人気ブログランキング |

葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:フィギュアスケート( 139 )

宇野昌磨 選手

グランプリファイナル最終日を見に行ったし、
真央ちゃんはホノルルマラソン初参加でさすがの走りを見せたし、
色々書きたいことはあるんだけど、仕事も詰まってきており119.png

とりあえず気になった記事↓

あと少ないスケート人生を満足いくものにしたい

これから20歳になる、19歳の選手が
「あと少ないスケート人生」って言わなきゃいけないんだなあ。

ヴォロノフさん、30歳で素晴らしい演技見せてくれてるよ!
と言いたいけど、
でも、実際、体力的・肉体的、そして環境的に、
長く続けられない競技であることも事実なんだろうなあ。

ヴォロノフ選手だって、
年齢的なことで周囲から随分言われてきたみたいだし。

ほんとに、いろんな意味で過酷な競技だなあと思う。

来年はオリンピック!
そしてもうすぐ各国で
オリンピック・ワールドの選考を兼ねたナショナルが始まる。
みなさん、怪我なく、ベストを尽くせますように!
そしてファンはひたすら、選手がベストを尽くせるように、
選手が望む形の応援をするのみですね!

ロシアの選手にとってはとても複雑な状況だし、
アメリカも参加をとりやめるかもと言ってるし、
本当に辛いけど、
「選手が望む形の応援」を心がけたいと思ってます。


by atomsalada | 2017-12-12 14:12 | フィギュアスケート

グランプリファイナル2017 12/7地上波放送を見ながら

放送見ながら書いてみる。

お、まずはジュニアからかー。

紀平梨花 選手
わーお!
運動能力も表現力もずば抜けてませんか?
身体ももう整ってるし、これは今後ますます期待!
ちょっとX脚なのかな?
まっすぐ伸ばした時の美しさが際立つけど、
もしX脚なら、その分痛めやすいから、気をつけて!

須本光希 選手
3Aの前、ちょっと粘ったのが気になったけど、
そっか。練習で苦労してたんだね。
しかも、実戦では初めての成功なんだ!おめでとう!!

しょーまの煽りV、かわいいけどさ、
満知子先生の「孫」発言もなごなごするけどさ、
ライブ放送してよ〜〜〜〜〜〜〜!!

めっちゃ遅れて6分間練習。
しゅーぞー、興奮しすぎだ。練習を見たまえ!

なんだかなごなごしてる氷上。
30歳がなにやらかわいい。どうしたことか。
でも、ロシアはえらいことになってるんですよねえ。
本当は、オリンピックのこと、気になってるのかなあ。
つらいなあ。

ジェイソン・ブラウン 選手
ジュニアの時に一目惚れした選手。
クワドはなくても、本当に素晴らしい。
音の取り方というか、緩急というか、アクセントのつけ方が素晴らしい!
こればかりはセンスだよなあ。
でも、持って生まれたそのセンスを競技に活かすには、
きちんと思い通りに身体を動かせるようにならなくてはいけないわけで。
努力あってのセンスなのよねえ。
ああ、今日もいいキスクラ106.png

アダム・リッポン 選手
歌で煽りか〜い!!
演技も楽しそうで幸せそうでいいねえ。
アメリカも、平昌回避の可能性のニュースが出てたけど…
心中いかばかりか。
ラファコーチがまたかわいいなあ。

セルゲイ・ボロノフ 選手
衣装は何度見ても謎。
でもこれ、素材を変えたら意外にイケてるんじゃないかとも思うんだよな〜。
ダイナミックというかヤケクソ風味というか、ロシア男子っぽくていいわあ。
フリー「tsukareta~」にならないように、ゆっくり休んでね〜。
それにしても実況30歳強調するなあ。

ミハイル・コリヤダ 選手
ああ〜、惜しかった。
それにしても、やっぱりロシアの選手は
ヤケクソ風味がありつつも美しいんですよねえ。
バレエのレッスンもきっちり取り入れてるんだろうな。

宇野昌磨 選手
あら、なんかちょっと身体たくましくなった?
このステップの音の取り方と体の動かし方、いいなあ。
でも、ここはちょっと微笑むくらいでもいいのでは?
フリーもずーっと厳しい顔ばかりだからなあ。
とか思ってたら!いや、笑ってっていうのはそういう意味でなく!!
すごい開脚転倒だった…
これは、コーチがいつもの毛皮着てなかったせいだと思うぞ!

ネイサン・チェン 選手
かっこよくて、きれいなのよねえ。
スピンがちょっと?シットもちょっと浅いかな?
それにしても、このキレの良さ。洗練されたモーション。
殿の解説、ジャンプの回転がグレーゾーンと。
でも、その場合は選手に有利になるように、と。
それがなあ…全員に適用されてきてないのがなあ…未だ納得できない。


さて、全体に
客席もあたたかくて良い感じでした。
ロシア、アメリカの選手は、オリンピックに関する心配があると思いますが、
心配を忘れ、そして思い新たに立ち上がれるような、
そんな大会でありますように。


by atomsalada | 2017-12-07 20:59 | フィギュアスケート

グランプリシリーズとバレエコンクール

タチアナ・タラソワ先生が、
エフゲニア・メドベージェワ選手の
グランプリ・ファイナル辞退についてコメントしている



ネット翻訳してみたら、
グランプリシリーズは「商業的な大会」、
だから辞退することは彼女にとって損失ではない、というようなことが書いてあった。

そういえば、プルシェンコも、
グランプリシリーズはスキップしてもOKみたいな発言してたことがありました。

ともに、怪我をおしてまで出場する必要はないのだ、と言うために。

とはいえ、オリンピックイヤーの日本の選手にとっては、
グランプリシリーズでの成績が
オリンピックに選出されるかどうかに影響するわけだから、
そうも言ってられないだろうなあ、とも思う。

そして、もう一つ思うこと。

それは、今、日本で「乱立している」と言っていいほどの
バレエコンクールについてだ。

コンクールって、私が子供の頃は国内で有名なのは、
こうべと東京新聞くらいだったかな?

それがもう、今や年がら年中どこかでコンクールやってる状態。

この状態の火付け役になった、名前は出さないけど、あのコンクール。
最初にそのコンクールの名前を聞いたときは
「はあ?ふざけてんの?」とすら思った。
そして、バレエの先生をしてる友人から、
「教師、舞台関係者、ビデオ屋など、バレエ関係者みんなで儲けましょう」
という趣旨で始まったのだと聞いた。
納得した。
「商業的な」コンクールなんですよね。
確かに関係者儲かります。

教師は「特別レッスン」、衣装屋さんは「レンタル中」の多いこと!
当日のビデオや写真販売、コンクールのエントリー料、あれやこれや…

まあ、長年続けるうちに、それなりに質も高まってると思うけれど、
そのぶん、その成功例を見てか、
とにかくコンクールが乱立している。
なんなら、有名コンクールを受けるための「プレコンクール」まである。

もちろん、商業的とはいえ、生徒にとっていいこともある。
やはり、目標があれば練習するし、上達する。
舞台の上でしか学べないこともたくさんある。
きちんと一人一人にプロからのアドバイスがつくコンクールもある。
コンクールを経て、目をみはるほどに成長する姿を、私も見てきた。

だけど…。やっぱり、食い物にされる姿も見てるんですよね。

コンクールでタイトルを取る、そのタイトルを武器に、
本当にあなたが望むプロのダンサーになれるだろうか?
審査員を務めるバレエ団の先生すら、自分のバレエ団に
そのコンクールのタイトルを取ったからって、入団させてるかどうか?
いつか将来自分がお教室を構える時には、
バレエを知らない親御さんにとっては選ぶ基準になってくれるかもしれませんが、
バレエを知っている親御さんだと、逆に「あのコンクールか」って
マイナス評価される可能性があるんじゃない?とすら思えるようなものもある。

ちなみに、私が習ってた先生。
大人になってからダイエットのためにのんびりクラスで再開した時に、
バレリーナになりたいとがんばってたちびっこが辞めたんですよね。
で、この発言。
「こんな田舎で、バレリーナなんかになれるわけないじゃないの!」
はぁ?
バレリーナになろうね、がんばろうねって、個人レッスン代もらってたんでしょ?
なんなら、私が子どもの頃だって、
バレリーナを目指してどうこう言って、特別レッスン取らせてたよね?
心の中でそう思ってたんだ。
純粋な気持ちとお金返してよ!って思いますよ146.pngやれやれ。

本当に、コンクール目指して頑張ってるみなさんには気を付けてほしい。
コンクールが、プロのダンサーになるための第一歩と考えているなら、
そのためのコンクールか、先生がそれを理解しているか、よく研究してほしい。
もちろん、どんなコンクールでも、
自分が夢を叶えるための小さなステップとして計画できるならOKだと思う。
ただ、そのコンクールだけでダンサーにはなれません。

コンクールでタイトルを取るだけが目標で、結局そのVa.だけは素晴らしいけど、
幕ものや別のイメージのものになると全くダメという
「コンクールダンサー」もたくさん見てきました。

先生が、そのVa.の背景にはどんな物語があるのか考えさせてくれたり、
毎回違うパターンのVa.にトライさせてくれたり、など、
あなたが全幕を上演するようなバレエ団に入れるように、
しっかり考えてくれているかどうか、見極めてください。

そして、そうした計画なしに、
ただ何でもいいからコンクールでタイトルをとるためだけに
むやみに練習して怪我なんかしたら、
ましてや怪我をおしてまで出場して、万が一もう踊れなくなったら?
絶対に後悔しますよね。
漫画などの世界では美談になって、そこから這い上がれるかもしれませんが、
それが自分にもできると確信しますか?

タラソワ先生もプルシェンコも、
選手の長い未来を熟慮しているから、
フィギュアスケートを愛しているから、
こうした発言をなさるのだと思います。

未来のバレリーナさんにも聞いていただきたい、そう思いました。

バレエって、身体だけで踊るんじゃない。
頭もフルで使って踊る。
本番でいわゆる「ゾーン」がきて、頭が空っぽになることもあるかもしれないけど、
それはお稽古で頭をフルに使って体もフルに使ってきた結果、
頭が空っぽでも踊れるのであって、
頭使ってなければ、踊りから物語は流れてきません。
物語は、計算された動きから流れてくる。
計算された動きをするために、長年かけてバレエの基礎が作られ、
自分自身もそのトレーニングをするのです。
そのトレーニングも、頭を使わなければできない。
それは、日々のレッスンで体感しているはず。
きっと、フィギュアスケートも同じだと思います。

その頭脳を使って、コンクールを、先生を見極め、
自分の夢までの道のりを計画してほしい。

もしかしたら、自分の計画にそぐわないコンクールに出るよりも、
すばらしいプロの全幕公演を生で1本見た方がよほど価値がある、
ってケースもあるかもしれませんよ?


by atomsalada | 2017-12-03 14:27 | フィギュアスケート

与えられたことを忘れない、高橋大輔、浅田真央

すてきなニュースが2つ。

一つは、
大ちゃんが、ジェレミー・アボットに振付を依頼、というもの。


もう一つは、
真央ちゃんが、高島屋企画でサイン会をすること。
大ちゃんは、いつもタイミングよく手を差し伸べてくれる人がいた、と言ってた。
真央ちゃんは、ソチのフリーで「恩返しができたかな」と言ってた。
THE ICEでは、感謝の気持ちを伝えたいと言ってた。

実際、大ちゃんも真央ちゃんも、たくさんの人にたくさん助けられたのだと思う。
でもそれは、助けたいと思うから。
あなたの役に立ちたいと思うから、なんじゃないかな。
自分が何か手伝うことで、あなたが喜んでくれるなら、それが自分の喜びだ、
という気持ちからじゃないかと思うのです。

だからそれでいい、
とはならないのが大ちゃんであり、真央ちゃんであり。

例えば、真央ちゃん。
ソチのあと、入場料無料という希望を通して真央展を開催してくれた高島屋。
2回目もやはり高島屋で。
そして、入場無料でも高島屋にメリットがあるようにという配慮なのか、
まおむすびは高島屋限定販売になっている。
また、この季節になるといつも思うのだけれど、真央ちゃんってカレンダーを出さない。
それはきっと、スポンサーからカレンダーが出るからなんだと思う。
非売品だけれど、それを邪魔しないためなんだと思う。

また、手助けしてくれた人に恩返しを、と思っても、直接はできない場合がある。
けれど、彼らは、その代わり、
自分が受けた手助けを、別の人に行うのだ。

引退して、皮膚癌の手術を受けたジェレミー。
引退して、その先の道を定められなかった大ちゃん。
今、大ちゃんから振付を依頼されるっていうのは、
ジェレミーにとってもしかしてその先の道をガイドしてくれるものになるかもしれない。
大ちゃんが、LOVE ON THE FLOORに新たな道をガイドしてもらったように。

大ちゃんを一流選手にするために地域の人が募金をしたとか、
真央ちゃんのためにタラソワコーチが練習場所の提供を申し出てくれたとか、
そういう「与えられた」エピソードも泣けてくるけど、
それぞれが「返して」「繋いで」いっているエピソードの数々も心が揺さぶられる。

そして、私は、この二人から、そして多くのスケーターから、
たくさんの感動を与えてもらった。すごいギフトだった。

では、そのことへの感謝をどうしたらいいのか?

例えば、大ちゃんが欠場した世界選手権。
男子も会場をいっぱいにしたいんだ、という大ちゃんの夢を叶え続けるために、
そして、日本に来てくれた選手に空席を見せるなんてことをしないように、
たとえ大ちゃんが欠場となってしまっても、
交通費や宿泊費など度外視して、会場を埋めたファン。
それも、ファンができる恩返しの形だったなあ、と今改めて思い出します。

これからは?
二人の夢が叶うように、応援できたらいいな。





by atomsalada | 2017-11-27 16:37 | フィギュアスケート

スケートアメリカ2017 女子フリー

アイスダンスに続けてストリーミング見ながら書いてみる!

Nicole RAJICOVA
ここまで背中がまっすぐな人も珍しいな。
板が入っているかのよう。
肩も動かないから、腕だけ回してるように見える。
でも、背中がしなやかに曲がるようになって、腕を肩甲骨から動かせるようになったら、
スピンやジャンプが崩れちゃうのかなあ。

Xiangning LI
ショートの時もだけど、髪の毛が気になって気になって!!
シニヨンにネット被せたらどうかな!もう心配で仕方ないのよ!
それにしても中国、衣装良くなったなあ。
前はどぎつい色が多かったでしょ。
しかも、これ、レースアップが後ろにきてるのもちゃんとしてる。
ライモンダだからね。いいとこのお嬢さんだもの。
ジゼルみたいに前がレースアップではだめなのだ。

Alena LEONOVA
ショートに続きステキ衣装。
だけど、オリンピックイヤーなのに、
自国でも開催国でもない民族舞踊&民族衣装取り入れるとは珍しい。
ガッツポーズでこちらも嬉しくなる…けども、
正直、どこか痛い?みたいな動きだったのが気になるなあ。
背中が動かず、洗練されていない印象。
あれ?

Polina TSURSKAYA
キスクラでこんなに可愛らしく笑えるのだから、
そういうプログラム作ったらいいのに。
ショートよりはマシだけど、メドベージェワのコピーになっちゃうよ。
ショートなんて、ヘアスタイルも衣装も、そしてマイムからのスタートも、
まんまメドベちゃんだった…。
本人がメドベファンだったりするのかもしれないけど、
それならそれで、コーチ陣が、ファイナル行けるかもというクラスの選手になったんだからと
自分のカラーを作らせるべきだと思うし、
逆にコーチ陣の戦略なら、本人がプライドをもってNoを言えばいいのにと思います。
もったいない。

Karen CHEN
ショートでめちゃくちゃ痛そうな転倒してたから心配でしたが、
どうかな?ちょっと怪しいジャンプあるなー。
衣装がちょっと真央ちゃんの赤リチュを思い出させるわぁ。
そして、ブルゾンちえみさんに似てる。頭良さそうなところも。

Bradie TENNELL
役柄を演じる時、一目見てわかる衣装って大切だなーと実感させてくれる。
どんなシンデレラかな?って曲が始まる前からわくわくするもんね。
細い体が、プログラムが進むに従って、
どんどん光をまとってゴージャスになっていく感じ。
まさにシンデレラでした!

Ashley WAGNER
ああ〜今日もテーピングしてるう148.png
と思ったら…ええええええええええええ!?
medical reasons?何?
昨日もジャンプ恐々跳んでるように見えたもんなぁ。
早く治りますように!

Serafima SAKHANOVICH
いきなり呼び出されて、計算が狂ったかもしれないけど、
あなたなら大丈夫!プル様もついてるしね!
そもそもスケアメにも急遽呼び出されて、あのショートができたんだもの!
なんというステキ衣装(肌襦袢除く)!
んー。フリーはもうちょっとブラッシュアップが必要かもしれない、
と思ったけど、いや、こんなにハプニングが続いた中でよくやった!ですよね。
プル様カメラ無いのー?

Kaori SAKAMOTO
おおおおお〜!
Oh!Comer!って言われた?
いやー、頑張った!
正直、ここ数年マイムはもう見飽きてるんですけどね。
このプログラムにおいてはマイムは振付の中で重要な意味を果たしてる。
だからこそ、マイムはもうちょっと練習しよっか。
おお〜!叫んでる!かわいい!!
このかわいらしさを活かすためにも、
衣装、襟のスパンコールをワインレッドのブレードとかに変えてはどうかなあ。
胸のプリーツのところとかにも。
ちょっと暗すぎると思うんですよねえ。

Gabrielle DALEMAN
あららららら。
最初のジャンプは圧倒的だったのに…。
ショートのカルメンは、いかにもカルメンで良かったなー。

Satoko MIYAHARA
おお!ステキ衣装にステキヘアにステキメイクだ!
昨日の6分間練習に入るところを見て、
ちょっとした動きがシャープでエレガントになったなーとびっくりし、
最後のポーズのふわり感にきゃー113.pngとなったのですが、さて今日は!?
おおおおおお!すばらしい!
おめでとう!!
あとはねえ、ショートの衣装をなんとか…
とりあえず、スカートの下の生地、濃いピンクのを、
昔の着物っぽく紅絹の赤にしてはどうでしょう?

動画集(お借りします)

いやー、日本人1-2フィニッシュですか!
それにしても、やっぱりお金ないんですかねえ。
フランスも金欠でメダル無しでしたよね。
今回も、メダルのリボン赤一色って…
前は、スターズ&ストライプスだったかな?凝ったリボンだったような。
そしてこの花!
スーパーで売ってるカジュアルフラワーのラッピングじゃないですか!?
フィルムを巻くのではなく、もともと円錐形になっててかぶせるだけのやつ!
これならフィルムなしでリボンでナチュラルにまとめた方がいいような。
うううー。

ファイナルは、名古屋らしくゴーーーーーーージャスっ177.pngな花束を期待!!

男子で色々あった運営側のミスも、金欠からくるものだったんでしょうか?
それともサンクスギビングでスタッフが集まらなかったのか!?

ファイナル!日本!名古屋!頼むよ〜!!

by atomsalada | 2017-11-27 08:15 | フィギュアスケート

スケートアメリカ2017 アイスダンス

久々に書いてみる!
ストリーミングを見てるけど、寝ないためにも。

Rachel PARSONS / Michael PARSONS
おもしろい曲。
だけど…パートナリングが、高校生のダンスパーティのよう。
SDでも感じたけれど、特に男性がちょっと雑なんだよなー。
1997年と1995年生まれかー。これからこれから!

Shiyue WANG / Xinyu LIU
美しい衣装!
そしてリフトが美しい!音の取り方もすてき。
とにかく、男性のサポートがうまい。
女性を持ち上げる際に、一度決めた位置以上に沈み込むことなく、
タイミングで上げている。しかもスピーディ。
これは女性としては踊りやすいだろうなあ。

Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER
あらー、ステキ衣装!
でも、身長差もあまりないし、女性はきゃしゃなタイプではないし、
男性結構大変かも?と思いながら曲が始まったら…
「愛の夢」!世界選手権での真央ちゃんのあの衣装にも見えてくる145.png
男性大変かもなんて思ったけど、笑顔を絶やさず、とてもソフト。
リフトから降ろす時のソフトさがまさに「愛の夢」!
女性笑って〜!!と時折思ったけど、いや、女性も大変だものねえ。
とはいえとても「愛の夢」でした。夢だった!

Kana MURAMOTO / Chris REED
途中ストリーミング止まっちゃったよ〜〜〜〜〜122.png
SDではクリスのスケーティングが伸びやかになってることに驚いたものの、
2つのメロディーでもう少し印象を変えられたらいいのになあと感じました。
今日も、せっかくの桜が開花するところ、もう少しインパクトがあればなあと。
そして、パートナリングにスムーズさが微妙に欠けるところもところどころ。
でも、そんなことを考える自分が野暮だなあと思ってしまう、
心に響く演技でした。まさに「感動」でした。
子供の頃からアイスダンスに集中している選手がほとんどの中、
かなちゃんはダンスの世界に入ってまだ日が浅いわけで。
クリスだって怪我を抱えながら、パートナーチェンジしてまだ日が浅い。
けれど、これだけの期間でここまでやり遂げている。
お互いがお互いを思いやって作り上げていることがぐっと伝わってくる演技。
パフォーマンスとしての表現・演技力とはまた違うところにある、
二人の人間性や思いが伝わってきて、涙がこぼれるすばらしい演技でした。

Piper GILLES / Paul POIRIER
大好きな二人!
いつも個性的なプログラムをステキに演じる…のに!
SDは、へ?と思ってしまった。
衣装はすっごいのに、振り付けはなんかピンとこない…。
FDに期待してたのですが、さて。
うーん、この二人にはもっと!!!!と思ってしまうなあ。
後半とか、最後のレベランスとかかっこよかったけど。
好きなだけに、もっと〜!になっちゃうんだな。

Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO
大きな動きで見映えがして気持ちいいのだけど、
男性の手が一発で決まらないのが気になってしまった。
慌ててるようにも見えちゃうし、もったいないなー。

Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE
アンナちゃんほんとはいくつなんだ!?
純白のこのドレスがパーフェクトに似合うとは!!かわいいわあ。
最初のリフトだったかな?降りる時に美しくなかったのが残念。
SDの衣装もかわいかったなあ。
アンナちゃんの衣装を映えさせるために計算されたかのようなルカの衣装。
これがまた良かった!

Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV
ああまた真央ちゃんが!
と思ったら、まったく違うアプローチの振付と衣装で、とても良かった!
で、ヴォカリーズも好きな曲で、おお162.pngと思ってたら…
そこからピアコンに戻る曲編集はちょっとなあ137.png

Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI
これは素晴らしい!!!!!
とにかくアレックスの手がもう!!!!!
持ち上げるためにでもプッシュするためにでもサポートするためにでもない!
いや、そのために動かしてるんですよ。だけど、
振付にしか見えないすばらしい手の動き!!
あと、アレックスの前髪もいい仕事してました106.png
そしてお顔が随分締まってますね。絞ったのかなあ。それとも気合?
本当に素晴らしい!まさに103.png←クッションもらってましたね。
SDの課題がラテンと聞いた時は、シブタニズにはどうなのかなと思ってたんですよねえ。
シブタニズって上品だから。
でも、シブタニズならではの品とパッションが同居したラテンに仕上がってて!
メジャーな曲だけど、引っ張られず「シブタニズ」を表現してて素晴らしい!
ヌーディな衣装が、なめらかなモーションに合ってて良かったし。
オリンピックに向けて、怪我なく、突っ走って!!

動画集(お借りします)

というわけで、寝ずにエキサイトして見られました〜。
ところで、アイスダンスの場合は「Skaters」ではなく「Dancers」で呼びかけるのね。
今まで気づかなかった!




by atomsalada | 2017-11-27 05:37 | フィギュアスケート

スケートカナダ女子SPのネット記事を見て

今日は朝から仕事で、一切放送を見ることなく、
ついさっき帰宅して、とりあえずネット記事を見た。



ミスがあったのは、メールをもらって知っていた。
ああ、GPSデビューでそれは辛いな、と思っていた。

それでもメディアは彼女を煽るのかな?
そんなことしたら、アンチが増えるだけだし、
何より彼女自身が辛いのではないか、
それに、何と言ってもうまくいった選手を讃えるのが一番大切なんだし、
そういう報道であってほしいと思っていた。

そして帰宅してネットニュースを開いたら…
なんとも言えない気持ちになった。

真凛ちゃんの名前がタイトルになった、真凛ちゃんに重きを置いた記事ばかり。
それより上の順位の日本人選手・本郷理華選手がいるのに、
彼女の名前のニュースは、パッと見たところこれだけ。
どうしてこんなことをするのだろう?

そしてさらに、私は、自分が想像してなかった種類のショックも受けた。

トップに挙げた記事も、これも、
これも
これも
これも
真凜 厳しいGPデビュー、ジャンプ2度失敗 SP10位

写真に注目してみてください。

ジャンプに2度失敗、尻もちをついたんですよね?

…これが真央ちゃんだったら?
ジャンプ失敗、尻もちをついた写真ばかりが並んでませんでした?

いえ、今のこの真凛ちゃんに対する写真のセレクトは間違ってないんです。
選手に敬意を持てば、例えば、尻もちの写真もあったとしても、
一緒に美しい写真も掲載すると思うのです。

でも、真央ちゃんの時は、ミスした瞬間の写真、
なんなら複数掲載されてると思ったら、ジャンプやスピン中のお顔が揺れてる写真だったり、
それはもう酷かった。

この差は何?と、ショックを受けたんです。

これは、読者の意見が聞き入れられたということなのでしょうか?
それなら嬉しいことです。

でも、真央ちゃんだから、だったのかも、という疑いを持ってしまうんです。

今回、上位の理華ちゃんでなく、真凛ちゃんの記事が多かったことも、
またそんなブルーな気持ちを大きくさせてしまうんです。

この件について、もちろん真凛ちゃんは何にも悪くない。

だけど、メディアの皆さん、そして、
すべての日本人選手を守るはずの日本スケート連盟には、
どうして?と問いたいです。
そして、これからは、選手に敬意を持った写真を使い、
また、すべての選手を分け隔てなく報道してほしいと思います。



by atomsalada | 2017-10-28 21:06 | フィギュアスケート

美しきタラソワ先生

ラジオノワちゃんのインスタ!



ちょっと!
一番ポジション、誰よりも綺麗にアンデオールしてるの、
タラソワ先生なんですけど!

なんなんだこのお方は…

アンオーは、踊りによって多少形が変わるとして…
みなさん綺麗ですが、
タラソワ先生の優雅な円を描くアンオー!

やっぱり凄い方なんだなーと、
このお姿だけでわかってしまう。

真央ちゃん、素敵な先生に習ったね177.png
この先生に認められ、愛され、
あんなプログラムを授けてもらったこと、
本当にすごいことだと思います。

by atomsalada | 2017-10-12 12:40 | フィギュアスケート

Japan Open放送を見ながら

放送を見ながら書いてみる。


長洲未来選手
うううううう。泣くわ〜。
絞った身体に本気が見える!
3Aにトライするだけでも泣けるのに、8トリプルですか!
振り付けにも、真央リスペクトが見えました。泣くわ〜。
所々、動きが雑になるところがあって、
やっぱり3Aってプログラムに入れるの大変なんだろうなー、とまた涙。
それでもトライし続ける未来ちゃんに、また涙。
GO!未来!


本田真凛選手
直線的なモーションが、荒川静香さんに良く似てるな、と思っていたので、
このシーズンにトゥーランドットを選んだのは、なるほどなーと納得してました。
が、あら!モーションがやわらかく叙情的になってる!
それがトゥーランドット姫にマッチしてるかどうかはまた別の話として、
これからちょっと楽しみです。
ステップはちょっと疲れちゃったのかなー。修正した箇所だからというのもあるか。


アリーナ・ザギトワ選手
あれ?
なんか重い?そしてちょっと動きが雑?
ジュニアの時はそんな風に思わなかったんだけどな。
ジュニアの中だと飛び抜けてたけど、シニアに入ると…ってことなのかな?
モーションが少ないから間延びして見えてしまうのも残念。
一つのフレーズの中に入る動きが少ないんだな…体力の問題なのかなあ。
この雰囲気が今の彼女なら、キトリよりドルシネアの方が似合いそう。
衣装は前の方が好き。
背面のカットがM字になってるチュチュ、久々に見た気がする…。


カレン・チェン選手
ああああああああ〜。調子が今ひとつ?
スカートかわいい!そして衣装ゴージャスなのはいいけど重そう。
衣装が重くてミスしたんじゃないのか?と思うくらい重そう137.png


三原舞依選手
あら、衣装素敵!
だけどシニヨンはぴょこんとした形じゃない方がいい気がする。
ドーナツスピンの時、腕が足を迎えにいくのではなく、自然にキャッチするのがいいなあ。
美しい。
ジャンプの時に腕を締め過ぎないのもふんわりしていいなあ。
首の後ろに空間ができると、もっとエレガントになるのでは?楽しみ!


エフゲニア・メドベージェワ選手
これまた素敵な衣装。
ただ…プログラムのパターンには飽きてしまいました。
「タンゴ」とか「ワルツ」とか、ダンスに特化したらどうなるのかなあ。
で、あれだけ腕を使えるのに、タノの腕が雑なのはなぜ?
あと、ジャンプに入る時の沈み込みと腕の勢い付けの癖。あれはいいのか?
ゆかりん、キャロライン、かなちゃん、真央ちゃんも、散々言われてきたよね?
どうなんだ…
メドベちゃんはポーズの一つ一つが洗練されてるだけに、
ジャンプだけがなーんか別物に見えちゃうんだよなあ…


アレクセイ・ビシェンコ選手
あらららら。変なコケ方しちゃった。何もなければいいけど。
「ボレロ」はバレエで数え切れないほど見てるからか、
どうしても頭の中でベジャールの「ボレロ」が…
なので、音の取り方に結構衝撃を受けてしまった。
でも、これはこれでおもしろいなー。


ジェレミー・アボット選手
まずは心の中で「Go Alexander!」と叫んで。
ビシェンコさんが飛び跳ねるようなスケートだったので、
ジェレミーのやわらかなスケートとの対比がとてもおもしろかった!
シンプルなシャツとパンツの衣装が、とても似合ってる!かっこいい!
そして、イーグルでは、自宅アリーナだというのに拍手しちゃったよ。
はぁ…美しい。


織田信成選手
まずは心の中で「おだくーん!」と叫んで102.png
いやー。きっと長くて強くてしなやかなアキレス腱持ってるんだろうなあ。
いつ見てもあの着氷とシットスピンに感嘆しますよ。
公式戦、これで最後なの?もったいないな。


ハビエル・フェルナンデス選手
あー。うまいなあ。
一つのフレーズの中にどれだけ動きが入っているか、って
見応えに繋がるんだなあ、と実感。
(もちろん、動きが少なくてもエレガントで物語があればそれでいいのだけど。)
ゴージャスでコミカルで、楽しませてもらいました!


ネイサン・チェン選手
これはいいプログラムだなー。
彼のルーツに、そしてバレエを学んできたということも踏まえて、
彼にとってとても意味あるプログラムなんだろうな。
オリンピックシーズンだ。うん。
腕がきれいに曲線を描いて、バレエの基礎が入ってることを感じさせて、好き。
ブラッシュアップしていった先が楽しみなプログラム。


宇野昌磨選手
空中に身を放り投げるようなアクセル、いいなー。
他のジャンプもあんな感じで跳べたりしないものなのかな。
力で跳んでる感じがするので、身体を傷めないかいつも心配になる…。
それにしても、音に敏感なんだなって思う。
オリンピック、行ってね!で、表彰台にのってね!


えーと、得点はね。
もう、史上最高得点とか、意味がないのは、ね。

とにかく、いい演技を見たい。
それぞれの自己ベストの演技を見たい。

そして、それぞれの目標を達成してほしい。
最高のシーズンを!


真央ちゃん復帰試合となったJapan Open、見に行ったなあ…
その時の写真を見ていたら。
ダイス!ダイスにも頑張ってほしいっ!

c0324353_21034052.jpg








by atomsalada | 2017-10-07 21:06 | フィギュアスケート

町田樹先生が解説!?

えええええ〜!
まっちーがBSジャパンで
カーニバル・オン・アイスの解説!?

BSジャパンのサイトにはまだJapan Openしか出てない…


うわわわわ。
まっちーが解説!
11月19日ですか。

これは大変そうだわ…
お相手のアナウンサーさんが。

あと、タイムキーパーさんもね。

がんば!アナさん!

by atomsalada | 2017-10-07 16:40 | フィギュアスケート