葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

NHK杯 浅田真央選手 SP

うわっ085.gif
と、一人声を上げてしまった、自宅観戦。

アクセルはねえ…残念。
で、それはそれとして。
もう私何かの病気なのか、
ジャッジさんさぁ、もしアクセル成功してたら、
代わりにループ回転不足取ったんじゃないのぉ?
とか思ってしまう。
でもって、
ルッツだってさぁ、
こういうミスを誘うために、
今まで、きれいなルッツにもエラー取ってきたんじゃないのぉ?
とか思ってしまうわけですよ。

はぁ…バンクーバー前からの積み重ねで、
もうすっかり疑い深くなっちゃって。

それでも戻った浅田真央選手には、感服としか言いようがありません。

さて、今日の真央選手。

フィギュアのジャッジ方法はさておき、
どうしても私は『作品』として見てしまう癖があって。
きっと、バレエの影響だと思うのですが。

ジャッジの採点方式とは別のところで…、私の感覚でいうと、
ちょっと点甘い、と思ってしまいました。
細かい高難度高技術の積み重ねがあるからの高得点だとわかってはいるけど、
真央選手自身も「全体を見て」と言っていたので、今回はあえて。

やはりジャンプが2回も崩れると、
作品世界も途切れ途切れになってしまう。
見ている者の動揺を、
強引にその世界に引き戻すほどの圧倒的なパワーもなかった。
例えば、あのイエーテボリ・ワールドのフリーのような。

もしかしたら、私自身が、
「真央ちゃんが戻ってくれただけで嬉しい。
もう真央ちゃんが好きなように滑ってくれたらいい。」
と、どこかで思っているのもあるかもしれないけれど。

それに、やはり彼女は美しい。
だからこそ、求めてしまう。

あ、今回はポニーテールだけど、カールさせてましたね。
前回の束ねましたポニテよりずっと良いけど、
このプログラムなら、夜会巻きはどうかなーって思うんですよねえ。
きっと、真央選手にも衣装にも似合うと思う。

あと、前回気になってた、背中のガバガバ。
うすくゴムを敷いたらどうかなと思ってたのですが、
今回解消されてましたね。
どんな処理をしたのかな?


お借りします


なんだかんだ言っても、
要するに、
浅田真央選手が好きすぎて仕方ないのでした!



[PR]
by atomsalada | 2015-11-28 01:40 | フィギュアスケート | Trackback
トラックバックURL : https://atomsalada.exblog.jp/tb/24994202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]