人気ブログランキング |

葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

グランプリシリーズとバレエコンクール

タチアナ・タラソワ先生が、
エフゲニア・メドベージェワ選手の
グランプリ・ファイナル辞退についてコメントしている



ネット翻訳してみたら、
グランプリシリーズは「商業的な大会」、
だから辞退することは彼女にとって損失ではない、というようなことが書いてあった。

そういえば、プルシェンコも、
グランプリシリーズはスキップしてもOKみたいな発言してたことがありました。

ともに、怪我をおしてまで出場する必要はないのだ、と言うために。

とはいえ、オリンピックイヤーの日本の選手にとっては、
グランプリシリーズでの成績が
オリンピックに選出されるかどうかに影響するわけだから、
そうも言ってられないだろうなあ、とも思う。

そして、もう一つ思うこと。

それは、今、日本で「乱立している」と言っていいほどの
バレエコンクールについてだ。

コンクールって、私が子供の頃は国内で有名なのは、
こうべと東京新聞くらいだったかな?

それがもう、今や年がら年中どこかでコンクールやってる状態。

この状態の火付け役になった、名前は出さないけど、あのコンクール。
最初にそのコンクールの名前を聞いたときは
「はあ?ふざけてんの?」とすら思った。
そして、バレエの先生をしてる友人から、
「教師、舞台関係者、ビデオ屋など、バレエ関係者みんなで儲けましょう」
という趣旨で始まったのだと聞いた。
納得した。
「商業的な」コンクールなんですよね。
確かに関係者儲かります。

教師は「特別レッスン」、衣装屋さんは「レンタル中」の多いこと!
当日のビデオや写真販売、コンクールのエントリー料、あれやこれや…

まあ、長年続けるうちに、それなりに質も高まってると思うけれど、
そのぶん、その成功例を見てか、
とにかくコンクールが乱立している。
なんなら、有名コンクールを受けるための「プレコンクール」まである。

もちろん、商業的とはいえ、生徒にとっていいこともある。
やはり、目標があれば練習するし、上達する。
舞台の上でしか学べないこともたくさんある。
きちんと一人一人にプロからのアドバイスがつくコンクールもある。
コンクールを経て、目をみはるほどに成長する姿を、私も見てきた。

だけど…。やっぱり、食い物にされる姿も見てるんですよね。

コンクールでタイトルを取る、そのタイトルを武器に、
本当にあなたが望むプロのダンサーになれるだろうか?
審査員を務めるバレエ団の先生すら、自分のバレエ団に
そのコンクールのタイトルを取ったからって、入団させてるかどうか?
いつか将来自分がお教室を構える時には、
バレエを知らない親御さんにとっては選ぶ基準になってくれるかもしれませんが、
バレエを知っている親御さんだと、逆に「あのコンクールか」って
マイナス評価される可能性があるんじゃない?とすら思えるようなものもある。

ちなみに、私が習ってた先生。
大人になってからダイエットのためにのんびりクラスで再開した時に、
バレリーナになりたいとがんばってたちびっこが辞めたんですよね。
で、この発言。
「こんな田舎で、バレリーナなんかになれるわけないじゃないの!」
はぁ?
バレリーナになろうね、がんばろうねって、個人レッスン代もらってたんでしょ?
なんなら、私が子どもの頃だって、
バレリーナを目指してどうこう言って、特別レッスン取らせてたよね?
心の中でそう思ってたんだ。
純粋な気持ちとお金返してよ!って思いますよ146.pngやれやれ。

本当に、コンクール目指して頑張ってるみなさんには気を付けてほしい。
コンクールが、プロのダンサーになるための第一歩と考えているなら、
そのためのコンクールか、先生がそれを理解しているか、よく研究してほしい。
もちろん、どんなコンクールでも、
自分が夢を叶えるための小さなステップとして計画できるならOKだと思う。
ただ、そのコンクールだけでダンサーにはなれません。

コンクールでタイトルを取るだけが目標で、結局そのVa.だけは素晴らしいけど、
幕ものや別のイメージのものになると全くダメという
「コンクールダンサー」もたくさん見てきました。

先生が、そのVa.の背景にはどんな物語があるのか考えさせてくれたり、
毎回違うパターンのVa.にトライさせてくれたり、など、
あなたが全幕を上演するようなバレエ団に入れるように、
しっかり考えてくれているかどうか、見極めてください。

そして、そうした計画なしに、
ただ何でもいいからコンクールでタイトルをとるためだけに
むやみに練習して怪我なんかしたら、
ましてや怪我をおしてまで出場して、万が一もう踊れなくなったら?
絶対に後悔しますよね。
漫画などの世界では美談になって、そこから這い上がれるかもしれませんが、
それが自分にもできると確信しますか?

タラソワ先生もプルシェンコも、
選手の長い未来を熟慮しているから、
フィギュアスケートを愛しているから、
こうした発言をなさるのだと思います。

未来のバレリーナさんにも聞いていただきたい、そう思いました。

バレエって、身体だけで踊るんじゃない。
頭もフルで使って踊る。
本番でいわゆる「ゾーン」がきて、頭が空っぽになることもあるかもしれないけど、
それはお稽古で頭をフルに使って体もフルに使ってきた結果、
頭が空っぽでも踊れるのであって、
頭使ってなければ、踊りから物語は流れてきません。
物語は、計算された動きから流れてくる。
計算された動きをするために、長年かけてバレエの基礎が作られ、
自分自身もそのトレーニングをするのです。
そのトレーニングも、頭を使わなければできない。
それは、日々のレッスンで体感しているはず。
きっと、フィギュアスケートも同じだと思います。

その頭脳を使って、コンクールを、先生を見極め、
自分の夢までの道のりを計画してほしい。

もしかしたら、自分の計画にそぐわないコンクールに出るよりも、
すばらしいプロの全幕公演を生で1本見た方がよほど価値がある、
ってケースもあるかもしれませんよ?


by atomsalada | 2017-12-03 14:27 | フィギュアスケート