葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

羽生選手のバラード、真央さんのバラード、椿姫のバラード

ショパンのバラード1番 Op. 23 。

今季、羽生結弦選手がショートプログラムで使用していた曲。
今年に入ってからのこのプログラムを見ていると、
バレエ『椿姫』ノイマイヤー版が頭に浮かんで仕方なかった。

以前の私にとっては、この曲は、
バレエ『椿姫』のイメージ。

うっとりするような甘さと、その中で現れる激しさと。
そんな曲調が、このシーンと振付にぴったり合っていて、
ノイマイヤーの才能ってどうなってんの!?
と、倒れそうになる。
神様が、あなた絶対振付家になるのよ、と決めた人なんだろうな。



ザハロワの身体を見てると、これまた、
神様が、あなた絶対バレリーナになるのよ!
それ以外になろうとしたって邪魔するわよ!
くらいの勢いで運命を決めた人なんだろうなと思う…。

さて、ノイマイヤーの『椿姫』のイメージだった
このショパンのバラードのイメージを
がらりと変えてくれたのが、
浅田真央さんのエキシビジョン。

タチアナ・タラソワさんの振付で、
バレリーナが一人でレッスンしているイメージ、
と聞いたような気がする。

衣装は2パターンあって、
レオタードに巻きスカートのまさにレッスン着のような白と、
チュチュボンを重ねたような黒。
(椿姫でも黒と白の衣装が印象的に使い分けられるけれど、
 こんな風に黒と白を両立させているのがまた素敵だった。)

全曲ではなく、抜粋して使われているのですが、その構成が、
ウォームアップから始まって、だんだん本気のレッスンになり、
クールダウンを経て、本番舞台へ臨む思いで終わる…
そんなイメージに聞こえてました。

この浅田真央&タチアナ・タラソワ版バラードのイメージが
鮮烈で、印象深かったので、
今シーズンのはじめ、
羽生選手のショートはバラード、しかもジェフリー・バトル振付と聞いて、
『椿姫』タイプではなく、『真央&タラソワ』寄りのバラードを
勝手に想像していました。

あの伝説のニースでのロミオとジュリエット以来、
激しく思いをぶつけるように滑るイメージがあった羽生選手。

最初に見たときは、
それだけではない羽生選手を見せようとする振付なのかな、
バトルさんらしい流麗さ溢れる作品だなというのが個人的な感想。

その後、様々なアクシデントに見舞われた羽生選手。

最終的に、今季初めに勝手に勝手に想像していたバラードではなく、
今季の羽生選手を物語るかのような、激しいバラードになっていて、
そして、無性にノイマイヤーの『椿姫』を見たくなった。

全幕、しかも懐かしのマリシア・ハイデ版も見つけたりして。
これはバレエ映画として撮られたものなのかな?


(バラードは、1:26:30くらいから)

さて、今年に入ってからの
羽生結弦選手版バラード。

入院中に、音楽を繰り返し聴いて、
音と振付を一つ一つ合わせていったのだろうか…
と想像させるような、
緻密な、羽生結弦版バラードだと思いました。
しかもなんかもう動きまくってるし。

これはこれで、素晴らしい!と思うのだけど、
いつか、激しさを封印した、
穏やかな羽生結弦プログラムも見てみたいなと思うのです。

いや、
プログラムだけでなく、
どうぞ穏やかな日々を…
いくらアクシデントがモチベーションになるといっても、
アクシデント多すぎるでしょ…。
神様、よろしくお願いしますよ。



[PR]
by atomsalada | 2015-04-20 11:43 | フィギュアスケート | Trackback(1)
トラックバックURL : https://atomsalada.exblog.jp/tb/23954666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2015-06-08 01:01
タイトル : 哀しくも抒情性に貫かれた人気オペラ
ヴェルディ『椿姫』 Giuseppe Verdi ”La traviata ”  『椿姫』は、19世紀の華やかなパリの裏社交界を舞台に、夜の華として君臨する高級娼婦ヴィオレッタが、真実の愛に目覚め、その純愛ゆえに別離を選ぶ哀しい運命を描いた悲劇です。ヴェルディのオペラ『椿姫』は、幕開け早々に置かれた有名な〈乾杯の歌〉を始め、誰も一度は耳にする名曲が次から次に登場する「オペラ」のジャンルで屈指の人気を誇る傑作です。今回の新国立劇場では、この聴衆の涙を誘うヴェルディの名作オペラをスタイリッシ...... more