人気ブログランキング |

葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

大阪エキシ

行ってきました、大阪!

1週間のうちに神戸と大阪だなんて、
ホント、私は大丈夫なのか!?

色々ありましたが、私にとって
今季のフィナーレです。

そして、この大阪エキシでも
いろんな感情がわきおこりましたが、
今回心に残ったのは…
カロリーナ・コストナー選手と
アデリナ・ソトニコワ選手かな?
いや、みんな良かったのですが。特に、ね。

これから仕事だっていうのに、
ソトニコワ選手の『白鳥の湖』が気になって気になって。

事前に、ロシア?かどこかでのショーでの動画を見て、
なんだろう?と考えていたのです。
コレ!



チャイコフスキーの『白鳥の湖』、
アレンジ曲とはいえ、
もとの音が強いアレンジ。
しかも、一番良く知られているパートを使ってる。

なのに、この衣装、この振付け?

バレエをやっていた身としては、どうしても、
チャイコフスキー&プティパの『白鳥の湖』と
関連づけたくなるわけです。

この時点では、
初演時点でバレエ『白鳥の湖』が認められず、
失意のままに亡くなったチャイコフスキー?
と想像したりしていました。

そして、実際に見てみて、
解釈は置いておいて…

アデリナ!すばらしい!!

で、落ちついたところで、
また、解釈を考える…。

彼女は、以前、エキシビションで、
すばらしいクラシックチュチュを着て、
『白鳥の湖』を舞っていた。
黒鳥・オディールのチュチュ。



そして、今回の衣装も黒。

もしかして、

父親・ロットバルトの言うがままに、
白鳥・オデットに似せた姿になり、
ジークフリート王子を誘惑したものの、
だまされたと気づいた王子は、
オデットのもとへ向かい、
永遠の愛を誓う…
(その後ハッピーエンドになるか悲劇に終わるかは版によるけど)

の後の、オディールなのかな…?

現在演じられている『白鳥の湖』のベースとなっている
プティパ版の中に、
その後のオディールは登場しないけれど、
個人的に、オディールのその後は気になっていたから
そう感じるだけかもしれないけれど…。

父親の言うなりに行動したのに、
愛する父親は、オデットに夢中。
しかも、王子の永遠の愛の前に打ち破れる。
王子へのアプローチは、父親のためであり、
王子からの求婚も、騙した結果であったけれど、
それでも、人から愛していると言われるのは、
オディールにとっては心に響く出来事だったかもしれないのに、
やはり、嘘に対する嘘は、嘘に終わり、
結局王子はオデットのもとへ。
そして、オデットへの永遠の愛を誓い、
(生きてか死んでかは別として)二人は結ばれる。

残されたオディールは、どんな気持ちだろう…、
と、白鳥の湖を見るたびに思っていたのです。

そのオディールの姿なのかな…と、
勝手に想像しています。
だったら嬉しいな。

違ったとしても、
アデリナ版『白鳥の湖』素敵でした!!

振付け誰だろう…?

by atomsalada | 2014-04-07 11:27 | フィギュアスケート