人気ブログランキング |

葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

JAPAN OPEN 浅田真央選手

行ってきました!ジャパン・オープン!!

いつも、好きな選手は考えすぎて書けずに終わるので、
今回はそんなことにならないよう、真央選手から書く!!
c0324353_20531221.jpg

前日の様子をネットで見て、
指先と腕の動きが美しくなっているのに感激したわけですが…
もうそれだけで、
「心配事は衣装だけ!いや、でも、今回ロシアンじゃないし…」
だったわけです。

その衣装。
蝶々夫人ですからね、多分『ジュピター』ぽい感じ?とは思ってました。
進化版でしたねー!
襟もちゃんと抜いてあり、うなじが綺麗に見えます。
というか、演技面からいうと、
首筋の美しい使い方(これもさらに洗練されてた!)がより綺麗に見えます。
帯に、ちゃんと帯締めまで付いてるんですねえ。
お色がもうちょっと…とは思いましたが、
スモーキーカラーは真央選手には珍しいからそれはそれで楽しみました。
一つだけ残念だったのは、
美しくなった指先が見えにくい〜っ007.gif
袖で見えないの。
もうちょっと短くして、かつ、
和服で袖が捲り上がるのはあまり良いことではないことですし、
輪っかゴムで指にひっかけておくとかすると良いのではないか!
と、勝手に思っています。

さて、肝心の演技。

『蝶々夫人』と聞いてから、
誰にも言えないけど、心の中で思ってたこと。
「蝶々夫人なら、タラソワ先生の振付で見たいよぉ〜…」
さて、その辺り、どうなのかっ!!
どきどきしながらその時を待ちました。

冒頭…まっちー入ってる043.gif?なんてちょっと和む。
そしてついに動き出す真央選手…じゃなくて、蝶々夫人。
そう。
蝶々夫人でした!
真央選手が、演じている!というか、
蝶々夫人になっていた!!わーん!!
そんな真央ちゃんが見られただけで、
行ってよかった!と思えました。
そして、真央ちゃん、休養の『成果』ですね!

それだけではありません。
動きが大きくなって、スケール感がさらに増してるんです!

行けるかどうか微妙だったので、ギリギリに申し込んだため
400レベルのお席だったというのに、
真央選手、本当に大きく見えました!
腕の動きもですが、身体の使い方がさらに大きくなって。

正直、スピンはちょっと遅いかな〜、なんて思ったりもしましたが、
そういうところは、確実に点を取るために、アスリートとして
これから日々詰めていくのでしょう。

その分、体全体の使い方、動きというのは、
シビアな状況な時は、もしかしたら後回しになるのかも…
と、これまで思っていたのです。
が!まあ、もう!素晴らしい!

どうしても自分がやっていたクラシックバレエに置き換えてしまいますが、
稽古場ではちゃんとできてるつもりでも、
舞台サイズになると、全然見栄えがしないってことがあるんですよね。
舞台が稽古場と同じ面積だとしても、そこに客席があるなら、
そのスケールで踊らなければ、そして、
主役なら主役としてのスケールで踊らなければ、
全くもって見栄えしないんです。

真央選手は、あの広いリンクと、あのバカでかい会場を、
数分間、蝶々夫人として支配していました。

それは、決して『復帰戦』という特別な状況だから、というのではなく、
彼女の技術で支配していたのです。素晴らしかった。

フィギュアスケートでは『プログラム』とか『演技』と表現しますが、
この日の真央選手は『作品』として仕上げていました。

…で、懸念していたその振付なのですが。
やっぱり、ごめんなさい!
タラママバージョンの『蝶々夫人』を見たい〜!!

ローリーの振付が悪いと言ってるわけではないのです。
これはこれで、真央選手はしっかり『作品』にしてました。

それに、400レベルから見たのもあって、
リンクの使い方の美しさといったらなかった!!
くるくるとカットが変わるテレビでは分かりづらい点ですが、
あの楕円のリンクを真央選手が動いた軌跡を線にしたら、
美しい絵画になるのではないか、と思うほどでした。

それでも…あくまで私の個人的な思いですが、
蝶々夫人って、まさに真央ちゃんと同じ強さを持ってると思うのです。
この振付は、『待ち続ける大和撫子』…それはそれで美しいけれど。
誰に何を言われても、信念をもって待ち、
結果、相手の裏切りさえ受け入れ、愛する我が子までも託し、
自らは、『名誉をもって』自害する…
そんな蝶々夫人の強さって、真央ちゃんのこれまでの人生そのもの。
そして、こういうのって、タラママ得意だと思うんですよねえ。

ローリーの振付は、真央ちゃんへの愛情に溢れているし、
もちろん、今シーズン存分に楽しませていただきます。

でも…タラソワ版蝶々夫人を演じる浅田真央も見たい!
今の正直な気持ちです。

でもでも!
演技後はもちろん号泣スタオベ(一人観戦だったしちょっと恥ずかしかった)、
さらに言えば、会場で『まーお!!まーお!!』バナーを見た瞬間に
うるっときちゃったんですけどね012.gif


お借りします。


by atomsalada | 2015-10-07 20:42 | フィギュアスケート