葉っぱのように

atomsalada.exblog.jp
ブログトップ

オリンピック2018 女子シングル・ショート

月曜日に、仕事先で咳をしてるのにマスクしてない人がいて、
やばっ!すぐうがいしなきゃ!
(私は仕事の内容的にマスクができない)
ですが間に合わなかったらしく…昨夜からぼろぼろ。

まあ、録画してるし、体調良くなったら見よう!!と思って
病院へ行って、帰ってきたら…
動いてないーっっっっっっ!ショックすぎる。

というわけで、
ザギトワからしか見られなかった145.png
団体の時に続き、なんだか女子ショートに不運が重なるっ!

またそのうち動画か何かで見るとして、
生で見たところだけ覚えとして感想。

アリーナ・ザギトワ
ドンキは、団体の時も書いたけど、
オリンピック団体戦 決勝 女子シングル
まあ、キトリはやんちゃ娘だし、
とにかくばんばんテクニックを入れて動きまくる、
でいいとは思うんですよ。
が、これは「ブラックスワン」ですよね。
「白鳥の湖」がベースにある。
まあ、映画の主役も、バレエやったことない人だったし、
彼女を表現してるのなら、これでいいのかも。
けど、脚本としての「ブラックスワン」だとしたら、
全くもって納得できない演技でした。
そもそも、詰め込みすぎて、脚が伸びない。
伸びきる前に次の動作に移ってしまって、ただただバタバタしてる。
これでは白鳥でも黒鳥でもなく、運動会状態。
バレリーナを演じるのなら、あるいは
バレリーナが演じる白鳥or黒鳥を演じるのなら、
一つ一つのポーズはきちんと決めて欲しい。
ロシアの選手は、ダンスクラシックのメソッドを
レッスンに取り入れていると聞くけれど、
この作品を見る限りは「なんちゃってバレエ」だった。
それでもあの点か…

カロリーナ・コストナー
ザギちゃんの後で見ると、美しさが際立つ。
きっちり伸ばされた脚。きちんとポーズを決めてから次の動作へ移る。
ゆったりした動きの中に、速い動きがアクセントになっている。
振付のせいもあるかもしれないけど、
「作品」を作り上げる力は格上だと実感させられる。
ただ、構成としては…
個人的には、フィギュアスケートは、
オリンピック種目である以上、スポーツなのだから、
より高度なテクニックを実行できる者が上なのだと思っている。
しかしながら、「芸術性」も評価される。
となると…高度なテクニックを美しくこなしていた
浅田真央選手は、一体どうしてあんな評価だったのかと、
しつこいようだけれど謎に思う。というか、腹が立つ!!!

マリア・ソツコワ
可愛らしくて好きだし、
今回のロシア3人娘の中では、
ザギちゃんで書いた、「ダンスクラシック」が一番表現されてると思う。
しかも、「白鳥の湖」のワルツ。
が!!全然ワルツにならなかったのが残念。
やっぱり、スケートではワルツステップ踏めるわけではないし、
ワルツをワルツらしく見せるのは難しいのかな。
それにしても、やっぱりこのメンバーとこの採点で最終滑走って
相当キツいだろうな。

それにしてもコストナーさんのお衣装がいつもながら美しい。
だけど、スカートがウエストのくびれあたりからついているので、
ちょっとめくり上がった時に品が損なわれる気がする。
例えば、バレエのロマンティックチュチュだと、回転などの時
めくり上がらないようにチュールを工夫したものもあるんだけど、
こういった衣装では難しいのかなあ。

そしてやっぱりザキちゃんのタイツが好みじゃないんだよなー。
まあ、それでも決して脚が短くなんて見えないのは、
ザキちゃんどんだけ脚長いの!!なのですが。

ああ。ザギちゃんってこれからどう育てていくつもりなんだろう。
エテリコーチって、とにかく若い時に最高難度のテクニックを駆使して
タイトル取らせる戦法をとってるわけですが…
ザギちゃんにしてもメドベーデワにしても、
丁寧にやっていけば、体型変化後もテクニック維持できるんじゃないの?
と思うんだけどなあ。


[PR]
# by atomsalada | 2018-02-20 19:51 | フィギュアスケート | Trackback

オリンピック2018 アイスダンス フリー

1 LAURIAULT M / LE GAC R
女性のポーズがカチッと決まって美しい。
男性のホールドがうまいからというのもあるんだろうな。
そして、ハッとさせる瞬間がたくさんある振付。
男性が、女性の脇でなく肩に手を置いてるシーンが多いのは
身長とか手の長さとかの関係なのかな?

2 MYSLIVECKOVA Lucie / CSOLLEY Lukas
女性の肩のテーピングが痛々しい。
リフトの時に一瞬止まっちゃうのはそのせいかなあ。
それにしてもおお!な衣装。
男性はおリボンタイだし、女性はバックシームの網タイツで足首にリボン。
で、髪がほどけやしないかとヒヤヒヤした。
こんなふうに!?
3 LORENZ Kavita / POLIZOAKIS Joti
美しい衣装。
映画は見ていないけど、物語が伝わってくる振付とパフォーマンス。
うっとり。
ロミジュリのバルコニーパ・ド・ドゥを見てるようだったな。

4 MIN Yura / GAMELIN Alexander
これが歌詞が問題になってたものかな…
本人たちの意図するところではなかったかもしれないから、それは置いておいて。
リフトやスピンは美しかったけど、
手を取り合うところがスムーズでなかったのがちょっと残念かな。

5 AGAFONOVA Alisa / UCAR Alper
おお。わかりやすいお衣装。そしてメイク。
あのゆっくりしたスピンで、身体を水平に保つ女性の筋肉すごい!
 
6 GUIGNARD Charlene / FABBRI Marco
あまり身長差がないカップル。
だからこそ大変な動きもあるんだろうな。
曲が終わる前に女性がガッツポーズ!には似合わないお衣装が素敵106.png
こういうお衣装は、ベージュタイツに白シューズがいいね。

7 KALISZEK Natalia / SPODYRIEV Maksym
女性は可憐、そして男性が顔だけでなく動きも表情豊か!!しかも粋!
男性の脇に空間があり、肘が落ちないのがまたいい。
どうしても男性に目が行ってしまう。
それがいいかどうかは別として。(ルグリなら違うって言うかも)
一つ気になるのは、二人が、特に男性が、
ジャッジ席にアピールするのはいいけど、
あまり目を合わせないこと。
カップル競技としてはちょっと冷めてしまうかも。

8 MURAMOTO Kana / REED Chris
解説がいきなり静かになるからびっくりした…見惚れたか!!
とにかくクリスの上達ぶりに驚く!
慌てないし、とてもソフトになったし。
もう「弟」を完全に卒業して、
「女性をリードする」男性になったんだなーと思う。
昨日のキャシーのインスタには泣いた…
キャシーがいて、さつきちゃんがいて、
それぞれの歴史があって、だからこその今ですよね!

9 ZAGORSKI T / GUERREIRO J
すてき。すてきなんだけど、
ちょっと、この曲のわりにはバタバタして見えた。

10 HURTADO Sara / KHALIAVIN Kirill
おお!まさにドンキ!!
バジルって、王子様じゃないのよね。
キトリのこと大好きだけど、他の女の子にもちょっかい出す調子ぶっこき男子。
キトリもお姫様でなく(ドンキホーテ爺さんの中では姫だけど)、
そんなバジルに、ふざけんなよ!!とぶちかますイケてる女子。
そんな感じがよく出ててよかった!
アンナちゃんに匹敵する素敵スカートもよかった!

11 GILLES Piper / POIRIER Paul
もうほんとにこの二人大好き!!
このプログラム大好き!!映画から出てきたよ!って感じだよ!!
なんなら映画より美男美女だよ!!
なのに、最後車運転するのがかわいくて好きなんだけど、
解説も爆笑してて104.png
そして、フィニッシュの後!よかった!
最後まで演じてるなーと思ったら!!
キスクラもまさにキスキスキス!!
ああもう大好き!ツイズルの入りもすごっ!!

12 COOMES Penny / BUCKLAND Nicholas
すごく難しいことをしてるんだろうということはわかるんだけど、
動きが洗練されていない印象。
それは、私がちょうちょが苦手で、このお衣装が怖いからかもしれないけど。

13 WEAVER Kaitlyn / POJE Andrew
美しい二人の、物語性豊かなパフォーマンス。
大好きな二人だけど、ちょっと雑かなー。
でも、パイパー・ポール組より上か。

14 CHOCK Madison / BATES Evan
えええええええええええええええええ
フィニッシュ後指輪渡しちゃいなよベイツ!
なんて思ってたのに、それどころじゃ…
でも、転倒後、チョックさんやわらかくなって、それはそれで
曲に沿っててすてきだったよ…なんて言うと失礼かなあ。

15 BOBROVA Ekaterina / SOLOVIEV Dmitri
ユニークな作品。
こんな表現もあるんだな。

16 CAPPELLINI Anna / LANOTTE Luca
いいプログラム。すてきな二人。
あれ?アンナちゃん、氷にキスした。
もしかして、これが最後のオリンピックなのかな…

17 SHIBUTANI Maia / SHIBUTANI Alex
素晴らしい!ブラボー!!
もうそれしかない!!
わあ、コーチもぴょんぴょんしてる!!
ああ本当に素晴らしい!途中から涙が止まらなかった。
二人も途中から喜びを隠せない感じでしたね。
素晴らしい。
もちろん、メダルが伴うのが一番だけど、
この演技がこの舞台でできたことだけでも、充分に
「おめでとう」だと思う!!

18 PAPADAKIS G / CIZERON G
美しい。最初の静けさ。そして物語が進んでゆく。
明確な物語はないのに、物語が広がる。
とにかく美しい。
で、シゼロンはどうしてもそのような衣装を着たいわけですね。
そしてあなたの膝と足首はどうなってんの!?
アキレス腱の写真を見てみたいわ。

19 HUBBELL Madison / DONOHUE Zachary
この衣装は重そう。でもすてきだわー。
が。
パパシゼの後っていうのは辛いな。うん。

20 VIRTUE Tessa / MOIR Scott
すごい!すごいとしか!!
上手いのは周知の事実、けど…だった二人が、
全てを手にいれた!!って感じ!!
パパシゼの出現によって、そうなったとも言える。
それだけパワーとインパクトのあるパパシゼ。
けれど、やっぱりこの二人はすごい。
何もかも手にいれた!
テッサの背中、スコットの手形で真っ赤だよ…と思ってたら、
キスクラのハグの嵐でさらに真っ赤!!
おめでとう!!
(フリーも1位で優勝させてあげたかったなー)

いやあ、「切磋琢磨」って、このことね、
というアイスダンスでした。

で、ですね。
言いたいことが。

あのねえ。
なんで地上波で放送しないの?

こういうことこそロビー活動でもいいし、
なんなら、大真央時代から大儲けしてる連盟が放送枠買ってでも
地上波放送すればいいじゃないの!!

ペアもだけど、日本人出てますよ。
フィギュアスケートはシングルだけじゃないでしょ?
こんな扱いしておいて、
団体がどーのこーのなんて言える?

本当に頑張ってる選手に失礼。

連盟、仕事してよ!!
日本人はロビー活動とか大嫌いだけど、
放送してって働きかける活動はまた違うと思うんだけど!!

あと、悪態ついでに、スパイダーカムの必要性が未だわかりません。
女性のスカートのはためき具合を見るためか?

わー、表彰式だ!
おめでとう〜!!

[PR]
# by atomsalada | 2018-02-20 13:40 | フィギュアスケート | Trackback

やっぱり書いておこう 四大陸選手権2018+平昌五輪

四大陸、見た部分の中でも、ハッピーな気持ちだけは書けたけど、
怒りの部分は書かずにいた。
でも、やっぱり、オリンピックが始まる前に書いておこう。
オリンピックが始まれば、この気持ちが笑い飛ばせるのか、
あるいは謝りたくなるのか、それとも増幅するのか…。

↑と前置きしつつ、書き始めたけど、
思い直してやめていたもの、下書きに自動保存されてた。
オリンピック男子シングルが終わった今、
やっぱり書いておくことにする。もやもやが止まらないから。
そして、全てが終わった後、私の気持ちはどうなってるのかな。

四大陸、どうしても納得いかないのは、
宮原知子選手のこと。
以前にも書いたけれど、私はどうしてもあのコーチが好きになれない。
THE ICE 大阪公演 宮原知子さん
いつまで言ってるのと言われても、
大好きだったゆきなちゃんを…と未だ思ってるのです。

はっきり言う。
このコーチは、自分が「すごいコーチ」「金メダリストを育てたコーチ」に
なりたい気持ちが、教え子を思う気持ちより勝ってるように感じる。

宮原選手は練習熱心だという。
浅田真央さんもそう言われてきた。
ラファにもあのタチアナ・タラソワにも、そして佐藤信夫コーチにも、
「休みなさい」と言われるほどに。
で?一方、濱田コーチは練習熱心さに「涙が出る」?それだけ?
結果、あの怪我ですよ。
宮原選手はもう成人しているし、ご両親は医師だというし、
コーチの出る幕ではないと思ったのかもしれないけど、
あなたは「経験値」を持ってますよね?なぜコントロールしない?

そして、THE ICE。確かに、新プログラムの反応を
ショーで確認するのはいい手段だと思う。
そして、人目にさらすことがブラッシュアップになることもわかる。
でも、あの時である必要はありましたか?
止めるべきだったと思う。
活動資金のためだったとしたら?
日本のエースだというなら、連盟がなんとかすべきだったのでは?
ちなみに、村上佳菜子さんの選手時代、コーチが働きかけて
小さくても、とスポンサーを集めてましたよね。

昨年末のグランプリファイナル、久しぶりに現地観戦しました。
宮原選手、上半身が本当に良くなったと思う。
動けない間、とても努力したんだろうな。
小さな体を大きく見せられるよう、身体の動きを工夫してた。

THE ICE2017のオープニングはバレエのバーレッスンからだったのですが、
これがもうバレエの基礎があるかないかがまるわかりの恐ろしい演出。
演出したジェフはすばらしいバーレッスンを披露していたけれど、
知子ちゃん…ああ、吉田都さんのレッスンはどこへ…だった。

けど、GPFで見た宮原選手は違った。頑張ったのだと思う。
まさに彼女の練習熱心さ、真面目さが伝わる動きだった。

のですが。
6分間練習ではショックを受けた。
まっちーが練習でやるという0回転ジャンプかと思った。
低い。とにかく低い。
逆に言えば、回転速度どんだけ速いのよ!なんですけどね。
にしても、この低さでは華がないというか、見栄えがしない。

まだ完治ではないのかな?まあ、あんな部位、
そう簡単に完治しないよな、と思いながら、全日本を見て、
そして四大陸。

開幕前のこの記事に「なんだこりゃ」とびっくり。
バレエでは考えられないから、というのもあるし、
それはますます身体に負担がかかるし、美しくはないだろうし、
そもそも、根本的な解決になってないのでは?と。

実際、試合で見ても、テレビを通してではあるけれど、
「どっすん」着氷に見えた。

知子ちゃん、どうしちゃったの?
こんなの、小手先解決法でしょ?
真面目な知子ちゃんらしくないよ。

コーチが勧めたのかどうか知らないけど、これは止めないと。

この方法で回転不足が取られなくなったとしても、
出来栄えは良くないから、そこで引かれる可能性だってあるよ。

ジャンプが遠目ではホップ程度にしか見えない、そこを改善しないと。

宮原さんは、この「ミッドフット」とやらを習得するために、
いつものように真面目に取り組んだのだろうと思う。
けど、それは全く間違った方向だし、下手したら身体を傷める。
コーチがついていながら、何をしてるのかと思う。

実際問題として、オリンピック代表に選ばれた以上、
この時点で根本的なジャンプの矯正は危険だと思う。
真央ちゃんも4年かけた。
利き手を逆にするくらいの大変さだと言われていた。

だから、宮原選手は、回転不足解消のために、
今だけの「小手先」対処をしたのかもしれない。

でも、それは身体にダメージを与えるのではないか?
トウシューズとスケートシューズは違うけど、
トウシューズもある程度底が硬い。それでも、
指、足首、膝を使ってソフトにジャンプを降りる。
そうしないと美しくないし、身体を傷める。

加えて、「ミッドフット」つまり、降りるバランスを変えるということは、
使う筋肉の位置が変わるということではないのか?
例えば、毎日乗っている自転車。
サドルの位置を少し変えただけで、足や腕、背中などに
筋肉痛が出ることがありますよね。
それと同じように、全日本からの短い期間でバランスを変えたら、
筋肉の位置が変わり、他にも影響が出て、
結果また故障しかねないのではないか?
しかも、ジャンプというただでさえ衝撃が大きい動きでこんなことしたら。
実際炎症があったと後の記事で出てましたね。

そして、結果はああだった。
その結果を受けての濱田コーチ。宮原選手にかけた言葉が、
「情けない」
はあああああ〜?
こっちから言わせれば、ゆきなちゃんをダメにして、
今度は知子ちゃんまで危険な目に遭わせて、
あなたまだ学習してないの?情けない!!ですよ。

宮原選手、インタビュー前に呆然とした顔してて、
自分にショックを受けてるのかなと受け取ってましたが、
もしかしてコーチに「情けない」って言われた後だったのでしょうか。

濱田さん、あなたにコーチとしての責任はないの?
戦略としても、勝つためだけで、選手自身のことなんて考えてないじゃないですか。
ゆきなちゃんの頃と何一つ変わってない。
その時勝てればそれで良くて、
長いスパンでとか、その子が一生使う身体のことなんて考えてなんかない。
今勝つこと、注目されることしか考えてない。

そんな個人の感情から出た「情けない」を真に受けて、
四大陸から帰国後また追い込んだ練習なんかしてませんように。

本当なら、連盟が止めなきゃいけないくらいのおおごとだけど、
あの連盟にそんな力も考えもないでしょうから。
浅田真央という世界最上の宝を平気で打ち捨てた連盟を見てるはずの
コーチ、守ってあげなければと思わないのかな?

知子ちゃん、コーチのために頑張ろうなんて思わず、
「情けない」に本性見たりと思って、コーチ変更したらいいのに。
荒川副会長だって、五輪直前で変えたんだし、連盟は何も言えないよ。
ただ、不義理な辞め方をしなければいいだけですよ。

濱田コーチは自分のことしか考えてないんだから、
知子ちゃんも自分が勝つことだけ考えたらいいと思います。
性格的にそういうことを心苦しく思うタイプかもしれないけど、
だったら海外に行けばいい。英語も喋れるんだから。
ラファとかどう?

いやさすがに私もいくらゆきなちゃんの恨みがあるっていっても、
偏見持ちすぎだわ、言い過ぎだわって反省したりもして、
ブログ書くのやめてたのですが、
でももう反省しない!!おかしい!!

知子ちゃん、私は好みかどうかって言われたら、特に好みではなかったです。
だけど、あのひたむきさは応援せずにはいられません。
好みではないって言ったけど、今季手に入れたモーションの美しさにはやられるし、
それを手に入れるまでどれだけ頑張ったかと思うとひれ伏します。

知子ちゃんの努力が報われますように!


…とはいえ、
男子シングルの結果を見て、
努力が報われるってどういうこと?
と思わずにはいられない。
(実際の試合は仕事だったので細切れしか見てない)
ジャッジの出す結果は、基準がわからない。
選手は、団体戦に出たか出ないかによって、体力に差が出てる。
さらに、ここまでほぼ試合に出てないのにオリンピックに選出され、
なんだかんだ優勝した羽生選手。

団体戦、間に合わなかったのではなく、
あえて間に合わせなかったんですよね。
戦略と言えばそうかもしれないけど、
何かにつけ「金メダリストとして」というなら、
金メダリストとして間に合わせるべきだったのでは?

そして、何より嫌だったのが、表彰式。
つい先日、サフチェンコがまず跪いて愛おしみ、
なかなか登ることができなかった、あの表彰台を。
踏みつけるように斬りつけるように飛び乗った姿に、悔し涙が出る。
踏みつけ斬りつけたのは、表彰台だけど、
そこには色々な思いが宿ってるんだよ。
だから、あなたが踏みつけ斬りつけたのは、表彰台だけじゃないよ。

ペアの時とは打って変わった、
誰も祝福しようとしなかった待機室が、全てを物語っていると思う。

ななみ先生と上を目指す姿を応援してた。ニースでは泣いた。
どこでどうなってしまったんだろう。

ネイサン、素晴らしかったそうですね。
本当に良かった。早く録画を見たいけど、
号泣間違いなしのようなので、これから仕事に行かなきゃいけないし、
目が腫れてもいい時に見よう。

フリーだけなら1位か。
嬉しいけど、
ソチの浅田真央選手のフリーも、1位じゃないとおかしくない?
とも思う。
だけどそれはネイサンとは関係ない。ジャッジの問題。
ネイサンおめでとう!!

ジャッジへの不信感は拭えない。
残る女子シングルとアイスダンス、
選手がみんな最高の演技ができますように。
そして、納得の結果を見られますように!!


[PR]
# by atomsalada | 2018-02-18 08:25 | フィギュアスケート | Trackback

オリンピック2018 男子シングル・ショート

モントーヤ
真っ白な衣装とは!!シューズも白。
ジャンプはともかく、スピンきれい。

ベセギエ
ああ、変なところでぐらついた〜。
大きく動くところとか、跳ねるような動きとか、
モロ時代大ちゃんぽいなあ。

ヴィンセント・ジョウ
ここまで見てきても、3Aって難しいんだなあと改めて思う。
女子で、ずっと飛び続けた浅田真央って…
さて、素直なスケートのヴィンセント選手。
顔は濃いけど。
このまますっきりと伸びてほしいな。

デニス・テン
たとえジャンプがどうであれ、美しさは変わらない。
でも、もしかして普通に滑るのもキツい状況なのでは?

マッテオ・リッツォ
疲れてる?それとも氷が良くない?
いや、そりゃ疲れるよね。
まっちー先生が言う通り、不公平だわ。
肉体的にも精神的にも。
団体戦は個人戦後にするか、個人戦と別の選手も選べるようにして!

マルティネス
マヨロフの分までがんばって!!
なんかヤグプル時代の衣装を思い出すなあ。
と思ったら、真央鐘スパイラル!あ、ウインターぽい動きも?

パニオット
高身長の男子シングル選手は黒衣装と決まってるのか?
ああああああああああ、派手にコケた。どこか傷めたかなあ。
でも、ステップというか、動きは流麗そのもの。
これからに期待しよう!
でも、辛いよねえ。

ハン・ヤン
あのやんちゃ坊主風味だったハンヤンが、すっかり大人に!
でも、あの頃のような笑顔が見たいなあ。
3Aは引き込まれました。

ジュリアン・イー
嵐の二宮さんに似てる?
手足が長く、男っぽいのにやわらかい動き。いいな。

ブレンダン・ケリー
ああ、こういう「みなぎってる」って感じ、いいなあ。
4年間、頑張ったものを今ここで!
フリーもがんばって!うん。行けるよね?
コアラのマーチ?オーストラリアだからか。
投げたのは日本人ですよね。

クビテラシヴィリ
ああむらくん…
体が大きいって、大変なのかなあ。
でも、体が大きくて手も長いだけに、
中途半端な動きだと稚拙に見えてしまう。もったいない。

キーガン・メッシング
うわあ。傘が見える!!
カナダらしいスケートのうまさ、
カナダらしい3Aの…うう。

ミハル・ブレジナ
いける!このままいってくれ!!
やった!!!!!!
ラファ、いいコーチだなあ。

ジュンファン
ヘアスタイルと演目のせいか、
ちょっとまっちーを思い出すんだよなあ。
ジプシーダンス、盛り上がるね。

フェンツ
サスペンダーは使わなくていいのか?
この人の場合、団体戦がいい方向に働いたかな?

ミーシャ・ジー
ああもう素晴らしい。
クラシックの基礎を持ったコンテンポラリーダンス、という感じ。
オフバランスになっても、速い動きをしても、大きな動きをしても、
絶対に背中中心の軸はぶれない。素晴らしい。
私はキリスト教で育っていないので、
知ってたらもっと理解できたのだろうと思うと悔しい。
でも知らなくても心を揺さぶられる、
素晴らしい振り付け、素晴らしいパフォーマンス。

ヨリク・ヘンドリクス
もう、フィニッシュが全てを表してた!!
泣くわ…

サモヒン
アクセルもったいない!!
けど、大きな動きと小さな動き、強い動きとやわらかい動き、
うまく使い分けて、見ててうっとりしました。

アダム・リッポン
最初のジャンプのエアリーさ。
細かい振り付けを全部自分のものにして、一つも無駄にしてない。
スピンの速さ、美しさ。
全てが素晴らしい!!ブラボー!!
いやー、リッポンもラファも、振り付けしたジェフもすごい。
もうエキシで存分に歌っていいよっ!!
あ、アシュリー。

ドミトリー・アリエフ
なんだこの物語からそのまんま出てきたようなお姿は。
で、「仮面舞踏会」ですよ。真央ちゃんですよ。
悪質なマオタって言われるかもしれないけど…やっぱり比べちゃう。
真央ちゃんがワルツの「1、2、3」の間に、
どれだけ細かい動きをこなしてたか。
つい比較してしまいました。
いや、アリエフくんはアリエフくんで素晴らしかったけど、
やっぱり真央ちゃんはもっと評価されるべきだと思う。

パトリック・チャン
4T!!やった!!
コンビネーションも!!
あああアクセルはやっぱりカナディアンアクセルっていうかなんというか。
それにしてもやっぱり足元見てうっとりしちゃうなあ。
パトリックのママの羊水は氷だったんじゃないか?
って思うくらい、パトリックは氷と仲良しさんだなあ。
いや、実際はすごい努力の結果なのは当然だけど。
アクセルの失敗は、仲良しの氷が「わーん、離れちゃやだー」って
引っ張ってるからなんじゃないのか?

デカくん
あああああ。もったいない。
立ち上がる時の焦りっぷりを見て、うわああ、と思ったけど、
ちゃんと立て直しました。
岡山ガラスのハート伝統、打ち破れ!!

アレクセイ・ビチェンコ
年齢のことやたら取り上げられてますが。
実際すごいことですよね。三十路3人衆、ここで見たかったな。
さて、ビチェンコさんって、肩も背中も動かないんですよねえ。
普通はそれってロボットみたいで私は好きじゃないんですが、
ビチェンコさんの場合はそれが魅力になってるんだよなあ。不思議。
あのバタバタ慌ただしい感じがいい!なぜかわからないけど、いい!!
ステップの時のウキウキ!って感じのモーションがなんともかわいい。

デニス・ワシリエフ
彼もまた物語から出てきました感が。
6分間練習の時は超おしゃれなちゃんちゃんこ着てたけど。
ああ、美しかった。
最後のスピンは何度見ても、おおっ!って言っちゃうな。

羽生結弦
技術はあるのだと思う。けど雑だった。
ちょっと作りすぎかな。

ネイサン・チェン
うそだ…
ソチ真央を見て!!

コリヤダ
ああ…どうしちゃったんだろう。

宇野昌磨
しょーま、これだけのものを、
こんな短期間に2回やらなきゃいけないなんて…
お疲れさま。
で、しょーまの魔法か、眠気が。

ハビエル・フェルナンデス
ごめん、しょーまの魔法が。
あとで録画見よう。

ボーヤン・ジン
目が覚めた!!
すごい!!

明日は朝から仕事だけど、
帰って来たらどうなってるのかなあ。

[PR]
# by atomsalada | 2018-02-16 14:54 | フィギュアスケート | Trackback

オリンピック2018 ペア・表彰式 と、メーガンの愛

表彰式も良かったわ〜

演技後もだけど、
メーガンのぴょんぴょん跳ねがかわいくて!!
ちょっと真央ちゃんのバンクーバーショート後を思い出して、
これまた泣いてしまう。
ラドフォードさんの大きな優しさにもまた泣く。

スイハン組は、表彰台の上でハグしてて、
これまた泣ける。

で、これ表彰式始められるの?
ってくらい、リンクサイドでも喜び爆発させてた
サフチェンコさん。
もちろんマッソくんも。
いや、この組はですね。実際大変だったと思うんですよ。
特に、マッソくん。
サフチェンコさんは、愛らしい容姿ながら、
めっちゃタフ女子だと思うんですよね。
グランプリファイナルで優勝したあの年。
(福岡で見てもう素敵すぎて!!)
当時のパートナーであるロビンくんがワールドで引退。
拍手で…かと思いきや、サフチェンコさん、
もっとショーに出たら稼げたのに!!とお怒りに。
衣装も彼女がプロデュースしてたんじゃなかったっけ?
で、マッソくんへのオファーも彼女から。
そして、キャリアの差といったらそりゃ言うまでもない。
マッソくん、サフチェンコさんに追いつき、
パートナリングを構築し、さらにブラッシュアップでしょ。
そりゃ大変だったと思う。
それに、これまでお互い何度となく国籍問題にぶち当たってきた。
で、サフチェンコさんにとっては、まさに
「悲願の金メダル」だったと思う。
マッソくんにとっては、サフチェンコさんと組むまでは、
オリンピック金メダルって、あまり現実的じゃなかったのでは?
それが、いきなりすっごい目標を目指して、
サフチェンコさんテイストサフチェンコさんレベルの
練習してきたんですよね。
そして、実際に金メダルを取った!!
すごい!すごいよ!!
もちろん自ら道を切り開いてきたサフチェンコさん、本当に尊敬する。
二人におめでとう!!すごい!!

サフチェンコさん、もう喜びしかなくって、
周りのことなんてなーんにも見えてないのがかわいかった110.png
表彰台の一番高い場所にしがみつく姿はドラマティックだった。
どれほどの思いであの場所を手に入れたのかと思うとこちらも涙。
ぬいぐるみを渡される前に手を振り始めたら止まらなくなって、
あ!受け取るの忘れてた!!がまたかわいかった!

それにしても前日のショートも素晴らしかったんだよなあ。
地上波で流してくれないかなあ。
二人のひとつひとつの動き、表情から、
ぜ〜んぶセリフが聞こえてきた。楽しかった!

さて、ところで、
そんなサフチェンコさんたちを惜しみなく賞賛していた
メーガン・デュハメル選手。
本当に心の美しさが、演技にも、リンクの外でのふるまいにも溢れてた。

そこで思い出したのがコチラ↓


ううううう。

メーガン/エリック組は、ワールド辞退なの?
二人がそれぞれに最高に幸せな日々を過ごせますように!
わんこと共にねU・x・U

[PR]
# by atomsalada | 2018-02-16 00:48 | フィギュアスケート | Trackback