葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

町田樹選手

町田樹(倉敷翠松高出)選手がソチへ出発したのですね。
    ↑山陽新聞風
まっちーが、まだティムシェルまっちーじゃない頃から、
もちろん山陽新聞ではよく記事になっていたし、
踊れる人だなー、と注目していました。

でも、怪我があったり、ここ一番ってとこでミスが出たり…
トップグループに入れる実力はあるのになー、と思っていた数年間。

そして2011年のNHK杯@北海道。



ええ〜っ!?そこで!?
なミスはあったものの…
興奮しました!!素晴らしかった!
まっちー、今季こそ来る!と思いました。

そして、このSP、ジャッジ席の向かい側で観戦していたのですが、
もふもふの帽子をかぶったジャッジが、
身体を揺らしながら、楽しそうに見てらしたんです。
それを見て、すっごく嬉しくて。

この時は、オフィシャルホテルに泊まっていて、
そのジャッジさんをロビーで発見!
勇気を出して、身振り手振りとかなり怪しい英語で、
「Tatsuki の演技中、
あなたは(真似して揺れてみました)こんな風にして見てましたよね。
とっても嬉しかった!きっと選手も嬉しいと思います。ありがとう!」
と伝えました。
モフモフさん(勝手に命名)は、
「彼はいいねえ。」みたいな感じで返してくださいました。

そして翌シーズン。
来たっ!と思ったらまさかの…。

そしてそして今シーズン。
スケートアメリカで…

6分間練習で滑るまっちーを見て、
重心が変わった?とちょっとびっくりしました。

昨季まで、ちょっと胸とお尻が出る立ち方だったまっちー。
それが、ずっしりと、おなかの下あたりに重心がきていて、
まったくぶれないんです。

それは良いんだけど、
こんな大切なシーズンに?
重心変えたら、筋肉の場所も変わるし、
ジャンプやら色々影響でるんじゃないの?
大丈夫?間に合ったの?
と、内心どきどきしていました。

そして、ショートが始まります。



会場の大型スクリーンに、
リンクに出て行くまっちーを見つめる
アンソニーコーチが映し出されました。

穏やかな笑顔。
というより、自信たっぷり?
うちの自慢の樹、樹はすごいよ、と言っているよう。

6分間練習の様子と、このコーチの表情で、
まっちー、何かすごいことやるのかな…と、
一層どきどき。でもわくわく。

すごかったです。
途中から涙止まらず。もちろんスタオベ。

フリーも、エキシも、もう泣きっぱなしでした。


フリー後、レストランで食事してたら、
まっちーが!!
優勝して、もっと弾けてるかと思いきや、
すごく落ち着いてて、貴族のようでした。

でも、ずっとフライドポテト食べてたらしい…。
(私の席からは見えなかったけど)

食事もきっちりコントロールしてたのかな。

ソチで最高の演技をして、
また思いっきり揚げ物食べてください。

そして、存分にティムシェってください!

ティムシェルの前にティムシェル無し。
ティムシェルの後にティムシェル無し。
ていうか、誰にもできない。

羽ばたけ!まっちー!!

高橋大輔選手&町田樹選手、
オリンピック&ワールドおめでとうパレード、
期待してますっ!!


[PR]
by atomsalada | 2014-02-02 15:47 | フィギュアスケート | Trackback
トラックバックURL : https://atomsalada.exblog.jp/tb/21594360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]