葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

ブルーバード

この前の記事、
パトリック・チャン選手の
フリー『四季』について書いてたら、
無性に『眠れる森の美女』の
『ブルーバードのパ・ド・ドゥ』を
観たくなってしまい、動画巡り…!



パトリックさんが『四季』のステップの中でやってるブリゼ。
コーダの最初に男性がディアゴナルでやってますが…
ブルーバードの見所の一つですよねえええええ!!
しんどいだろうなー、と思いながらも、
わくわくするんですよねえええええ016.gif
ヴァリアシオンのアントルシャ・シスもね!

ところで、このブルーバードパ・ド・ドゥ。
特に女性Va.は発表会やコンクールでよーく踊られます。

可愛らしいし、ちびっ子ちゃんにも大人気!

バレエ習ってた頃、私も踊ってみたかった曲だけど…
イヤだ!とも思ってました。

それは何故かというと…
当時の先生がむちゃくちゃだったから!!

青い衣装なのはいい。
けどね、女性は鳥じゃないのよ!
『フロリナ姫』なの!!
髪飾りが羽だったとしても、
それは、鳥だからじゃないの!!
(まあ、青い鳥も、もとは人間の王子様だけど…)

そもそもメーテルリンクの『青い鳥』じゃ
ありませんからっ!!

子どもの頃は、うっかり、そうなの?
と思いかけてたのですが、
そうすると、フロリナ姫の振付けも、
フロリナ『姫』であることも、
どうも腑に落ちなくて、調べたんですよね。

そしたら、やっぱり鳥じゃない!!

あの手の動きは、
塔の中に閉じ込められたフロリナ姫が、
青い鳥に姿を変えられた王子と一緒に歌ってたり、
青い鳥がやってこないかしらと耳を澄ましていたり…
と、ようやく納得できました。

結局、フロリナ姫のVa.を踊ることもなく、
バレエは辞めてしまったけれど、
大人になって、お仕事としてバレエに関わることになって、
リハーサルを見せていただくこともよくあります。

どんな小さな子にも、
そのヴァリアシオンの意味を教え、
考えさせる先生がいらして、
この先生に、小さな頃から
教えてもらえる生徒さんは幸せだなあって思います。

音楽が、メロディとしてリズムとして、何を表現しているか。
振付けは、何を表現しているか。
音楽と振付けが、どうしてこのように組み合わされているのか。

それを考えることは、
まるで謎解きのようなとても楽しい作業だし、
それが自分の身体で表現できた時の喜びはこのうえないもの。

バレエのテクニックだけでなく、
そういう楽しさ、喜びをも教えてくれる先生に、
もしバレエを習い始めた3歳に戻れるなら、
最初からそういう先生に習ってみたかったなあ。

音楽とか、解釈とか、
うわあ!そう!そういうの聞きたかった!!
って指導を私が初めて受けたのは、
もう高校生くらいになってからだったもんなあ…。





[PR]
by atomsalada | 2014-06-05 02:32 | バレエ | Trackback(1)
トラックバックURL : https://atomsalada.exblog.jp/tb/22199200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2014-11-18 04:17
タイトル : グランドバレエの最高傑作の魅力あふれる舞台
バレエ『眠れる森の美女』 Ballet "Sleeping Beauty"  『眠れる森の美女』はチャイコフスキーの三大バレエの中でも最もスケールの大きいグランドバレエの最高傑作と言われる作品です。それだけに、主役のオーロラ姫のテクニックと体力が十分でないと踊りこなせない。ソリストが活躍する小作品が数多くちりばめられているため、魅力的な踊り手の数が少ないとキャスティングできない、など上演の難しい作品でもあります。しかしチャイコフスキーの音楽は、他の三大バレエに勝るとも劣らない優れたメロディ...... more