東京。

いつも通りに動く人たちは、
自分たちが止まってしまっては日本が止まってしまう。
それでは被災地は止まったままになってしまう。
自分にできることはいつも通りに動くことだと、
心の中に苦しみを抱いたまま、
責任感を原動力に動いていたのではないか?

東京だって被災地なのだし。


監督に直接聞ける機会もあったのに、
ちゃんと尋ねなかった自分を、今も悔いている。


そして、今日は、
長野で大地震が起きて3年。

忘れないように。

石巻から仙台へ戻るバスの中、
「私には、何の技術もない。何もできない。」と
言った私に、
年配の男性がかけてくださった言葉。
「何もしてくれなくてもいい。ただ覚えていてほしい。」
涙声でした。

忘れません。



[PR]
by atomsalada | 2014-03-12 23:19 | Trackback

これぞ

「これぞ」とか「これが」
って言われると、
「浅田真央です!」
と言いたくなって困る。
しかも、勝手に、
真央選手のソチオリンピックフリーが
脳内で再生される。
そのうえ涙が出そうになる。

仕事先だと、すっごく困るー。

[PR]
by atomsalada | 2014-03-06 08:43 | 浅田真央さん | Trackback

いいぞ倉敷市!

ちょっと前になりますが。
2/18の山陽新聞です。

c0324353_10174492.jpg

倉敷市が、高橋大輔選手に
二度目の『倉敷市長特別賞』を贈ることに、
また、市本庁舎と水島支所に
『祝ソチオリンピック6位入賞おめでとう!』
の懸垂幕を掲げた、という記事。

前日のローカルニュースでも取り上げられてました。


『けがしとったのにから、
ええ演技でうちらに勇気と感動くれたが。
日本のフィギュア界引っ張ってきたが。
倉敷のこともPRしてくれたが。
ありがてえこっちゃ。
メダルとか関係ねぇんよ。
頑張っとられた。
うちら感動したんよ。
ゆーても、6位入賞じゃが!
すごいと思わん?
授与するに決まっとる!!』
(岡山弁訳・超意訳)


というのが、授与理由ですね。
そうよ!
メダルには届かなかったけど、
6位入賞ですもん。

日程は未定だけど、
市長が直接、賞状と賞賜金30万円を手渡すそう。

…ということは、『私の夢』
http://atomsalada.exblog.jp/21430190/叶うか!?

倉敷市長、パレードするなら、
ぜひティムシェル町田選手も一緒に!
倉敷生まれ倉敷育ちではないけど、
倉敷翠松高校卒です!!

よろしくお願いします!

[PR]
by atomsalada | 2014-03-02 10:25 | フィギュアスケート | Trackback