葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

ヴォロソジャル&トランコフ組

この二人にはいつも圧倒されます。

今季は、まず、スケートアメリカ。

失敗なんてしそうにないほどの安定感。
安定感がありながら、スリリング。
これほど見てて楽しいものはありません。

二人ともキャリアは長いけれど、
組んだのは2010-2011シーズンから。
とてもそうは思えない、運命のペアという感じがします。



そういえば、公式練習を見に行くバスが、
会場近辺で行われていたマラソンのため動けず、
ようやく到着した時には、この『仮面舞踏会』が流れていました。
すると、女性グループが、
「ああっ!真央ちゃんやってる!!!」と慌てて駆け出し…
「あ、違うわよね」と…。
何シーズン前だ!?と思いましたが、
それくらい、浅田真央選手の『仮面舞踏会』は印象的だし、
真央ちゃんが愛され続けているってことですね。

さて、次に観たのはNHK杯。
やっぱり素晴らしかった!
鳥肌もの。スタオベ&号泣でした。



でも、優勝インタビューだったかで、
「良くできた。けれど、修正してさらに良い演技を〜」
みたいなことを言ってたんですよね。

この、スケアメとNHK杯を比べたって、どっちも素晴らしい。
何を修正したの?何を修正するの?と思ってしまいます。

が、二人には、もっとできる、もっと素晴らしいものを、
という気持ちが常にあるんですよね。
アスリート、アーティストなら当然なのでしょうけれど。

二人にしかわからないような小さな小さな瑕疵すら許せないのでしょう。
かっこいいなあ、と思いました。

そして迎えたグランプリファイナル。
残念ながら、ミスが出て、2位となった二人。

優勝したサフチェンコ・ゾルコヴィ組すてきでした!
特にフリーの『くるみ割り人形』!

結果が出たとき、
「これぞスポーツ!」と思いました。
全選手が、全力で競い合い、ミスをした者が負ける。
これまでの成績やら印象なんて関係ない。この試合が全て。

そして、表彰式が終わった時、リンクサイドから
「ぽーん」という音が…
トランコフ選手が、ゾルコヴィ選手の背中だったか肩だったかを、
「やったな、おめでとう」って感じで軽くたたいてたのです。

そのシーンにまた涙…。
やっぱり「これぞスポーツ!」です。
かっこいい!!

どうか、ソチでも、全ての試合において、
こんな納得の『スポーツ』の試合が行われますように。

もちろん、今度は二人がノーミスで最高の演技ができますように!
もちろん、誰もがノーミスで最高の演技ができますように!

…そして。私の密かな願い。

この『仮面舞踏会』、冒頭ヴォロソジャルが見つめているブレスレット、
最後は、トランコフが手にして、ヴォロソジャルに差し出します。
ストーリー的には、回り回って、
このブレスレットが浮気の証拠だということにされて、
結果、無実のニーナが毒殺されるという、
悲劇のきっかけになるわけですが…。

でも、偉大な二人が
ハッピーエンドに変えてもいいんじゃないですかね。
ソチオリンピックでは、ここで、
トランコフが、プロポーズの指輪を差し出す…って。
そうなって欲しい、っていう、私の勝手な夢です。

そしたらまた号泣だろうな。
ああ、ソチ行きたい。



*追記*
団体戦で、このフィニッシュが変わってました!!
ちょっとどうして!?
ここからストーリーが大きく進んで行くのよお〜!
とびっくりしたのですが。
(私の夢もかなわないじゃん!!)

なにやら、ISUから、
衣装の一部を取り外すのは-1の減点対象になると警告受けたとか?

今更〜!?
ファイナルまでOKで、今?

二人の作品、ここからこのブレスレットが巻き起こす物語…
台無しじゃない!!

採点に芸術性が入る競技なんでしょ?
今更こんなこと言わないでよ!
言うなら初戦で言って!
まったくもう!!!!!!

[PR]
by atomsalada | 2014-01-30 06:26 | フィギュアスケート | Trackback
トラックバックURL : https://atomsalada.exblog.jp/tb/21575046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]