人気ブログランキング |

葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

かなちゃんも、えみちゃんも

オリンピック後に、
あるいは、切ないけれどオリンピック選考に漏れた後に、
というパターンは、わりと耐性ができてる。

けれど…今季は一体134.png

村上佳菜子さん。
全日本の時に、もう決めてたんですね。
でも、もしもの四大陸とワールドに備えてたのかな。
だけどそれも叶わず。
そうこうしていたら真央ちゃんの引退宣言。

そして、4月23日、国別のエキシで引退を発表…
引退は悲しいけれど、こうして仲間に見送られる、
ファンも、これが選手として最後と見送ることができる、
それは幸せなことだと思います。

真央ちゃん、そして大ちゃんのことも、
こんな風に見送りたかったのが正直な思いです。

かなちゃん最後の試合となった、昨年の全日本フリー。
ちょうど、選手が出入りするカーテンの正面あたりの席で見ていました。
カーテンが開くたびに見える、振りをひたすら練習する選手の姿。
よくある光景ではありますが、
リンクを挟んだこちらにまで気迫が伝わってくるような、本気の練習。
かなちゃんでした。
もしかしたらこの全日本で、という覚悟なのかも…と思いましたが、
そのままシーズンを終えていたので、ちょっとホッとしていました。
でも、そうだったんですね。
お疲れさまでした。

かなちゃんは本当に妹気質というかなんというか…
え!あのタラソワ先生に振付けしてもらったのに、難しいからって諦める!?
とか、びっくりさせられることがありましたが…
でも、やっぱりソチ三人娘は素敵でした。
そして、かなちゃんの「踊り心」が大好きでした。

特に好きだったのがコレ。(お借りします)

曲が好きというのもあるけど…
力の漲る感じ、そしてそれを全身を使ってゆっくりと放出する感じ。
ステップの流れ、手の表情。
素敵でした。

ずっと言っていたコーチへの夢もあるだろうけど、
(一度はそちらに傾きかけた心を引き戻したのは真央ちゃんの演技でしたね)
のぶちゃんかなちゃんののぶちゃんの前例もあるし、
コーチしながらショーにもどんどん出てね!
かなちゃんの踊り心を存分に発揮して!
コンテンポラリーな作品見たいなあ。


そして、もう一人、
平井絵己さん。

本当に頑張ったと思う。
殿も号泣してたけど。
すごくすごくスケートが好きだったんだと思う。
オリンピックまで頑張ると思ってたんだけどなあ…。

どうして連盟はもっとバックアップしてあげなかったんだろう…。

えみちゃん、正直にいえば、
「一人で踊っちゃってる…」と思ってました。
でもそれは、シングルで長く頑張ってきたこと、それから、
以前にカップル競技についての考察にも書いたような
フィギュアスケート カップル競技と日本
日本人ならではの習慣のようなものの影響が大きかったのだと思います。

(お借りします)

それもだんだん解消されて、これから106.pngだと思っていたのに。
本当に残念。

これからもスケートに携わっていきたいとのこと。
よかった。
お疲れさまでした。


殿じゃないけど、涙、いくらあっても足りないよ134.png




by atomsalada | 2017-05-09 09:34 | フィギュアスケート