葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

チャリティー演技会と浅田真央選手

4月2日、行ってきました神戸。

久々に生で観るフィギュアスケート。
良い時間でした!

今回驚かされたのは、
浅田真央選手の出演。

2011年には、地元でもチャリティーを開催していたので、
いつも意識はあるのだと思います。
エキシビションでも、震災に心を寄せる
『ジュピター』を作っていたし、
THE ICEも、チャリティーの側面を持たせているし、
チャリティ本の出版もありましたね。
海外の記事だったけれど、
震災に関するインタビューでは、
本当に心を寄せていて、何をしたらいいのかと
考えている姿がくっきりと読み取れました。

今季の試合が終わったとはいえ、
身体のケアも必要だろうし、
いろいろとスケジュールも大変だと思うのです。

大阪エキシの出演者に名前がないのは、
チケットを取った身としては残念だけれど…。

でも、そのことも、カッコいい!と思ってしまってます。

さりげない意思表示?
真央選手が何を大切に思っているのか、見えてくるような…。


そして迎えた当日。

何を滑ってくれるのかな?
やっぱり趣旨から言って『ジュピター』かな?
と思いつつ、
織田信成さんが、今季のショートとフリー両方を
本気で(クワド込みで!!)滑ったので、
「じゃあ真央も」とか、負けん気出してたりして、
なーんて想像したり。

でも、やっぱり『ジュピター』でした。
それはそれは美しい『ジュビター』。

ゆったりと進みながら、
ポジションを変えていくスパイラル。
もうそこから涙が…。

美しいだけでも、技術が高いだけでもない。
彼女の心の中に、実際に『チャリティー』の心があるから、
被災された方々、亡くなられた方々への思いがあるから、
こうも心を揺さぶられるのだと思います。

c0324353_01155523.jpg

演技会終了後の募金の列は3時間ほども続いたそうですが、
真央選手ももちろんその場に立ち続けたというのは、
報道にもありました。

都合で、私は列に並ぶことはできなくて、
会場前に設置してあった募金箱へ募金をして会場を後にしたのですが、
並んだ知人によると、
真央ちゃんオトコマエで、選手準備運動のように身体を動かしてた!
とのこと。
そう、真央選手は、オトコマエ。
だけど、身体を動かしてたのは、やっぱり腰にきてたからじゃないかと
勝手に想像してます。
ずっと立ち続けてたんだもの…。

高橋選手も大丈夫だったかな。

二人だけでなく、どの出演者も、座っててもいいのに…
とは、毎回思うこと。
座ってたって、誰も文句は言わないと思うんですけど、
でも、きっとみんなそうはしないんだろうな。

本当に頭が下がります。

皆さんの気持ち、私も見習って、
これからもできることを続けていこうと改めて思いました。


またゆっくり、
みなさんの演技についても書きたいな。

まずは、
出演者、企画者、スタッフ、会場など、関係者のみなさん、
すばらしい会をありがとうございました!

[PR]
by atomsalada | 2014-04-04 01:31 | フィギュアスケート | Trackback
トラックバックURL : https://atomsalada.exblog.jp/tb/21942772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]