葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

グランプリファイナル 男子SP 地上波

地上波を見るよー。見ながら書くよー。
結果はもう知ってるけどねー。

キーガン・メッシング 選手
風邪をひいてしんどいので、寝転んでテレビを見上げながら見てるのですが、
ちょっと!!キーガンのスケーティングスキルがよりクリアにわかるのはなぜ!?
ただ滑ってるだけに見えるところも、実は音に合わせてちょっとリズム変えたりして。
すてきだわあああああああああ。
それにしてもあの大イーグル小イーグル小イーグル、っていうかなんていうのかだけど、
あれどうなってんのー!何回見ても気持ちいい!!

ところで殿の解説がタケシ先輩に似てきたんだけどどうして?

チャ・ジュンファン 選手
何回見ても何を演じてるのかが…?
プロコフィエフのシンデレラから、ワルツと時の音楽を使ってるんだけど…
時かなあ?
まっちー先生の解説聞きたいわー。もしかしてシンフォニックスケートなのか?

ミハル・ブレジナ 選手
以前から、大きな手の動きが好きだったのだけど、
いやー、足の動きが大きく、ダイナミックで、もーかっこいいなあ!!
ん?ロンリーキスクラ?そっか。次ネイサンか。
たとえロンリーキスクラになっても、ラファは本当にいいコーチだよねえ。
この年齢でこんなに伸びるんだよ?本人の努力やパワーもあるだろうけど、
ラファが後押ししてるからこそだよね。アダムもそうだったんだよね。

ネイサン・チェン 選手
ミスはあったけど。この人世界屈指の大学行ってるんですよね?
そしてロンリーキスクラどころかロンリー練習なんですよね?
で、こんなに滑れてこんなに踊れるんですよ?
動きまくりオフバランス取りまくり曲線描きまくり関節回しまくり。
そういえば、今年のメダルウィナーズガラ!
おお!ってところで拍手したいのに、もう途切れ目なくすんごいスピードで
次々技を繰り出すものだから、拍手するヒマがなかったんだよなあ。
なんなのこの人は!!

セルゲイ・ボロノフ 選手
ラフマニノフはいいなあ。そしてこのショートはボロノフ自身が振付かー。
Wセルゲイ!!
で、フリーはデニス振付なんだよね…ああ。
年齢のこともだけどさ、選曲、振付、振付師のチョイス…セルフプロデュースっていうか、
スケートを楽しんでるんだよね!!って感じがすっっごくいいな。
そしてラファについてたこともあったよねえ。

宇野昌磨 選手
うーん。そうかあああああ。
いや、しょーまはすごいよ。
ショーに試合に、呼ばれたら全部出るって感じだもん。
呼ばれてないけど行こうとした西日本選手権は諦めてたけど105.png
それはともかくね、しょーまだって年は取るんだから、
そろそろ少しコントロールしてもいいんじゃないかと思ったりも…
でもそうはしないんだろうな。やれるだけやるんだろうな。
それを当然として。そして「3枠取れた?」だもん。



[PR]
# by atomsalada | 2018-12-07 20:49 | フィギュアスケート | Trackback

グランプリシリーズフランス杯 男女フリー

録画しておいた放送を見ながら。
ストリーミングも見たけど、半分寝てた103.png

なんども言うけど、デカくんの地元だっていうのに、
ショートの放送なかったんですけどっ108.png

で、放送はデカくんから。
解説は佐野さんか〜。

でさあ、なんで男子なのに
「紀平梨花ファイナルへ」とかサイドテロップ出てるの?
そもそも、SPのトップは三原舞依選手ですよね?

男子フリー

田中刑事選手
ジャンプもだけど、全体にまだ磨かれてない感が。
せっかくのカッコいい手。
ただ動かすだけでなく止めるべきところは止めるとか。
でも、キツいんだろうな。

ネイサン・チェン選手
うわあ。すごいなあ。
クラシックのメソッドが身体の芯にあって、かつコンテンポラリーな動きもできる。
SPとは違って観客を巻き込めるような曲じゃないのに、飽きさせない。
しかも、超一流大学に通いながらでしょ?化け物なの?

アレクサンドル・サマリン選手
この立体感のない衣装は一体…この方が動きやすいんだろうけど、うーん。
前半のミスもあったけど、それでも、曲変わりのタイミングで気持ちを切り替えて
表情も切り替えて欲しかったなあ。
そして、映画は大ヒット、あちこちのショーでも使われてる(デニス…145.png
THE GREATEST SHOWMANだけに、印象的なあのポーズはバシッと決めて欲しかった。

ジェイソン・ブラウン選手
腕も腰もカーブを描いて、もちろん滑りもきれいなカーブ、美しかった!
正直言えば、滑るの楽しい!幸せ!!って感じのジェイソンを見たいけど、
今はそこはぐっと抑えて、上を追い求める時期なのかな…
そのためにオーサーのところに行ったんだし。
今日はちょっとナーバスになってた感じだけど、
昨日はスムーズにジャンプに入ってたから、きっともう一息!
次のオリンピックまでに矯正完了すればいいんだから、
ジェイソンらしくクネりながらやってほしな。キスクラもクネって〜!
それにしても、あのキスクラ。ジェイソン満足してたみたいだけど、
モロゾフだったら「バカかお前は!」って言われるんじゃ?
誰かさんに言ったみたいに104.png


で、まあそりゃ生放送じゃないから、この時代、結果は知ってますよ。
だけどさ、男子の間ずーっと「このあと紀平梨花」だのなんだのテロップ出して、
バックステージこそこそレポート入れて。
こういうのほんとやめてほしい。

女子フリー

ブレィディ・テネル選手
大好きなプロコフィエフのロミオとジュリエットだー!
と思ったら、途中から映画版にチェンジ。それはそれでいいけど、
だったら最初のテロップ「バレエ音楽」って入れない方がいいんじゃないの?
衣装も背中のデザインはクラシカルで正面はモダンなのね。
曲と同じで色々ミックスされてる感じがおもしろい。

マリア・ソツコワ選手
すっかり大人になって、冒頭のおしゃれな振り付けがサマになってる。
後半ちょっと疲れたかな。

本田真凛選手
それにしても豪華な衣装だわあああ177.png
そしてその衣装に負けることのない華を持ってる。
でもだからってアップからの変なカメラワークは要らないな。
新生真凛ちゃんの滑りを堪能したいのよ。
ミスはあっても、全てを変えている最中!
本人もそれを理解してるんだろうな。賢い女の子といいコーチ。
がんばれ真凛ちゃん!
そういえば、末っ子さきちゃんも今季中国系プログラムだったっけ。

三原舞依選手
スピンやステップで腰を落とす動きがあって、これがすごく速い!しかも深い!
すごく練習してるんだろうなと言うのがそこかしこから伝わってくる。
勿体無いと思うのは腕の動き。
腕を含め、上体の動きがもう少し洗練されたら、さらに素敵だと思う。
足元の動きはすばらしいのだもの!!
クラシックバレエのレッスンが効果的だとは思うけど、
そして、ダンスクラシックのメソッドも、このプログラムも、
彼女の個性・存在感にとても合っているとは思うけど…
もしかして、逆に全く違う強いプログラムをやってみるのはどうかとも思う。
彼女の憧れである、真央ちゃんの「鐘」のような。
意外に合うと思うんだけどな。

紀平梨花選手
本当にすごい身体能力を持ってる、そして動きもキレイ。
ただ、ずっと真央ちゃんを応援してきた身としては…
あの3A、真央ちゃんだったら沈み込みすぎとか言われて、
がっつりマイナスされてたよね…
もちろんこれは、梨花ちゃんの問題ではなくて、ジャッジの問題ですよ108.png

エフゲニア・メドベージェワ選手
キツいだろうな。ありとあらゆる方面で。
最初のポーズをとりながら、不安が身体中から滲み出てるようだった。
ロシアから離れ、コーチを変え、そこまでは強い気持ちを持ててたと思う。
だけど、滑りを変えて安定せず、思うように動けず、点も出ず。
会場からがんばれって拍手や手拍子が出ても、
彼女にはまるで届いていないかのような、孤独な空気に包まれてた。
そういえば、彼女がカナダに到着した時、ジェイソンが迎えにきてくれたとか。
今の彼女を救ってくれるのは、ジェイソンのようなあたたかさなのかも。
本当はジェイソンだけじゃないけどね。
強くあろうと頑張ってるあなたに、拍手を送ってるファンはたくさんいるよ!!


そして、エキシでは…
涙なしには見られない。



NHK杯では何もしなかったの?
ワールドではもちろん、追悼しますよね?
デニス、日本のことも日本のファンも日本人選手も大切にしてくれてたよ。
そして、フィギュアスケート界に大きな功績を残したよ。
ワールドに出る選手はみんな、デニスにそこにいてほしい、
って願ってるはずだよ。





[PR]
# by atomsalada | 2018-11-26 16:52 | Trackback

グランプリシリーズフランス杯 男子ショート

あのさー。
田中刑事選手の地元なんですよ。
で、刑事くんの誕生日だったわけですよ。
それなのに、ショートの放送がないって、どういうことなんですか?
瀬戸内海放送さん?理由を述べていただきたいわ。

仕方ないからストリーミングで見ましたよ。
まあ、あのうるっさい実況がないから見やすいけども。
だけどさー。地元よ?

フランス語の後に続く
「ジャーッジナンバー…」のアナウンスが歌ってるみたいでかわいいわ。

ナドー選手
見逃した…

ポンサール選手
白人系は、こういう普通のシャツ&パンツ衣装でも決まりますねえ。
そりゃもともと彼らのためのデザインなんだから当たり前といえばそうなんですけど、
ちょっと悔しいわあ

ケヴィン・エイモズ選手
ケヴィン・レイノルズに聞こえて困った105.png
で、フランス人選手はシゼロンファッションにって法律でもできたのか?
いや、でも憧れるよねっ!
そして、色々おもしろ動きがあるんだけど、特に謎の鬼の角ポーズ…
リプレイに入るってことはカメラさんもスイッチャーさんも気になったんですねー106.png

デカくん
原因は、髪を染め直さなかったことだと思うの。
大輔先輩をごらんなさいよ。
それにしてもイケメンになりすぎ。髪は染めなおそう、だけども。

サモヒン選手
腰のひらひらがいいわー。
ちょっとバタバタしてる感だけど、腰のひらひらで中和されるといいますか。

アリエフ選手
個人的に、アリエフ選手には豪華衣装を着てほしい派。

デニス・ヴァシリエフス選手
衣装だけでなく内面もカラフルになった感じ。
いい選手、いいコーチだ!!

サマリン選手
うおおおおおお。
そしてどうしてもいつか「君はともだち」滑ってほしいのよ。

ネイサン・チェン選手
このお方、ワールド・チャンピオンなわけ!放送しないとかありえないわ。
こんなに動けて踊れる人がこの曲はずるいぞっ!
のらないわけがない!!
今日は幾分身体が重そうだったけど、それでものせますね。
で、失敗ジャンプはがっつりマイナス。それが普通でしょ。
でもあんな大学がっつり行ってて、一人で練習しててここまで仕上げるってすごい!
美しかったし気持ちよかった!

ジェイソン・ブラウン選手
ジャンプに飛距離が出始めた。
めっちゃ集中してる!これぞ試合!!って感じ!!
ん?あれ?キスクラでクネってない。
それはちょっと残念だわ…

ボーヤン・ジン選手
真面目に名前を書こう。せっかく変な日本語読みで呼ばれない放送だったのだから。
いや、もっと早くビザ出してあげてよ。
気持ち的にも時差的にも随分違ってくると思うよ。
まあ、エアギター見られたからよし。

そんなわけで、今日は素敵ジェイソンだな!やっぱり!!


女子は寝てしまった。

まりんちゃんとりかちゃんの時だけハッと起きた!がぼんやりしてた105.png
りかちゃん、ちょっとジャンプが低かったような。
そして曲調と滑りがちょっと合ってないような。
まあ、ぼんやりしてたからなんともですが。
まりんちゃんはね。本当に頑張ってると思う。
そして、スケートが楽しくなってると思う。
ラファ、本当にいいコーチだなあ。

そして、まいちゃんのときには爆睡してたってどういうことよ私。

またゆっくり見よう。


[PR]
# by atomsalada | 2018-11-24 20:22 | フィギュアスケート | Trackback

今更スケートカナダ 男女ショートプログラム

やばい!!
HDD空けなくては!!
慌てて見ながらせっかくだから書いておこう。

男子SP

ジュンファン選手
最初のポーズが、バレエ曲使ってますって感じですねー。

友野一希選手
ちょっとバランスが前に傾いてる?
ステップでの上半身の使い方がミーシャ!!
目で見たものを自分の体にコピーできるって、
パフォーマンスアーツにおいてはとても重要な才能。
ナイス!

キーガン・メッシング選手
なんと可愛い曲を使うのか。
そしてこのイーグルはいったいどうなってるのか!?
股関節のやわらかさ、そして、固定するときにはカチッと固定できる筋力。
すてき!

ジェイソン・ブラウン選手
今季は音のアクセントをうまく印象付ける振り付けが多いな。大ちゃんも。
ジェイソンのこのショートはそういう音合わせがかなり多かった。
その分そのアクセントとアクセントの間もきっちり動きを納めていかないといけないわけで…
細かい動きがうまいジェイソンとはいえ、大変だと思う。
ぬめぬめ感とシャープさを共存させられるのもすごいわー。
大好き!

宇野昌磨選手
ああもう実況がうるさいわ。
冒頭抑え気味の曲調に合わせた演技をしてるのに、そういうの無視して
ジャンプで「決めてスタートしました!」とかはりきり実況しちゃうもんだから、
その後曲が強くなって滑りも強くしていくのに、
このアナウンサーの強い語調が頭に残って、そういうところがかき消されてしまう。
本当に邪魔。演技に合わせた実況ができないなら黙ってて欲しい。
これ、スポーツだけどアート面も大きいのだから、
アートがわからないなら、わかろうともしないなら、演技中は黙ってて。
せめて演技後の振返りまで黙ってて。
ああああああ。イエテボリ真央ちゃんを思い出させる転倒…

アレクサンドル・サマリン選手
むしろあなたが「君はともだち」滑ってもいいんじゃないか!?
ウッディに似てる気がするんだけど…106.png


女子SP

松田悠良選手
ゆらちゃんもう二十歳か〜。美人さんだなあ。
そして、ジャンプが低い?のは怪我のせいなのかな。
しっかり治してね。

山下真瑚選手
なめらかだけどパワーがある、この感じ…高橋成美ちゃんを思い出す!
パワフルなんだけど上品な感じがいいな。

エリザベータ・タクタミシェワ選手
きた!3A!!
動きにくいだろうに身体を隠すためなのか空気をはらむような衣装着てたリーザさまが、
露出度大きめ衣装にチェンジ!
そして大技決めてくる!
あ、今まで失敗したの?あれ、全部衣装のせいだから。
と言わんばかりだわあ。

エリザベート・トゥルシンバエワ
エテリコーチに戻ったの?
体型変化関係なしって感じだからそれもありなのかなあ。
ちょっと粗いなあ。

エフゲニア・メドベーデワ
新しい曲調、お芝居なし。トライしてるなって感じ。がんばれ!
スピンはさすがとは思うけど、ただ滑る時に上体が揺れてしまうのが気になるなあ。
深く沈み込み手を振り回して跳ぶジャンプのクセも変わらず。
でも、それも変えようとしての、今、だもんね。
すぐにはできないこと。それなのにやろうとしてる心意気がまず素敵だもの。
がんばって!!

樋口新葉選手
おお!いいプログラムだなあ。
これは磨き上げたら彼女の代表作になりそう!
観客も笑顔になってて、いいわあ。
衣装も振り付けも、現役日本人選手では彼女ならでは!って思わせるもの。
ヘアスタイルはもうちょっと考えてもいいような気がするけどなあ。


今回のお気に入りはコレかなー。
婚約パワーなのかしらねえ162.png




[PR]
# by atomsalada | 2018-11-22 17:29 | フィギュアスケート | Trackback

GP フィンランド 女子・男子フリー

HDD空けなきゃ、って、録画見ながら書いてたのに
また途中で放置してた…最後まで見るぞ!

女子

本郷理華 選手
すてきなお衣装!
でも、動きが重いというか、何かをかばいながら動いてる感じ。
素敵な振付だから、全日本までにブラッシュアップしてほしいな。

坂本花織 選手
海を思わせるダイナミックでスムーズな滑り。
本当に気持ちがいい。
あとは手を…手の動きを…
ユニークな腕の振付がたくさん入っているだけに、もったいない。
その振付を印象付けられるように、ダンスのレッスン加えてほしいなあ。
まさかのジャッジ席真ん前でキャッチフットが!?
でもそういうところがまたいいわーと思わせるのがかおちゃんのすごさか?



スタニスラワ・コンスタンティノワ 選手
おお、これまたすてき衣装!
ジャンプ、跳ぶぞ跳ぶぞが結構あって、そこから、ん?跳ばないの?
と思ったら、いきなりぽんっと跳ぶのね…なにこのフェイントジャンプ。
不思議だわ…。
ちょっとワルツがワルツに感じられないのが残念。

アリーナ・ザギトワ 選手
ああああなんて不安そうな顔。どうしたの。
まだ16歳なんだよねえ。そりゃそうだよ。
でも、体型変化は終わったっぽいから、
あとはこの新しい身体で磨いていくだけだよね。

白岩優奈 選手
かわいいねえ。そして豪華なお衣装!
だが。なぜこの衣装でこの曲なのかがよくわからなかった…。
もうクワドまで跳ぶ女子がそこまで来ている今、
突出した何かがないと世界レベルにはいられなくなってくるように思う。
彼女もその辺り理解してクワドも3Aも取り組んでいるようだけど…
このジャンプの高さで大丈夫なのかな?
むしろ、こんなおもしろい曲構成にトライできることを強みとして、
白岩優奈の世界を作っていったらどうかなあ。

ルナ・ヘンドリックス 選手
ちょっと真央ちゃんの「素敵なあなた」を思わせるお衣装。
すごく大きく見えるけど、バイオ見ると160cm!?
手足が長い、顔が小さいとか、大きく見える要因も持ってるのだろうけど、
大きくはつらつと動いてるからなんだろうな。
お兄ちゃん元気?


男子

田中刑事 選手
ジャンプどうした…
そして全体に雑というか神経が行き届いてないというか。
いや、シーズン前半だしね。でも、うーん。
うわあ、目も合わさないキスクラ…。

チャ・ジュンファン 選手
ちょっとモーションに幼さがあるから、
それがロミオっぽいとも感じられて、うまい選曲にも思える。
ロミオ、16,7歳くらいだもんね。
気になるのは、ジャンプ前の沈み込みが結構激しい割に高さが出てないこと。
あとあとこの癖に困らないかなと思うんだけど、
ISU様の判断基準はコロッコロ変わるからいいのかな。やれやれ。

ボーヤン・ジン 選手
ビヨヨ〜ンって跳ぶよね。気持ちいい通り越して、もう笑っちゃう。
と思ってたらミスが続いちゃった。
転倒で身体痛めちゃったかな?と思うくらい、
途中から足元が定まらない感じになってしまって見てて辛かった。
平昌でアホな騒ぎに巻き込まれて本当にきのどくだったボーヤン。
でもスケオタはわかってるよ!!応援してるよ!!!

羽生結弦 選手
途中挟み込まれた衣装エピソード
(いや、こういうのいらないけど。その分ペアとかダンスとかさ!!)の時、
えっらい猫背で首が前に出てしまってるのが気になったんだけど…
演技始まったらそうでもないかな。でも、身体のバランス崩れちゃうんじゃ。
とりあえずカメラが動きすぎて酔った。

ミハル・ブレジナ 選手
その衣装は軽そうだけど風をはらんで動きにくくはならないのかな。
それにしても、こういうシンプルな衣装がこれだけカッコよく映えるって。
速いパートゆっくりパート、どちらもしっかりみせてくれて、おおおう!
でも上半身あまり動かさず、エッジだけでまるーく滑ってるところが、
なによりどこよりジャンプより、気持ち良かった!!


とりあえずわかんなくなるから、ショートの後の日付に入れておこう…
本当はもう12月だよー。早いなあ。

[PR]
# by atomsalada | 2018-11-09 13:38 | フィギュアスケート | Trackback